スポンサーリンク

ディプティックのタムダオはメンズも人気な香水!香りや感想の紹介

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。毎日香水をつけて楽しんでいますか。たくさん香水を持っている人は、香水を付け替えて毎日を楽しんでいるでしょう。

そこで今回は毎日つけて楽しむのに最適な香水、ディプティック(Diptyque)のタムダオ(TAMDAO)についてご紹介します。

ディプティック diptyque タムダオ オードトワレ EDT ユニセックス 2ml [香水・ミニサイズ]:【メール便対応】 再入荷03

created by Rinker
スポンサーリンク

ディプティックとは

さて、ディプティックとはフランスのフレグランスメーカーです。香水の他にもキャンドルやヘアミストなど日常生活のちょっとした場面で使いたくなる香り系のアイテムを販売しています。香水だけでも10種類くらいあるので、どの香水を選べばよいのか分からなくなってしまうほどです。

その数ある香水の中でスパイスが効いて刺激的な香りがタムダオなのです。それでは早速タムダオの詳細について見ていきましょう。

タムダオの香り

サンダルウッドの香り

タムダオの香りはディプティックの説明によると、サンダルウッドの香りです。

サンダルウッドは、日本語で白檀と言います。インドや東南アジア原産で、高さが3メートルから10メートルある木です。20種類ほどあり、古来から仏像や扇の材料として使用されてきました。人類と長い付き合いがある植物で、タムダオはその香りがするのです。

もともと、東南アジアの森林の香りをイメージしていてそれがサンダルウッドというわけです。余談ですが、タムダオという町がベトナムの北部にあります。ハノイよりも北に少し上ったところにあります。そこは、森林が豊富で観光名所として大きな滝があります。

公式に確認は取れていませんが、ひょっとしたらそちらから名前をとっているのかもしれません。ディプティックの他の香水、オイエドも大江戸という意味ですよね。

実際は他にも香る

実際、このタムダオの香りを嗅いでみると分かるのですが香ってくるのはサンダルウッドだけではありません。他の人のレビューでも同じことが書かれていましたが、ただのサンダルウッドというよりももっと深い森林のイメージです。木材の香りが強くて非常にスパイスがあります。

そのため、他のディプティックの香水のように、みずみずしくて甘い香りを想像していると簡単に裏切られてしまいます。ただし、辛くてピリッとした香りは男性にも合いますので、メンズの香水としても非常におすすめです。

トップノート:ローズウッド、イタリアンサイプレス、ギンバイカ
ミドルノート:ゴアサンダルウッド
ラストノート:ホワイトムスク

タムダオの種類

オーデパルファンとオーデトワレがありますが、オーデトワレのほうがよいでしょう。

オーデトワレであっても十分香りが強いです。特にトップノートのスパイスのある香りは刺激的で鼻に香りますので、それを考えるとオーデトワレのほうが使いやすいです。また、オーデトワレであってもつけすぎには十分注意したい香水です。

もちろん、時間が経てば香りも和らいで優しい森のサンダルウッド的な香りに一層近づきます。

まとめ

今回はディプティックのタムダオについてご紹介しました。ディプティックの中で1番男性的であり、スパイシーな香りです。やはり他のディプティックの香水と一味違うので、好き嫌いが別れるところですが刺激的な香りを求める方にとっておすすめです。

ぜひ、みなさんもこの記事を参考にしてディプティックのタムダオを使用してみてはいかがでしょうか。

DIPTYQUE/ディプティック タムダオ オードトワレ 50ml (TAMDAO50V1) [並行輸入品]

created by Rinker

ディプティック タムダオ オードパルファム 75ml DIPTYQUE TAMDAO EDP [6391]

created by Rinker
ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました