スポンサーリンク

ヒートテック超え!?コンプレッションウェアとインナーダウン!

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

冬の寒さは厳しいものがあります。地球温暖化が進行してると言っても、冬の朝は冷え込んで布団から出られない日が続きますよね。どうにかしてこの寒さを和らげたいものです。

寒さ対策の一環として改善できるのがやはり衣服です。何か一枚着込むことで体感温度が劇的に変化することがあります。今回はその寒さ対策の一環としてのおすすめの衣類についてご紹介したいと思います。

ちなみに高城剛さんのLIFE is PACKINGから影響を受けて、愛用しはじめた商品たちです。

スポンサーリンク

ヒートテックもいいけど…

まずはインナーです。みなさんは冬になるとユニクロのヒートテックを好んで着用されている方も多いのではないでしょうか。ヒートテックは安い価格で全身を保温してくれるので、とても冬場に重宝するアイテムです。しかし、これでは不十分だと宣言します。

コンプレッションウェアならもっと暖かい

実はこのヒートテックにはさらに上があるということをご存知ですか。それがコンプレッションウェアというもので、本来はスポーツやトレーニングをする際に着用して、運動の効果を倍増させる働きがあるのですが、防寒対策としても役に立つのです。

ヒートテックも体に密着して保温をしてくれるイメージがありますが、コンプレッションという名前の通りコンプレッションウェアは着用すると身体を締め付けてくれます。

 

衣類を着用すると、服と身体に隙間が空いてそこにスーッと冷気が流れ込んで寒く感じる時がありますよね。コンプレッションウェアではそういったことが全く起こらないので、締め付けられるだけでも温かさを感じます。

ただし締め付けられることによって、着心地に嫌悪感を抱く人がいるかもしれません。ボク個人としては、最初は違和感を感じましたが、着用している間に慣れてきました。もともと、運動するためのウェアなので、外を歩いて移動する時などだんだんと暖かくなってきます。

おすすめのコンプレッションウェア

SKINS

ボクはコンプレッションウェアを2枚ほど持っています。もちろん上下セットです。ボクがおすすめしているコンプレッションウェアはSKINS(スキンズ)というブランドのコンプレッションウェアです。これはイチロー選手なんかが着用しているモデルです。

もちろん高城剛さん愛用です。ボクもそこから着用し始めました。

こちらはAmazonで購入することが可能です。お値段は結構しますが、実際に着用してみるとその温暖効果を実感できます。今では締め付けがないと落ち着かないくらいです。半信半疑でしたが、動くと暖かいし、何も着ない時より冷気が入ってきません。購入満足度は高かったです。

TESLA

本当はスキンズを2枚揃えたかったのですが、やはり予算には限りがあるということで、サブとしてAmazonで買える格安コンプレッションウェアお試してみました。1枚洗濯している間に、こちらのコンプレッションウェアを着るというローテで使っています。

スキンズに比べて1/10ぐらいの価格で購入することができます。しかもモデルによっては裏に起毛がついているものもあります。

ひょっとしたらスキンズより暖かく感じるという人もいるかもしれません。やはりスキンズに比べて締め付けは甘いですが、価格を考えると十分だと思います。1枚スキンズ、1枚コスパの良いコンプレッションウェアという組み合わせが最高です。

両方買って3,000円以下ですからね。コンプレッションウェアをまず試してみたい方におすすめです。

ウルトラライトダウンもいいけど…

そしてここで、ワンモアシング。またユニクロの話になりますが、ウルトラライトは安くて暖かいと評判のユニクロの人気製品です。これも良いのですが、ちょっと分厚いという欠点があります。 また、重さを限界まで追求したい人にとって旅行に行く際も少しだけ重さが気になります。

モンベルのスペリオダウンジャケットがすごい

この悩みを解決してくれるのが、モンベルのインナーダウンジャケットです。モンベルにはプラズマダウンという、世界最高峰の最強ダウンジャケットが存在しますが、こちらはいかんせんデザインがゴミ袋そっくりです。こちらは、高城剛さんが着用してますね。

ボクはデザインと値段が気に入りませんでした。ダウンジャケットってアウターにしてしまうとダサいので、中に着込めるダウンはダサくならずにおすすめです。そこで、ボクのニーズを満たしてくれたのがスペリオダウンです。

スペリオダウンのインナーダウンは薄いのに暖かく、そして軽いというメリットをだらけのダウンジャケットです。上下セットで買って保温の体制はバッチリです。コンプレッションウェアの上にインナーダウンを羽織ることで、かなり外からの寒さを防いでくれます。二重のバリアというところですかね。暑くなったらこのインナーダウンだけを脱いで温度調節することも可能です。

何よりダウンジャケットにありがちなギシギシする音や、ゴワゴワする着心地がありません。着用している感覚がないほど、フィットしてくれます。

まとめ

今回は冬の最強コーディネートについてお届けしました。

余談ですが、コンプレッションウェアにこのインナーダウンを着た上で、さらにウルトラライトダウンを羽織ってジャケットを着ると冬場でもジャケット一枚で過ごすことができます。私が暖房の効いていない冬の職場で実践済みです。

それほど厚着してないのに寒くないという最強の布陣が出来上がります。全部着込むのがベストですが、コンプレッションウェアやインナーダウンだけでも試してみてはいかがですか。

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント