【無印】吊るせるケース小物ポケットが超便利!旅行にも収納にも!

みなさん、こんにちは。毎日の生活を便利にしてくれるものってたくさんありますよね。こんなもので世界が変わるのだろうかと思っても、使ってみると全く違う生活になるものです。

そこで今回は生活が変わる、無印良品のケースポリエステル吊るせるケース小物ポケットについてご紹介します。

ポリエステル吊るせるケース小物ポケット

小さい物は管理が大変

まず、いつも使っている日用品で小さくて管理の難しいものや、1つにまとめておきたいものってありますよね。バラバラになってしまってめんどくさいものなどです。たとえば、短いケーブル類
や薬などです。

無印良品のポリエステル吊るせるポーチ小物ポケットがすごい

こうした物を上手にまとめてくれるのが無印良品のポリエステル吊るせるポーチ小物ポケットです。綺麗にひとまとめにしてくれます。

大きさは

実物を見ると分かるのですが、メッシュになっている仕切りが3ケ所あります。そのため、この3箇所を物別に分けることができます。

大きさの目安としては、真ん中のメッシュ部分が横にしたパスポートより少し大きいくらいです。そして、上下の2つがその2/3くらいでしょうか。ちょっとした小物を入れるのに最適です。

薄い!ポーチはない方がいい

似たような製品にポリエステル吊るせるケース着脱ポーチ付きがあります。この製品は真ん中の一番大きいポケットの部分がポーチになっていて取り外すことが可能です。大きさ的には、同じくパスポートよりちょっと大きいくらいです。

厚さは持った感じだと2,3cmあると思います。でも中に取り付けたとき、ポーチは折り曲げることができるのでそこまで厚みを感じません。

しかし、多くの人の口コミや評判にもあるようにこの厚さが微妙に負担です。ポーチがついているモデルとついていない物を比べてみると厚さは一目瞭然です。ポーチがついていない小物ポケットの1番の魅力は薄さです。

 

畳んだときにここまで薄いとなると、スペースを取りません。ミニマムでシンプルなライフスタイルを目指すならば、かなりそれに近いアイテムだと思います。

そして、この薄さは家で使うときに役立つだけではありません。旅行のときに役に立つ革命的なアイテムです。パッキングのときに全くスペースを取りませんよね。この中に薬や充電器、耳栓など旅行に必要な小物を入れることができます。

吊るせるところが便利

しかも、このケースのポイントである「吊るせる」という機能がめちゃくちゃ役に立ちます。飛行機の中でとにかく便利なんです。飛行機に乗ったことがある方なら共感できると思いますが、座席の周りってとにかく狭いですよね。荷物も上の荷物棚か座席の下にしか置くことができません。

でも、吊るせるポーチ小物ポケットがあれば、この悩みを簡単に解決してくれます。座席のポケット部分に吊るせるポーチ小物ポケットをかければ、あっという間に荷物の棚ができます。飛行機の中ですから、それほど大きなものは必要ないと思います。

それよりも、耳栓など機内で役に立つアイテムを簡単に収納することが可能で、取り出すことも簡単です。前のポケットに物を突っ込んで必要なときに慌てて探したり、荷物棚などから物を取り出したりすることがが全くなくなります。旅行に持っていきたいマストアイテムになりそうです。

実際に購入してレビュー

さて、ボクもこの商品を購入して使ってみています。実際全くもって購入予定はなかったのですが、旅行に行くときに便利という口説き文句にやられて購入を決めました。でも、実際には旅行よりも家で使っています。

家のリビングで活躍してくれます。ボクはいつも折りたたみのデスクを使っています。折りたたみのデスクは便利なのですが、やっぱり物が置けないので不便です。このポーチには大きな物は入りませんが、文房具などの小物を入れるときかなり便利です。

ボクは文房具を入れたり、パソコンの周辺機器を入れたりして使っています。

 

それでもまだ使えそうなスペースがあるので、まだ使い道を考えているところです。ボクは他にも無印良品の吊るせる収納シャツポケット、吊るせるポーチを持っています。やはり、吊るせるだけで使えるというのはかなり便利です。

これらと合わせて使いみちや使い方を模索していきたいと思っています。

まとめ

今回は無印良品のポリエステル吊るせるポーチ小物ポケットをご紹介しました。やはり、薄くて吊るせるというのがかなりのポイントだと思います。まだ使ってない人はこの感動が分からないと思うので、使っていただきたいところです。

値段も1,300円程度なので気軽に試すことができます。ぜひ、使ってみてください。
ポリエステル吊るせるケース小物ポケット