スポンサーリンク

五分埔商圏!メンズOK!台湾で服を安く買うならここ!アクセスもご紹介

スポンサーリンク
海外旅行
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。台湾旅行は身近に行ける海外なので、週末を利用して台湾に行かれる方も多いと思います。LCCも飛んでますし、かなり身近な海外であることは間違いありません。

そこで今回は台湾旅行でショッピングするなら五分埔服飾広場が1番よいというお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

五分埔服飾広場とは

さて、五分埔服飾広場とは簡単にいえば服の卸売場みたいなもので中国大陸などから大量に買い付けた衣類を卸売場として扱っている場所です。そのため、多くの業者も購入に来ますが、個人でも普通に購入することができます。

しかも、かなりお得な値段で購入することができます。台北には西門町など、ファッションストリートがたくさんありますが、もともとどこから来ているのか考えてみてください。結局似たようなものを取り扱っているのですから、店舗が間に入る前に購入した方が圧倒的に安いのです。

繰り返しになりますが、台北の旅行で衣類を購入したいと考えているのならば、圧倒的にここです。

行き方は2通り

では、まず行き方からご紹介します。

場所は青色の板南線の後山埤站と、緑色の松山新店線の松山駅もしくは台鐵松山駅の真ん中辺りにあります。

後山埤站から行く場合はだいたい6分です。

地下鉄の松山駅から行く場合ですと、7分なのでほぼ一緒ですが松山駅の方が一本道なのでわかりやすいかもしれません。

ただし、行きは後山埤站からの利用で、五分埔服飾広場をまわった後に松山の饒河街觀光夜市に行って松山駅から帰るというようなこともできるので、その辺は好みに合わせてください。

ホテルが中山駅近くでしたら緑色の松山新店線から松山駅まで1本で、
台北駅近くでしたら青色の板南線の後山埤駅まで1本です。ご参考までに。

どういったものが売られているの?

では、どういった物が売られているのでしょうか。答えは何もかもです。レディース用品からメンズのファッションまで幅広く取り揃えています。それもそのはずで、ちょっとした夜市よりも大きい規模になっているので退屈はしません。

少なくとも、ボクが訪れた時には全くもって「小さいな」「しょぼいな」とも感じませんでした。

ただ、卸売りのお店ということもあり、価格のことにうるさくてカメラを堂々と持って入ることができなかったため、道端で撮影したら偶然お店が写り込んだという写真なら少しだけあります。笑

こんな感じのお店がずっと続きます。本当にこれでもかって行くくらい、続くのですがみているだけで面白く全然飽きません。道を歩いているとたまに日本人にすれ違います。でも、おじさんはいません。笑

20歳前後の女の子たちばかりだったので、どこかで情報を仕入れてやってきたのでしょう。このブログの情報も20歳前後の女の子に届いてくれればいいな(本望)

治安はどう?夜も安全?

ちなみに、夜に行ったのですが彼女たちも現地の女の子も普通に半袖短パンで歩いていたので治安はよいです。危ないことはありませんでしたが、この問屋街の路地でもブンブンバイクが通ってくるのでそれだけ注意しましょう。

気になる洋服の価格は?

肝心のお値段ですが、ポップに書かれているのはおよそ、100元くらいでした。つまり、様々な服が100元≒350円くらいで買えてしまいます。これは万札を両替して持っていきたいところです。

きちんと食べるところもあります!

洋服を見るのを休憩しようと思ったら、後山埤側の入り口に食べ物のお店が並んでいます。タピオカなどのドリンクもあるので、そちらも合わせて楽しんでみるとよいでしょう。

実際に行ってみての感想と買ったもの

ボクは台北に住んでいたので、爆買いしたことはないですが、ベルトなど小物が欲しい時によく利用していました。値段が安い上に種類も豊富なのでかなり助かりました。日本に帰国してからも品質のよさからずっと使っています。笑

まとめ

 

五分埔服飾広場
定休日と営業時間 年中無休で13:00-24:00
クレジットカード ほぼ不可
日本語 ほぼ不可
注意 月曜は業者が買い付けのため避けましょう
行き方まとめ 地下鉄:松山新店線松山站か板南線後山埤站を利用、市内だと数十分で行ける

タクシー:【五分埔商圏】まで

今回は五分埔服飾広場という場所をご紹介しました。ファッションは日本で買うのもよいですが、こうしたプチプラ商品を狙うには五分埔服飾広場が1番です。ぜひ、今後台湾に行く予定のある方はこちらのお店に訪れてみてはいかがでしょうか。

よろしければ動画も見てみてください。

海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました