スポンサーリンク

男性ミニマリストのクローゼットの中身!ワードローブを公開

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。服の断捨離をするのもよいですが、他の人がどれくらいクローゼットの中に服を入れているのかなど、ワードローブが気になりますよね。そこで今回は、ミニマリストであるボクがクローゼットの中についてご紹介します。

スポンサーリンク

クローゼットの収納のコツ

さて、クローゼットの大きさは人によってそれぞれだと思います。そのため、収納できる衣類の量は人によって異なります。しかし、ボクは2つの条件に沿って衣類を管理しています。それがこの2つです。

  1. 同じ系統の衣類は数字を設けて所持する
  2. 全ての持ち物をスーツケース2つに収まるように管理する。

順番に解説しましょう。

同じ系統の衣類は数字を設けて所持する

まず、同じ系統の衣類は数字を設けて管理するというのはどういうことでしょうか。

たとえば、ジーンズなどパンツを持っているとしたら、パンツは3つまでと決めます。ボクは青色のジーンズ、水色のジーンズ、黒色のチノパンという3つをコーディネートとして履き回しています。同様に靴下は5足、白シャツは3着というようにしてクローゼットを管理しているのです。

このように、数字を意識して衣類を所持することで上限を決められますし、衣類がどんどん増えていきません。この方法はおすすめです。

全ての持ち物をスーツケース2つに収まるように管理する

そして、もう1つが全部の持ち物をスーツケース2つに収まるように意識することです。これがスーパーなミニマリストならばスーツケース1つに荷物を収めるのでしょうが、ボクの場合は音楽の機材であるスピーカーやマイクなどもあるので無理です。笑

好きなことまで断捨離してミニマリストになるのは違うと思っているので、大切なものはある程度残して他を断捨離するということに決めています。

そして、衣類もその中に入れられるように心がけています。目指すところとしては、「普段着で世界一周」です。

クローゼット公開

それではボクのクローゼットです。

レザージャケット

まず、冬のアイテムから革ジャケット2着です。別記事でも紹介しましたが、革ジャンはベーシックなアイテムで1番カッコよくなおかつ着回せるアイテムです。春秋はこれですね。

そして、冬場のコートはチェスター1着にしています。ビジネスでもプライベートでも着ることができる1着です。黒なのでかなり潰しが効きます。

カーディガン

コート1着だけ着ても寒いことってよくありますよね。そこで、シャツとコートやジャケットの間に着ているのがカーディガンとパーカーです。上着を脱いだときにはこれだけでも、カッコいいですね。

インナーダウン

ボクは冬でも暖房をつけません。そこで裏ワザになるのですが、インナーダウンを一番下に着込んでいます。Mont-bellのインナーダウンなのですが、かなり軽くて着心地がよいので四六時中冬は着ています。

モッズコート

本当に寒くてどうしようもないという時、羽織るのがモッズコートです。緑色の定番ですが、中がキルティングになっていて暖かいです。

ショップコート

そして、春です。春用の薄手のコートとしてショップコートです。これは赤なので、ビジネス向けではありません。でも、私服で温度調整の際に役立ちます。

黒ジャケット

そして、1着は持っておきたい黒ジャケットです。黒ジャケットはSHELLACの物を愛用しています。言わずとしれたドメスティックブランドです。

デニムジャケット

一方、プライベートではこれまた潰しが聴くアイテムとしてD&Gのデニムジャケットを愛用しています。やはりこれだけで簡単にオシャレに見えます。

夏用のパンツ

そして、夏ですがパンツは完璧に夏用にしてます。ほぼ履かないスイムパンツ、リネンパンツ、サッカーパンツの3着です。

蒸し暑い夏でも涼しく履けるので本当に神です。

下着やインナー

そして、夏用のシャツも4着です。まず、白、黒、グレーのリネンシャツとカーディガンです。4日に1回洗濯をすればよいという感じになっています。夏だけコーディネートが異次元ですね。笑

そして、その他下着ですが、シャツなどを含めて地肌につけるものは5着をめどに所持しています。下着の写真を載せて誰得?となったので、文字だけで勘弁してください。また、出勤用にスーツを3着ストックしています。日本社会で生きていくには外せませんが、コーディネートとは呼べないですね。

まとめ

今回はミニマリストのクローゼットについてご紹介しました。ボクもこの中から何着か断捨離しようと思っている物もあるので、今後変わっていくかもしれません。ただし、今の段階ではクローゼットにスッキリこの分量で収まっています。

ぜひ、この記事を参考にしてクローゼットと断捨離の参考にしてください。

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました