スポンサーリンク

メンズバッグのブランドならTUMIが超おすすめ!カジュアルにも!

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。外出するときのバッグ選びは重要ですよね。ファッションの1部にもなりますし、持ち物のために重要です。

そこで今回は、ミニマリストであるボクが普段持ち歩いているおすすめバッグは、TUMIがよいという話をします。

スポンサーリンク

TUMIとは

TUMIとは、アメリカのビジネスバッグのメーカーです。書類を入れるブリーフケースや、普通に通勤に使えるもの、それからスーツケースなどさまざまなビジネスマンに必要なアイテムを作っています。

そのため、年配のビジネスマンなど通勤バッグのブランドを見るとTUMIを使っていることもよくあります。ただ、そのおかげもあってダサいおじさんが着用するイメージがあるかもしれませんが、実際は全く違います。

ファッション性もあって品質のよい最高のブランドです。特にカジュアルなデザインのバッグは機能性もよくてカッコいいです。

TUMIのスリングバッグがおすすめ!

そこでミニマリストのみなさんや、普段使いでバッグを探しているメンズのみなさんにおすすめするのがTUMIのカジュアルバックです。おじさんのイメージは全くなく、むしろ品質がとてもよく、イケてるバックです。

特におすすめなのが、スリングバッグです。そこまで大きくないのですが、タブレットやノートパソコンがちょうど入るサイズです。なおかつ、大きすぎないので日常で使うのにはちょうどよいサイズです。

実際に使っているスリングバッグをレビュー

ボクが使っているTUMIのバックはボストンスリングバッグです。これを使った感想と、メリットをご紹介していきたいと思います。

レザー素材がカッコよい

まず、牛革がとてもかっこよいところです。このバッグは全て牛革で作られています。そのため、メンズのバッグにふさわしいデザインになっていて、使えば使うほど体に馴染んでくる素材です。

また、牛革であるため重量が重たいというデメリットもあります。軽さ重視の方はやめたほうがいいと思います。しかし、ボクは皮が好きだし許容範囲でした。何よりデザインがよいのでこれを選びました。

耐久性が高い

そして、耐久性のよいところもポイントです。ボクはこのTUMIのバッグを3年使っています。毎日、2,3 kgの荷物を入れて歩いているのですが、 革が壊れる感じもありません。ノートパソコンもタブレットも水筒も入れてるのに凄いなあと感心するばかりです。

収納が多い

コンパクトなボディなのにもかかわらず、収納がきちんとしているところもポイントです。小さいバッグだと、収納スペースやポケットは少ないです。ひとつあればいい方です。

しかし、このスリングバッグは中に2つポケットがあって、外にもサイドポケットとして2つポケットがあります。ここに小物やよく使うものを入れておくと急な場面でパッと取り出せるのでとても使い勝手がよいです。

水に弱い

デメリットとしては、レザー製品なのでお手入れが必要だということです。やはり、毎日使ってると雨など水に濡れてしまいます。レザーは水気に弱いです。そのため、革のクリームやオイルを塗って汚れを取り除いて撥水加工してあげなければなりません。その作業が嫌いな人は面倒くさいです。

金具部分がモロい

また、横の金具部分が少しモロいです。重さに耐えきれなかったのか、レザー部分は丈夫なのに横の金具部分は取れてしまいました。今はその壊れた部分にカラビナをつけて使っています。逆に鍵や折りたたみ傘をぶら下げられるようになりました。結果オーライと言えばオーライです。

過去のアイテムは買いにくい

TUMIはファッションブランドですので、毎年新しいシリーズや新作が販売されます。そのため、過去のアイテムはなかなか手に入らなくなっています。そのため、お気に入りのアイテムを見つけたらすぐに買っておくべきです。

また、商品は変わってもTUMIのよさは変わらないので、ぜひ商品ラインナップからお気に入りのアイテムを見つけてみてください。

まとめ

今回はミニマリストご用達のバッグとしてTUMIをご紹介しました。このバッグを愛用している人も多い高級ブランドです。耐久性も高いので、何年も使えます。時間経過とともに楽しめるアイテムなので、大人のたしなみです。ぜひ、この機会にTUMIのバッグを購入してみてはいかがですか。

TUMI トゥミ 232399NVY ネイビー ALPHA BRAVO 「ケリー」 スリング ボディバッグ 【あす楽対応】【RCP】

created by Rinker
ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント