台湾の歴史を簡単にわかりやすく理解!旅行前に知っておきたい親日事情

みなさん、こんにちは。国際政治学修士の華山です。

みなさんの中には、台湾に旅行に行く方も多いのではないでしょうか。LCCも発達して、簡単に行ける海外として有名ですね。しかし、いくら簡単に行けると言っても、海外は海外ですし台湾の歴史の前提知識がなければ大変なことになってしまいます。

そこで今回は台湾の歴史について分かりやすく解説したいと思います。

1624年からオランダ統治時代

古来の台湾は、中国と陸続きでありその時に中国大陸から渡った人が現地に住み続けたとされています。そして、1624年にオランダの統治下に入ります。

世界史を習った方なら分かると思いますが、 1600年ぐらいになるとヨーロッパでは大航海時代となり、アジア各地を植民地として獲得していました。その植民地の波は日本のちょっと先の台湾まで及んでいたのです。

 

オランダは台湾のことを美しい島という意味の「フォルモサ」といい、台湾の南部を中心に統治していました。オランダ統治時代の建物は今でも台湾に残っていて、日本人でも観光スポットとして遊びに行けます。

そして、同時期の台湾北部ではスペインの植民地化が始まっていました。こちらも淡水という場所に行けば遺跡が残っています。ただスペインは、オランダによって追い出されました。

清の統治から日本統治時代

その後、鄭成功という人物によってオランダも追い出されて漢民族の統治が始まります。しかし、この統治も長く持たず、すぐに中国の満州族王朝である清に支配されてしまいます。ただこの時代の台湾は、マラリアやデング熱がひどくて清朝から台湾は不毛の地と呼ばれていました。

その後、清朝は日本と日清戦争をして負けてしまい、1895年に下関条約によって台湾は日本の統治下に入ります。よく台湾は親日と呼ばれますが、理由はこの日本統治時代にありました。

 

清朝が見放す程ひどかった台湾にダムや学校などを作り、日本と同じように近代化していきました。 台湾が経済的に発展できたのも、インフラ整備があったおかげでもあります。当時は日本だったので、今でも年寄りは日本語をネイティブとして話せる人もいます。

でも、日本と軋轢がなかったわけではなく、衝突もありました。それがわかるのは「セデックバレ」という映画です。

一方で素敵なこともあって、台湾から日本の甲子園に出場するというようなドラマもあります。よいところも悪いところもあったのがこの時代です。

敗戦から今日の台湾まで

そして、その後1945年に日本は負けてしまい、台湾を手放すことになります。その時に中国大陸から 逃げ込んできたのが中国国民党です。簡単に言うと、当時中国大陸には2つ政党があって1つしか生き残れなかったので、負けた政党が台湾に来たのです。

ちなみに、この時に中国大陸から来た人を外省人といい、台湾で生まれ育った人を内省人と言います。

 

それから台湾独自の国づくりをするというより、蒋介石というリーダーを中心にした独裁政権が親子世代を挟み1996年まで続きます。1970年代頃まではアメリカや日本などの影響もあって経済がとても発展していました。

これを利用して蒋介石は中国大陸の領土を取り返そうと日々目論んでいました。

ここも簡単に言うと 台湾の政府と中国の政府は仲が悪いです。

 

しかし、冷戦など国際状況の変化もあり、台湾の中華民国政府は国際連合を脱退して多くの国と国交を断交するようになりました。要は台湾と中国本土を比べた時に、中国の方が力が強くなりつつあったため、他の国が中国と国交を結ぶようになったのです。

それで今も台湾は日本とも国交がありませんが、経済や文化レベルで深い関わりを持っています。

そして、1996年に台湾は民主化されて、自由な場所になりました。その後経済も半導体を中心に世界一の企業も育ちました。たとえば、シャープを買収したホンハイも台湾企業です。

 

しかしながら、2010年代の経済状況はあまりよくありません。台湾の経済発展には中国の力が必要なのですが、中国に近づくと台湾を統一されてしまう恐れがあるため、近づけないと言うジレンマがあります。

中国にべったり擦り寄って経済を発展させるのか それともこのまま 中国と距離を保ちて経済が悪い状況のまま入るのか難しい状況に立たされているのが今日の台湾です

まとめ

今回は台湾の歴史について簡単にご紹介しましたやはり 旅行に行く際にも 最低限の知識としてこれぐらいは覚えておきたいところです 是非今回の記事を参考にして 旅行に役立ててください