台湾のワーホリのビザ申請方法を解説!書類を提出するだけ!

どうも。こんにちは。先日台湾の女性からこんなことを言われました。

台湾から日本へワーホリに行く人、日本からオーストラリアに行く人は多いけど日本から台湾へワーホリに行く人は聞いたことがない。

本当に!?でも中国語学習者にとって、台湾でアルバイトしながら中国語のレベルを高めることができるというのはとても嬉しいことではないですか??少なくとも私はそう思います。

ってことで、台湾のワーホリがもっと注目されてほしいということでワーホリ申請について書き留めます!!めっちゃ簡単です。

台湾のワーキングホリデー

もちろん公式サイトで概要を確認するのが1番なので、申請する公式サイトには書かれていない情報を意識してお届けします。まず定員は5000人です。どうやら前まで2500人で、その上限に達してしまい、解決策がとりあえず2倍にすることだったとか。

必要書類

では肝心の必要書類。

  1. 公式サイトからオンラインでフォームを入力しましょう。そしてプリントアウト。
  2. 続いて所定の活動記入フォーム。こちらもパソコンで入力してプリントアウト。
  3. 証明写真を4×5の大きさで撮りましょう。3×4の大きさで、サイズが合わなくても大丈夫だった。
  4. 資金証明。20万円以上です。帰りの飛行機のチケットもいるらしいのですが代わりに30万円以上で代用可能。
  5. 海外旅行保険の証明書。これは人によって違いますが東京海上日動のを契約しました。
  6. パスポート。もちろん期限が残っているもので。

これで1日待っていればビザが出来上がってました。とても簡単。他の国だと書類だったり、申請期間だったりでとても手間と時間がかかるのですが、もう1日でできるから最高。特に厳しくないし簡単に手にいれることができるので、その時間で語学学校や宿泊場所を悩みましょ!!!