スポンサーリンク

男性ミニマリスト必見!モデルが選ぶ厳選おしゃれ靴6足

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

どうもみなさん、こんにちは!華山です。外出するときに「靴」は必須ですよね。お洒落は足元からと言いますし。そこで、ミニマリスト系バンドマンであり、モデルのボクが「少ない靴でいかにお洒落になるのか」というテーマで、下駄箱の中を公開します。

スポンサーリンク

ボクの家には6足しか靴がない!

ボクの下駄箱に入っている靴は5足と、スリッパが1足で計6足です。選び抜いて残った靴たちなので多少こだわりがあります。笑 それでは順にご紹介しましょう。

タケオキクチのブーツ

まず1足目は、「タケオキクチのブーツ」です。基本的にボクの足元はブーツで、スニーカーはあまり履かない人なのです。ブーツにもいろいろありますが、使い勝手がよいのは丈の短いブーツです。

この丈の長さのおかげでオールシーズン履くことができます。色もブラックなので、どんな格好をしてもマッチしてくれるという優れもの。ボク自身、既に5年ほど愛用しています。

ボクのモデルはもう既に廃盤なので、同ブランドの現行モデルを貼っておきます!

LEEのブーツ

お次に2足目「LEEのブーツ」です。高校生のとき、「LEEの革靴」をよく履いていました。高校って、なんだかんだ校則が厳しいじゃないですか。だから靴の色とかもうるさかったんですよね。

そこでボクはちょっと珍しい白色の革靴を履いてたわけですが、当時の名残からLEEはお洒落というイメージが定着してしまいました。それ以来ずっとLEEのアイテムを着用しています。このブーツは、大きくて重たいのが難点なんですが、色がベージュなのでちょっとカジュアルなコーデのときにピッタリなんです。

こちらも、もう既に廃盤なので同ブランドの現行モデルを貼っておきます。笑

デテスケンのスニーカーブーツ

3足目は「デテスケンのスニーカーブーツ」です。このアイテムはなんと言ってもデザインがよいです。ブーツライクなデザインで、足の甲の部分がドレープになっています。スニーカーなので、軽いです。足元にアクセントが欲しいときとか、ちょっとはっちゃけたコーデの時にはこいつの出番です。


アマゾンでは売り切れですが、楽天にはありました!!

ナイキのランニングフリー

4足目は「ナイキのフリーラン」です。こちらはランニングシューズです。もともと運動用に買いました。でも、たまに「白スニーカー現場に来てください」って言われることイベントとかであります。そんな時の1足として活躍します。運動靴と白靴という2in1です!

実際に履いてみると、めちゃくちゃ軽くて足に吸い付いているような履き心地。ちなみに東南アジアや中国など、ちょっと現地人化したほうがいいかなって場所の旅行にも活躍してます。ボクはこれで香港と広州に行きました。

アマゾンに在庫がありました!!軽いので本当におすすめです。

アルフレッドバニスターの革靴

5足目は「アルフレッドバニスターの革靴」です。こちらはスーツ用ですね。ちなみにあまり質はよくありません。今は履き心地に慣れましたが、買ってすぐのときは足が痛くなることもよくありました。革が馴染んだんですかね。

返品しようか悩んだんですが、インソール入れて汚れてしまったので返品不可になり、履き続けています。その結果、自分の足にフィットしてきてそれ以来履き続けています。笑 元々買ったのは「アルフレッドバニスター」のブランドが好きだったからです。

それだけの理由なんですが、次はもう少し買う時に考えようかなと思います。笑

価格はアマゾンでなんと、1万切る値段です。

ギョサン

さて、6足目は「ギョサン」です。こちらはスリッパ代表です。ちょっとコンビニまで近所に行くときに役に立つスリッパ、みなさんはどちらのものを愛用していますか? ボクが愛用するのはパールのギョサン。

このギョサンはすごいんです!絶対に滑りません。もともと、漁師が業務用で使っていたサンダルなのでギョサンと言う名前です。濡れている場所でツルって転んでしまうことが絶対にありません。

スゴいがっちりホールドしてくれる。ボクはこれを履いてよく東南アジアに行きます!ビーチでも重宝します。黒色、こう見えても結構ビーチに映えますよ?笑


お値段なんと1,000円以下!!それでいて抜群の機能

まとめ

さて、ボクの靴たちをご紹介いたしました。「お洒落は足元から」っていうくらい、何を履くかは重要です。しかし、いくら重要だからといって下駄箱に入りきらない量の靴を買ったり、1年に数回しか履かない靴を買うのはイケてないです。

自分が厳選した、大好きな靴に囲まれて生活するのが1番です。ぜひ、靴のコーディネートに参考にしてみてください!!

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント