スポンサーリンク

華山宥/BLUEVARY COSMOSのYouTubeチャンネルをご紹介

スポンサーリンク
華山宥
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。いつもYouTubeを楽しんでみていますか。YouTubeでは色々なコンテンツがあるので、見ているだけでかなり楽しいですよね。

私、華山宥/BLUEVARY COSMOSもYouTubeを始めたので、今回は自分のチャンネルについてご紹介します。

スポンサーリンク

ボクのYouTube歴

さて、YouTube自体のアカウントはもう10年くらい持ってまして最初に動画をアップロードしたのは高校生のときに同級生の歌ってる姿をアップロードしたときですね。それからずっと2014年くらいまでノータッチでした。

マイチャンネル4つ

音楽「BLUEVARY COSMOS」

それからバンドチャンネルを立ち上げます。BLUEVARY COSMOSチャンネルです。バンドの名前をそのまま使っています。

ここで東京の町田市で行っていたライブの様子やオリジナル曲をアップロードし始めます。基本的にDTMの曲ですが、弾き語りもちょいちょいやっています。もちろんカバーもあります。

DTMの曲ならば、「URGE」というロック調の曲がめちゃくちゃおすすめです。そして、弾き語りならば「Jasmine」という曲がおすすめです。

カバーは部屋で撮影した「TSUNAMI」があります。こんな感じでちょくちょく動画を上げているのが音楽チャンネルです。

旅チャンネル「華山宥」

そして、2016年にチャンネルをまた新たに開設します。音楽とは違うことをやろうとした結果
、旅行チャンネルを開くことに至りました。

台湾の動画

台湾の観光動画をアップロードし始めます。そのときに作ったビデオは当時台湾の台北市に住んでいたので、現地在住でなければ分からないような、王道から少しずらした穴場の観光スポットをご紹介していました。

たとえば、台北から30分でいける港街基隆市や、台湾のアウトレットなどです。

あと、台北の何気ない風景を集めたPVを作ってみました。

日本帰国後

それから日本に帰国して、さすがに台湾の動画は撮影不可なので東京の散歩動画を作るようになりました。風景の動画なら誰でも撮れるからもう少し顔出しして改善していく必要があるなと思うこの頃です。

たとえば、「皇居」の動画です。超大編の2部作ですね。

そして、食ではラーメンを食べに赤坂の「友」を訪れてみました。ちなみに語学の練習も兼ねていて、英語か中国語で動画を作っています。言語の学習記録や喋ってみた系の動画もあります。

今後の方向性としてはチャンネルの言語を英語、日本語、中国語のどれにするか未確定です。外国語で喋ればアウトプットのトレーニングにもなるんですが、字幕をつけなければ理解してもらえないのでその字幕をつける作業が負担なことも否めないため、日本語にしたいなとも思っています。

お勉強チャンネル

そして、新たにチャンネルを2つ作りました。1つがお勉強チャンネルです。これは、ほぼ更新しないでしょう。大学受験生向けに参考書の使い方や、勉強のスケジュールなどを解説してます。

昔、大学受験に関して1冊の本を作ったことがありますが、大学受験から時間が経ったため受験生の求める物やニーズが分からないようになってきています。何か視聴者の反応やニーズを先回りできればよいのですが、方法が思い浮かばないためこれから先も1番不定期の更新になります。

日本脱出チャンネル

そして、もう1つが「日本脱出チャンネル」です。完全日本語のチャンネルですが、「海外移住」をテーマにチャンネルを立ち上げました。でも、今は日本語で早口でコメントするチャンネルにもなっています。笑

今、ノマドや海外就職、移住がブームになっていますがボクも一時期海外に住んでいましたし、何ならいつでも海外に飛び出てやると思っているので需要があると思って立ち上げました。

これから先、ちょっと更新していくノウハウ系のチャンネルになると思います。ぜひ、興味のある方はチェックしてみてください。

まとめ

今回は私の始めたYouTubeチャンネルについてご紹介しました。チャンネルを立ち上げ過ぎじゃないの?と思われてしまいがちですが確かにその通りです。

ただ、チャンネルに統一感を出そうとしたらやっぱり動画のカテゴリでチャンネルを分けたほうがよいという結論に至ったため、この感じになってしまいしました。

そのため、結論と行動は間違っていなかったと思っています。ぜひ、興味のある方は動画もご覧になっていただき、チャンネル登録もしていただければ嬉しいです。

華山宥
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました