【台湾ワーホリビザ申請】書類の書き方から語学学校・保険選びを解説

どうも。こんにちは。台湾留学から帰ってきた華山です。

今回は台湾のワーホリの申請方法、費用や語学学校についてご紹介します。

台湾のワーキングホリデーとは?

条件 詳細
対象年齢 申請完了時までに18歳以上31歳未満
ビザの期間 最大1年間、ビザ申請時に開始日を指定
発行数 日本国籍は1年に最大2000人
就学 可能
就労 フル、パートタイムの就労が可能

台湾のワーキングホリデービザとは、「台湾で1年間ほど自由に滞在できるビザ」です。

アルバイトをするのも自由ですし、語学学習をしてもいいです。他のビザと異なるのは、就労が認められていることです。働くための就労ビザは別ですが、観光ビザや学生ビザ(条件付きで可能)はアルバイトは不可能です。

デメリットを克服したをしたのが、台湾のワーキングホリデービザです。発行数に上限がありますが、ここまで埋まることはありません。

台湾のワーキングホリデーの申請条件と書類

申請条件

まず、申請条件は4つ満たす必要があります。

  1. 年齢が18歳以上30歳以下
  2. 日本在住の日本国籍
  3. 過去に台湾のワーホリビザを発給されていない
  4. 扶養家族を同伴しない

申請書類

    1. パスポート(残存有効期限15ヶ月以上)
  1. 本人の署名があるワーキングホリデー査証申請書
  2. 履歴書及び台湾滞在中の計画書
  3. 証明写真2枚(6ヶ月以内に撮影した4cm×5cmサイズ)
  4. 帰国航空券、または、航空券を購入可能な資金証明
  5. 20万円以上以上の財力証明書(残高証明書やトラベラーズチェックなど)
  6. 海外旅行保険の加入証明書(原本とコピー)

申請書類は以上の7つで、申請費用は無料です。

まず、②と③の申請書と履歴書兼計画書は経済文化弁事処のサイトでダウンロードできます。そして、④の証明写真は4cm×5cm指定ですが、ボクは3cm×4cmの大きさで大丈夫でした。そして、⑤と⑥の資金証明と帰国の航空券ですが、30万円以上の残高証明で、帰りの航空券の証明は必要ありません。

⑦の海外旅行保険の加入証明書ですが、クレカではNGでした。ボクは東京海上日動で契約しました。

台湾ワーホリの仕事の探し方

台湾でワーホリの仕事をするとき、仕事の探し方は大きく分けて2つです。

ひとつめは、「台湾 打工 日本人」と検索したところ、1番目に掲載される「104人力銀行」です。台湾のタウンワーク的な存在で現地の人も使っているので、ここで調べれば必ず仕事は見つかります。

ただし、全て中国語なので苦労するでしょう。実体験ですが、契約の時は、万が一の時のために「台湾人を連れてこい」と言われました。中国語でやり取りをする中で言われるので屈辱です。

 

もうひとつが、語学学校の掲示板です。どの学校にも言語交換や、アパートの入居者募集に関する掲示板が語学学校内に存在します。そこにアルバイトの求人の張り紙が必ずあります。

語学学校のために貼られているので、「日本語が話せる」というのが前提条件で募集されていることが多く、雇い主も日本人な場合も多いです。仕事のジャンル的には、飲食が多いですが、日本語教材の読み上げなど幅広くあるので、ここから探すといいでしょう。

台湾ワーホリの費用

ビザの申請自体は無料です。そのため、かかってくるのは生活費と語学学校代金ですね。

生活費はこちらで語っていますが、大体月に8万円をみておけば間違いないです。多くても10万円というところですね。ワーホリに来る人なので、高級ホテルでエンジョイせず日常的に生活すればこれで済みます。台北なら家賃は1万元(3.5万円ほど)で、1食は80元(280円ほど)くらいです。

そして、語学学校は大体3ヶ月が12万円ほどでした。1ヶ月になおすと、4万円ほどですね。

これらを合計すると、8万円と4万円を足して12万円。多くて15万円です。これで1年間で計算すると、145万円から180万円あれば大丈夫です。

関連記事

みなさん、こんにちは。華山です。この記事を読んでいる人の中には、留学を考えている人もいますよね。特に台湾留学は日本から身近な中国語圏で、親日なため留学に行きやすいです。 そこで今回は、実際に台湾に移住や留学するとどれだけの生活費がかか[…]

台湾ワーホリの語学学校

メジャーな語学学校をピックアップしてみました。期間は基本的に3ヶ月で、短期は1週間からです。また、1学期の学費は大体3万元(10.5万円)が相場です。

台北 学習時間 個人レッスン 短期コース
淡江大学 週15時間 あり あり
中国文化大学 週15時間 あり あり
国立台湾大学 週15時間 なし あり
国立師範大学 普通班:週10コマ、密集班:週15コマ あり あり
国立政治大学 週15時間 なし あり
TLI中華語文研習所 自由に選べる あり あり
漢網学院 自由に選べる あり あり
国語日報 週10時間/週15時間 あり あり
台中 学習時間 個人レッスン 短期コース
逢甲大学 週15時間 なし なし
東海大学 週15時間 あり なし
台南 学習時間 個人レッスン 短期コース
国立成功大学 週15時間 あり あり
高雄 学習時間 個人レッスン 短期コース
国立中山大学 週15時間 なし あり
国立高雄大学 週15時間 あり なし

上でピックアップした大学と語学学校の基準は現地の日本人の間でメジャーなものです。大体、「あそこねー」で分かるものを取り上げました。

ボクのおすすめは台湾師範大学です。あそこの教えはムダがなく、徹底しています。すぐにHSK6級取れました。

関連記事

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には、台北に留学をしようと考えている人もいるでしょう。しかし、どの語学学校がいいのかよく分かりませんよね。そこで今回は台湾の語学学校に迷ったら師範大学に行くべき5つの理由をご紹介します。 師範大[…]

台湾ワーホリの保険

安い保険はあるのか?

台湾ワーホリ経験者の間で話題になっているのが、「損保ジャパン THE ケガの保険」です。年間1.9万円という破格です。しかしながら、これではもうすでにビザが下りないようです。他にも楽天の保険など、安いものがありますが、どんどんと安いものでは通らなくなっています。

ジェイアイ傷害火災保険東京海上日動AIG損保の海外旅行保険がやはり安心ですね。ジェイアイ傷害火災保険のt@bihoたびほなら、13.4万円程度です。

台湾のワーホリエージェント

台湾のワーホリエージェントは、台湾なら留学ワールドがおすすめです。ウェブサイトもしっかりとしてみやすいので、留学前の悩みも解決しやすいでしょう。

ちなみにボクはエージェントを使っていません。なぜなら、使うほど台湾のワーホリは複雑ではないからです。

台湾のワーホリビザは延長できる?

ボクの場合、現地で聞いてきました。ワーホリのビザを申請すると、180日間の滞在許可が下ります。そして、現地の移民署で延長の手続きをしなければいけません。

実際にボクも180日前に行ったら「あなたは、すでに180日以内に出国しているから、自動で延長される」と言われました。出国すれば自動延長のようです。しかし、心配なら移民署で延長をおすすめします。

ちなみに最長で1年間なので、それ以上の延長は不可です。就労ビザなどに切り替えましょう。

台湾ワーホリの準備

準備することは以下の通りです。

  1. 住んでいる家の引き払い
  2. 大学生なら休学、社会人は休職の準備
  3. 申請書類(特に保険)
  4. 中国語学習(若い人以外、英語は通じません)
  5. 現地生活で必要なモノ
  6. 台湾の歴史を知る

2、3ヶ月前から行動すればクリアできます。住んでいる場所や学校や会社での手続きを済ませます。そして、それと並行して提出書類を揃えましょう。保険以外は簡単です。また、現地ではいきなり高速の中国語が飛び交うので、絶対にある程度のレベルで行くべきです。

現地生活で必要なモノも重要ですね。台湾で日本のモノは日系のお店が多いので簡単に手に入ります。自分は、大小のスーツケースで行きました。

そして、台湾の歴史を知ることは大切です。なぜ、親日なのか理解しておかないと、失礼にあたります。

関連記事

みなさん、こんにちは。国際政治学修士の華山です。 みなさんの中には、台湾に旅行に行く方も多いのではないでしょうか。LCCも発達して、簡単に行ける海外として有名ですね。そこで今回は台湾の歴史について分かりやすく解説したいと思います。 […]

まとめ

今回は台湾のワーキングホリデーについてご紹介しました。

難しそうに見えて簡単なので、ぜひみなさんに台湾のワーホリをおすすめしたいです。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

今回は台湾のワーキングホリデーについてご紹介します。ワーキングホリデーといえば、欧米の諸国が人気です。カナダやイギリスです。オーストラリアのワーホリも稼げることで有名ですので、耳にされたことが多いのではないでしょうか。 一方のアジアは[…]