永康街でグルメの食べ歩き!かき氷からお茶までおすすめ紹介!行き方も解説

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には台湾旅行に行こうと思っている人も多いのではないでしょうか。でも、ガイドブックがたくさんあって結局どこに行けばいいのか分かりませんよね。

そこで今回は台湾台北のおすすめ観光スポットである永康街(ヨンカンジエ)についてご紹介します。

永康街とは

永康街とは、一言で言うと数百メートルの中に台湾らしい観光スポット、グルメがたくさん集結している場所です。ひょっとしたら、この場所だけでも台湾観光は満足できるかもしれません。

0泊の弾丸旅行ならば、なおさら行っておきたい場所です。

【アクセス】行き方|最寄駅は東門

まず、行き方はタクシーなら「永康街」という紙を見せればオッケーです。地下鉄では東門という場所で降りるとよいでしょう。東門駅の5番出口を出て、真っ直ぐ進んで右に曲がれば永康街です。

実はこの東門の周りは高級住宅街として知られています。

おすすめグルメ

土地のブランドイメージもよいです。

小籠包「鼎泰豊」

 

この投稿をInstagramで見る

 

東海龍猫~ Luciusルシウスさん(@wordlesschronicle)がシェアした投稿

それもあって有名な小籠包お店、鼎泰豐(ディンタイフォン)の本店もあります。いつも混んでいますが、せっかく来たならこの本店に訪れるとよいでしょう。

永康街は東京の原宿竹下通りのように、お店の入れ替わりが激しいです。激戦区なのです。1年間で結構新しいお店ができたり、潰れてしまったりしていたのを目の当たりにしました。

スイーツ「芋頭大王」

 

この投稿をInstagramで見る

 

👯🍎🍋Double兩姊妹🎈90後 HK Foodieさん(@double__official)がシェアした投稿

まず、絶対行きたいお店が芋頭大王というお店です。TAROKINGとも言います。ここは本当に有名で年中人がたくさんいます。いわゆるスイーツのお店で、たくさんのバリエーションが楽しめます。

フルーツが多いメニュー中心ですね。

スムージー「思慕昔」

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇹🇼貪吃雪寶❄️オラフさん(@i.am.olafood)がシェアした投稿

実は初めてここに来る人は、隣のお店の方が惹きつけられるかもしれません。隣の思慕昔という店の方がさらに人は多いです。建物も黄色でかなり目立つのもあります。

こちらもデザートのお店ですが、さっきと系統が違います。こちらの方がもっとかき氷色が強いと思います。値段も高めです。2つハシゴしてみるのもいいですし、値段を吟味した上でどちらかに入るのもよいでしょう。

果物屋「永康水果園」

 

この投稿をInstagramで見る

 

りょくさん(@ryoku0912)がシェアした投稿

ちなみに、その向かい側辺りにフルーツ屋さんがあって、冷凍したフルーツバーを売っています。かなり美味しいので訪れてみて欲しいのです。お店の名前は永康水果園です。ただ、行けばここだとすぐに分かります。冷凍したフルーツを道に並べています。

ご飯「府城台南美食」

 

この投稿をInstagramで見る

 

NAKAさん(@nakasei424)がシェアした投稿

同じように人気なお店が府城台南美食というお店です。

公園の向かい側にあります。ここのお店はお店の名前を見てもらえば分かるように、台南の料理を扱っています。このお店はどちらかといえば、ローカルの人に人気だと思います。

ここでTHEのつく、台湾料理を楽しむことができます。おすすめは麺のメニューが全般的に美味しいです。

タピオカ「五十嵐」

その隣には五十嵐などのタピオカ屋もあります。

ここでタピオカを買って飲みながら歩くのもいいですね。付近の永康公園は子どももたくさんいて、ローカルの人が楽しんでいます。たまに路上ライブをやってることもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HALCA ハルカさん(@halca_)がシェアした投稿

お土産、お茶屋「沁園」

もちろん、お土産も買えます。台湾は結構ハンドメイドに力を入れていて、永康街もたくさんハンドメイドのお店があります。レザーの小物などのお店があって見てみるだけでも楽しいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mami*さん(@komorebi_mami)がシェアした投稿

沁園というお茶の専門店もあります。ここで茶葉を買って帰るのもいいと思います。

まとめ

今回は台湾台北のおすすめ観光スポット永康街についてご紹介しました。

このように何もかもがぎっしりと詰まっている永康街ですが、通り自体はそこまで長くないので2時間あればグルメも含めて見終わることができます。

アクセスも良いので、空いた時間を使って効率的に観光できるというのもメリットです。

ここに来れば、台湾らしさは全て堪能できます。1度は行きたい観光スポットです。ぜひ、この記事を参考にしてみなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。