スポンサーリンク

東京23区内で月10万円で暮らせるのかを考えてみた

スポンサーリンク
ミニマリスト
スポンサーリンク

こんにちは。華山です。今回は、「東京23区内で月10万円で生活できるのか」というテーマでお送りしたいと思います。みなさんの中にも、東京で暮らしてみたいと思ってる人や東京で暮らしている けど生活費が高くて困っているという人もいますよね。

そういった人たちの疑問を解決すべく、今回実際にボクが実験してみて可能か不可能か調べてみました。それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

結論:東京で月10万円生活は可能

結論から言うと、可能です。達成するために最も重要なのは取捨選択をすることです。何に主眼を置いてお金をかけ、何にお金をかけないかということをしっかり考えなければなりません。その判断をしっかりすれば、達成できると言えます。簡単そうですが、実に難しいです。

生活費の内訳を把握しよう

まず、月10万円の生活費を考える前に、最初に考えないといけないのは生活費用の内訳についてです。

生活費には、主に家賃、光熱費、食費、交通費、交際費があります。これをうまくやりくりして、10万円以下にしないといけません。円グラフで考えるとわかりやすいですよね。どの部分を大きくしてどの部分を小さくするかそして総合的に 一つの円を描くのです。

固定費を削ろう

このグラフで最初に小さくできるかどうかを考えるべきなのは固定費です。毎月出て行く決まった金額のことで、家賃や光熱費、通信費などが挙げられます。

家賃は5万円代!

理想の家賃

まず、いかに家賃を削るかですね。家賃は通常、収入の1/3と言われています。今回は23区内ということなので、仮にワンルームマンションとしても結構かかります。

肌感覚としては 23区内なら、ワンルームでも7万円から9万円といったところが相場なのではないでしょうか。しかしここは何としてでも5万円台には収めたいところです。最大で6万円でしょう。

家賃を5万円台に納めるか、6万円まで引き上げるかは食費で変わってきます。自炊をする人は6万円、外食の人は5万円台で考えると良いのでないでしょうか。

格安物件の探し方

さて肝心の5万円台の家を探す方法としては2つあります。

1つ目がシェアハウスに暮らすことです。一昔前のシェアハウスと言うと、貧乏な人たちが集まって暮らしているイメージでしたが、現在ではおしゃれなシェアハウスがたくさんあります。もちろん、個室もあるのでプライバシーもばっちりです。

ひつじ不動産などをみると、都内のシェアハウスがたくさんあります。

 

それでもシェアハウスが嫌だと言う人は、部屋まるを使いましょう。6万円以下の物件に特化したサイトで、きちんとしたマンションタイプのものまで取り扱っています。私自身も利用した経験があります。安い物件を見つけるコツは、駅から離れた小さい広さの物件を見つけることです。

現在のトレンドとして、部屋が狭くても山手線のすぐ側に住みたいと考える人が増えているので、月10万円で生活する人にとって追い風です。

シェアハウスか安い物件に住めば、家賃は5万円代になる!

通信費を削ろう

そして、次に削りたい固定費は通信費です。家のネット代、スマホ代を合わせてアンダー5,000円に抑えるべきです。家のネットはWiMAXなどポケットwi-fiを契約して、スマホは格安SIMにしましょう。

個人的におすすめは、SNSが無料になるLINEモバイルとWiMAXの組み合わせです。これを使えば、絶対に5,000円以下になります。

別記事で詳しく、通信量を下げる方法を書いています。

光熱費は5,000円に!

光熱費もトータルで5,000円ですね。電気、水道代は1,500円、ガス代は2,000円を見積もりましょう。光熱費を削るポイントは、夏のエアコンは28℃、冬に暖房は使わない、湯船を使わずシャワーのみの3点です。これを守れば、絶対に5,000円で収まります。ソースは私です。

通信費と光熱費を合わせて10,000円には収めたいところですね。

交通費は最大1万5000円に抑えよう

さて次に準固定費の交通費です。私はSuicaを使ってますが、履歴をみると物販も含めて月15,000円くらいです。家賃を抑えて郊外に住んでも、都心に出るのに交通費がかかると、結局一緒です。時間も無駄にしてしまいます。まず、山手線まで歩いていける都心に住みましょう。

山手線が使えるようになれば、東京のほとんどの場所に行くことができます。しかも、山手線はとても安い。池袋から品川まで260円です。往復で500円ですね。そして、東京メトロも使えれば鬼に金棒です。東京メトロは土日は圧倒的に安くなりますし、近場なら200円程度で乗れます。

もっと言えば、電車に乗らなければ良いです。東京の主要場所を自転車圏内にしてしまいましょう。自転車を持っていないならば、シェアサイクルサービスを使いましょう。電動自転車が30分150円です。本当に、坂道だらけの東京でもどこにでも行けます。

山手線、東京メトロは160円程で乗れるので、主要路線にして交通費を抑えよ!

食費は自炊

さて、次に食費ですがここは言うまでもないですね。自炊を頑張りましょう。業務スーパーでパスタ、納豆、豆腐などを買ってくると安く料理できます。

交際費、おしゃれ費、娯楽費は徹底的に削る

最後にまとめて交際費、おしゃれ費、娯楽費です。ここは徹底的に削るべきところです。

交際費は人間関係の整理

友人づきあいの一環として払っている交際費ですが、本当に必要ですか?1回の飲み会として3,000円払っている対価は享受できていますか?ここは断捨離するべきところです。上辺の付き合いは辞めて人間関係もしっかり整理すべきです。

 

どうしても人と交流したければ、ランチプランを利用するようにしましょう。お酒が飲みたいなら、いっそのこと宅飲みしてみてはいかがですか。好きな人好きなお酒だけを飲めば良いと思います。この考えができるかが10万円生活のポイントです。

宅飲みとランチに行くような人間関係を持つべし!

おしゃれ費は虚しさを増大させる

さて、おしゃれ費ですが、UNIQLOと無印を活用すべきです。最近気が付いたのですが、カッコいい人は何を着てもカッコいいです。高くておしゃれな服を着てもカッコよくなれるとは限りません。ボクも昔は服を何万と買っていましたが、これに気が付いて虚しくなってきました。

今のボクは無印のブロードシャツを秋春は愛用してます。冬はそこにレザーを羽織ったり、コートを着たりしてます。夏は無地の白シャツ一択です。レッドキャップというブランドの白シャツを愛用してます。素肌に1枚で着れます。

白を基調として、シンプルなコーディネートを心がけていたらおしゃれ費が0円になってました。それでもモテればボクの勝ち。

ベーシックなアイテムをカッコよく着れる人になろう!

娯楽費は定額制サービスを利用

最後に娯楽費です。これはサブスクリプションを契約すべきです。漫画を読んだり、音楽を聴いたりすることは定額制サービスでまかなえてしまいます。

ボクが使っているのはアマゾンプライムですが、音楽も本も映画も月500円で見放題です。あとは無料のYouTubeもありますし、娯楽にはもってこいです。月500円で、全然退屈したことはありません。

Amazonプライムなら月500円で娯楽は全てまかなえる!!

まとめ

さて、まとめです。家賃は高くても6万円で、通信費と光熱費が5,000円ずつで合わせて1万円です。そして、交通費が1万5000円。おしゃれ費と交際費が0円、娯楽費が500円です。そして、残りの1万4500円を宅飲み代と食費に使えばやっていくことができます。

項目 金額
家賃 60,000円
交通費 15,000円
食費(宅飲み代含む) 14,500円
通信費 5,000円
光熱費 5,000円
娯楽費 500円
おしゃれ費 0円
交際費 0円
合計 100,000円

交通費がSuica計算なので、コンビニで使った代金も含まれていることを考えると、交通費が下がって食費にかけられるお金がもう少し増えそうです。

人によって、この生活は耐えられない、向き不向きがあります。ボクはイケると確信した側の人間です。笑 月の出費を抑えても、寒い中、暖かいスープを飲むような小さな幸せがあればいいのです。そうすれば、月10万円で都内で生活できます!

ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント