スポンサーリンク

仏検3級のおすすめの問題集や参考書!勉強法をご紹介

スポンサーリンク
語学
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。おそらく、このブログを読んでいる方の中にもフランス語を学んでいる方もいると思います。

フランス語初心者にとって、フランス語検定3級というのは1つの壁であり、1つのゴールとして目指している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はフランス語検定3級の勉強法や参考書を紹介します。

スポンサーリンク

フランス語検定3級のレベル

CEFRではA1

まず、フランス語検定3級、通称仏検3級のレベルについてご紹介します。仏検は世界の語学レベルを表すCEFRでいうとA1レベルです。A1とは初学者レベルで最低限の単語や日常表現が分かるレベルです。

ただし、会話には時間がかかるレベルなので、基礎の基礎をマスターしたという感じです。

ちなみに基礎をマスターしたというならA2レベルが必要で、こちらは仏検でいうと準2級になります。

喋ることはできない!

仏検3級だとスピーキングでは挨拶や自己紹介ができるレベルだと思えばよいです。ただ、個人的な感覚では「たどたどしい自己紹介」ができるレベルだと思っています。

仏検3級の試験の性格上、スピーキングテストがありませんし、合格点は60点、選択問題は英語が分かれば分かってしまうような問題があるためです。だから仏検3級のは簡単といえば簡単ですが、一部単語のライティングがあるのでスペルをきちんと覚えないといけません。

どれくらいの期間勉強する必要があるのか

ここが初心者にとって疑問になるのでここができるかどうかが問われているような物です。ちなみに週に2回90分授業を2年間受けて通算200時間で受かると言われています。しかし、ボクは週2で90分の授業を1年間受けて少し勉強したら合格しました。身構えなくても大丈夫です。

おすすめの参考書

公式のガイドブックの問題集

さて、使用した参考書ですが非常にシンプルです。まず、公式のガイドブックの問題集です。どの検定試験でもそうですが公式のも問題集をまずやるべきです。問題を作成しているところが出版しているのですから、似たような問題が本番でも出題されやすいです。

さらに公式の問題集は例題として過去問を取り上げて解説しています。何ができれば受かるのか道筋をしっかりと示されていますし、繰り返し解けばいわゆる仏検的な考え方である何ができれば受かるのかというのを頭に叩き込むことができます。

フランス語検定を受験しようと思ったら、絶対に購入しておきたいテキストです。一方のデメリットですが内容が少し薄いというところです。やはり重要なエッセンスだけに絞っているので重点的に勉強するのには適していますが、類題など数をこなして実践していくには圧倒的に足りません。

他の参考書と伏せて一緒にやるべきです。

白水社の仏検対策シリーズ

そして、実践や詳しい理解を深める上で役に立つのが白水社から出ている問題集で、仏検対策シリーズです。こちらの本は練習問題もついていてかなり充実しています。しかし、ちょっと解説などはキャッチーな感じではないのでとっつきにくいです。

だから公式のガイドブックの欠点である内容面での充実を満たした感じです。反対にこちらは少し見にくいです。でも、この練習問題をしっかりやればかなり力がつきます。合格力をつけられることは間違いありません。

単語帳はキクタン

そして、これら2冊の練習問題や解説を学ぶ中で文法は習得できますが、やはり単語が習得できないと困るでしょう。

やっぱり検定のためにはキクタンです。仏検3級のものを買いましょう。これで3級の単語は一応覚えることができますが、毎日の学習でベストなフランス語の単語帳とは思えません。

今すぐ覚える音読フランス語

という単語帳が便利です。速読英単語に似ていて、単語を音読してCDを聴くだけで単語が覚えられます。2級くらいの日常会話までならこの単語帳で対応しているので、日常会話レベルを長期的に目指そうと思っているのならばこの単語帳を合わせて使うとよいでしょう。

まとめ

今回はフランス語検定3級に合格するための勉強方法と参考書をご紹介しました。フランス語検定は初心者にとって最初の関門です。

様々な人が勉強方法をネットに公開していますが、 私自身この参考書の組み合わせが1番だと思っています。ぜひ、参考にしてみてください。

語学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました