スポンサーリンク

ビューカードのメリット!Suicaにオートチャージできてお得!

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。日々の生活にクレジットカードって重要ですよね。生活費やショッピングの支払いにクレジットカードさえあればかなり生活が楽になります。

そこで今回は誰もが持つべきクレジットカードとして、ビューカードについてご紹介します。

スポンサーリンク

ビューカードとは

さて、ビューカードとはJR東日本が発行しているクレジットカードです。JR東日本といえばSuicaカードが有名ですが、Suicaが付属しているクレジットカードとして有名です。

関東に住んでいないとSuicaが何か分からないと思いますが、基本的に交通カードでみなさんのお住まいの地域で発行されたICOCAやTOICAなどと同じものです。その関東版がSuicaで、日本全国どこでも使用可能です。

Suicaとの相性がとてもよいクレジットカードがビューカードです。つまり、電車の交通費の支払いはビューカードが1番なのです。交通費も家賃などと同じくらい、切っても切り離せない準固定費なのでここをいかにやり繰りするかがポイントです。

おすすめのビューカードの種類

ビューカードには種類がたくさんあります。

定期券を上乗せすることのできるものからJALマイルが貯まるカード、ルミネのショッピングが常に5%OFFになるカードです。

しかし、こだわりがなく1番お得なものを探しているのならば以下の2つに絞られます。1つ目が定期券を上乗せすることができるビューカードです。2つ目がビックカメラSuicaカードです。

それでは順に解説していきましょう。

ビューカード

では最初にビューカードです。

オートチャージが便利

このカードのよいところは、Suicaにオートチャージする機能を備えている点です。ぶっちゃけていうと、電車に乗る際に交通系カードにチャージするのは面倒ではないですか。いちいち券売機で現金チャージですし、金額が少なければ改札で弾かれます。それがビューカードでは解決します。

改札にタッチするだけで、クレジットカードから自動でチャージしてくれます。もちろん、チャージする金額など細かい設定ができます。たとえば、最も一般的なのがSuicaの残高が1,000円を下回ったら3,000円チャージするという機能です。

これならば、使いすぎることはなさそうですね。ただし、物販などのお店ではオートチャージされないのでその辺りは注意して使う必要があります。

チャージするだけでポイントが溜まる

そして、チャージするときが目玉です。Suicaカードにチャージするだけでポイントが溜まります。通常、ショッピングなどでは1000円につき5ポイント溜まります。Suicaにチャージする場合は、この3倍溜まります。つまり、1,000円チャージすると15ポイント貯まるというわけです。

実質985円になります。かなりお得なカードです。金券ショップと同じですね。 お店に行く暇を考えればビューカードの方がお得かもしれません。

もちろん、このポイントは定期券などを購入する時にもう3倍のポイントが付きます。交通費用にはポイントが貯まりやすいと考えてもよいですね。

貯まったポイントはSuica残高に利用可能

貯まったポイントは1ポイント1円としてSuicaなどにチャージできます。年会費が477円ほど税抜き価格でかかってしまいますが、実際にはWeb 明細を利用することで600ポイントほどJR ポイントが付与されるのでお得です。

旅行保険つき

そして、国内と海外で使える旅行保険もついています。旅行や出張などによく行かれる人にとって嬉しいですよね。

ビックカメラSuicaカード

そしてビックカメラを利用する人にとって嬉しいのが、ビックカメラSuicaカードです。このカードは本当にすごいです。

ビックカメラの利用でかなりお得

まず、このカードを使ってSuicaにチャージすると、チャージした金額の1.5%のポイントがつきます。そして、そのチャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物をすると10%のポイントが付きます。合わせると11.5%OFFになる計算です。常に品物を1割引で購入できます。

残念ながらSuicaなので実店舗でのお会計になりますが、ビックカメラには化粧品などの日用品も数多く取り揃えられているので、利用するべきです。

年1回の利用があれば年会費が0円

さらに、ビューカードと違って年1回の利用があれば年会費が0円になります。そして、ビックカメラで溜まったポイントもSuicaにチャージ可能です。1500ビックカメラポイントをSuicaに1000ポイント分チャージ可能です。

早い話、メリットしかないのがビックカメラSuicaカードです。

どちらを選ぶべきなのか

もし、定期券などを上乗せしたい場合はビューカードになりますが、特にこだわりがないという場合には絶対にビックカメラSuicaカードを選ぶべきです。

まとめ

今回は交通費削減に役に立つクレジットカードとして、ビューカードとビックカメラSuicaカードをご紹介しました。どちらも電車を乗るときにおすすめです。ボクもビューカードを持っていますが、ポイントが貯まるおかげで1ヶ月電車代が1ヶ月無料だったこともあります。

ぜひ、みなさんも契約を検討してみてはいかがでしょうか。

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント