スポンサーリンク

台湾の鉄道で台湾を一周旅行!台中〜台北編

スポンサーリンク
海外旅行
スポンサーリンク

前回は、高雄から嘉義までをお届けしました。そして今回は台中から台北編です。

スポンサーリンク

台中駅

とりあえず向かいまして、台中駅前。台中では逢甲夜市しか行きたいところなかったんですけどね。台中駅は新しいものと古いものがあります。


古いほうが日本統治時代の建築物で、現在は古い建物のホームを移動通路として使用しています。残念なことに今もなお工事中でした。

そこからクリエイティブマーケットにGO。なんか台湾って創作系の建物が多い気がします。説明が難しいんですけど、ダンボール工作など展示してあり、ハンドメイド作品を購入できます。市民にとって家族やデートで行ける場所です。

そこにお邪魔したのち、市場へ。昼の時間帯的にシャッター街となってましたが、ここでちょっとおやつを。牛肉の方選んだ。35元だから120円くらいか。味はめちゃうま。

その後に公園へ向かいます。綺麗な公園でここも市民の憩いの場所です。

そして逢甲夜市に行きます。この夜市、市内の中心から離れてて、自転車で気楽に行けないのが難点。

そこでバスを使うことになるんですが、なんと10キロ以内バス無料。公園前からバスに乗ります。25と35系統のバスが早く着きます。そこから約50分!バスの旅です。

夜市はアクセス悪いのに、めっちゃ人が多くて混んでます。日本人はいない印象ですが、屋台には日本語表記を確認。店員さんは通じるのか不明ですが。

胡椒餅やドリンクをいただきました。特にこの胡椒餅、目の前で炭火で焼かれて激ウマなんです。お腹が満腹になった後、またバスで帰路。

明日のことを考え、台中駅すぐ側のホテル予約。ドミトリー予約したんですが、超絶きちんとしたエントランスあって軽くビジネスホテルっぽかったです。1300円程度だったのでコスパは抜群。

chance hotelをAgodaで見る

新竹

朝早くに起床しまして、そのまま駅へ。近いって素晴らしい。さて古い駅を通り抜けホームへ。向かった先は新竹です。

客家の街だと聞いていたのですが。降りてみても特に代わり映えはなし。新竹のシンボルマークらしい門を見に。日本ではあまり見かけない環状交差点の中にその門はありました。

ここやで。

その後よくわからないお寺を見まして。滞在時間の猶予は1時間ほどなので焦って朝ごはんを買います。

駅の路地裏で見かけたバーガーショップ。そこでハンバーガーを購入して列車へと乗り込みます。

台北

さあいよいよ、終点は台北です。台北には12時前に到着しました。懐かしき台北駅、三越を歩きながら駅周辺を散策します。どこへ行こうと思ったのですが、自転車をレンタルして、101へ行くことにしました。

101自体にそれほど用はなかったのですが。その近くに有名な仙草のお店があってそちらに行きたかったのです。そこですかさず、そのお店で。ちょっと満足。しかしまだ小腹程度。

ボクの大好きな牛肉炒麺をタベテイナイ!!!!そこでまた自転車移動で小林麺食館で牛肉炒面を。お腹が一杯になったところで、MeetFreshで豆花を食べます。笑完璧に食日記ですね。笑そこでゆっくりしていると夕暮れに。

台北の知人に夜市に連れてってもらいました。饒河街夜市です。
ここでもまた豆花。そして鍋に連れてかれました。キムチ鍋!一番辛くなくしてもらった。

これを食べたところで、時刻は12時近く。宿へ戻ります。中山駅近くの宿へ。ここは日本人だらけで、日本語ペラペラのマレーシア人、長期滞在の香港人というアジア感満載のホステルでした。

ちなみに12階なので、眺めもいいです。朝起きたら最終日、他のお客さんとおしゃべりして出発。ホステルのおばちゃんから、幸せになりなさいと人生を説かれていた笑

イージーマインド台北をAgodaで見る

 

起きてから行天宮駅に向かいます。すかさずシャオミストアをチェック。そして駅周辺を歩いていると、健康飲料のキャッチーに捕まり、店内で試飲。

なんかBMIとか測ってくれて、めちゃくちゃ野菜ジュースを飲まされました。まあ朝ごはん食べてなかったし、タダで試飲できてハッピーか。
身体も検査されたし笑

その後、愛しの50元弁当のお店へ。ちょっと駅から歩くんですけど、170円位の弁当ですよ!軽いランチとして最高です。男の人多めな印象。日本で言う吉野家的な。その後また豆花を食べて、東門の駅に行きます。

途中で日本人の老夫婦に路を尋ねられた。九份に行きたかったらしい。現地人に見えたかねえ、ボク。そんなこんなで東門の永康街に。散歩しまくります。笑

ここの近くの広州小籠包!南瓜の小籠包をいただきます。それが終わって自転車で西門へ。台北の渋谷です。はじめてまともに歩いてみました。別にショッピングはしなかったけど、お土産を買いました!!!

お土産がセールやってる!ツッコみたいけど、安いので何も言いません。コスパ重視のお土産は西門周辺か。その後、よりディープな龍山寺方面へ。

清時代の都で、面影が残ってます。他の夜市と雰囲気が違う。おぞましい雰囲気を歩きます。モンガの通りなんて、まさしくアウトローの舞台だし。ドキドキしながら通ります。

通っていたらそろそろ飛行機の時間。すぐに台北駅に戻って、地下鉄で桃園へ向かいます。出発は23時50分。余裕を持っていくと、恒例の搭乗口付近にてサンドウィッチを購入できました。

そして帰国です。到着して朝4時ですからね。空港で倒れてたら6時に。始発で帰るつもりだったのに。

まとめ

こんな慌てふためいた旅で、滞在時間も数時間とかがデフォルトでしたけど、いろいろな都市の特色を肌で感じることができて楽しかったです。
乗り放題きっぷが偉大ですね。

特に地方都市も綺麗な町並みや、食べ物も美味しかったです。ぜひともこの南から北へ向かう旅行プランおすすめします。ぜひとも一歩進んだ台湾が見たい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント