台湾出張!まるで弾丸旅行!持ち物や旅の日程を紹介

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には台湾に行こうと思っている人が多いのではないでしょうか。

観光目的の人も多いですが、今回ボクは出張で行ってきたので、出張で行くとどうなるのかということを持ち物などを含めて解説します。

台湾の気候には要注意

ボクが行ったのは11月の初旬です。実は台湾は日本が冬真っ盛りの12月でも、20℃を超える日がよくあって、半袖でも大丈夫な日がよくあります。かといって、急に冷え込む日もよくあります。

なぜなら、台湾は基本的に暑いので冷房はしっかりしていますが、暖房がそれほど充実していないので秋ぐらいに外にいるのと同じ寒さに包まれます。

最低限の出張の持ち物

だから、一応ジャケットは持っておいた方がよいです。さらに建物の中に入ると、冷房が効いててさらに寒い場合もあるのでなおさら必須です。

それにいくら南国とはいえ、きちんとしたビジネスのシーンではジャケットは必須です。そのため、絶対に持っていくべきでしょう。

その他の持ち物に関しては実に普通でパスポートと着替え、カメラくらいです。ミニマリストの旅行セットを持って行きました。

弾丸旅行(出張)の日程

今回の日程なのですが、自分的には結構ハードな日程です。おそらく、若い人たちが土日を使って弾丸旅行に行くのと同じ日程で旅行を組んでしまったのでかなりタイトなスケジュールでした。

会社が17時くらいに終わるので、そこからバスに乗って成田から20時くらいに出発するスクートで台北に行きます。

滞在時間はおよそ48時間で2日目の夜、深夜0時に桃園空港からタイガーエアに乗って羽田に朝4時に着くという感じです。そして、そのまま出勤という形取りました。

なかなか、睡眠不足が仕事に影響するんだろうなと思う日程だったのですが、案の定キツかったです。最終日に飛行機の中では眠れませんでした。羽田に着いても始発まで時間がありますし、なかなか思い通りに行動できません。

できるだけ、深夜や早朝の発着を避けるべきだと思います。出張でも旅行でもそうです。
それでこの短期間で、できたこととできなかったことを紹介します。できたことは、仕事です。これは出張で来ているのでもちろんですね。

日中に現地の人とミーティングしたり、現地調査などすることができました。そして、休養もきちんと取れました。

ホテルについて

今回、ホテルは安いところでいいやと思って泊まったのが台北駅近くと台湾大学近くにあるホテルです。1泊1,000円くらいで、綺麗だったので満足です。深夜着の飛行機の場合、バスを利用することになりますが1番アクセスが良いのが台北駅周辺のホテルです。

バスの終着駅がこの辺りなので、簡単に移動できます。深夜でもぴったりです。名前は台北109ホステルです。

一方、台湾大学近くは土地も高いので安いホテルはありません。こちらが唯一だと思います。教育機関などに行きたい時はこのホテルの利用をおすすめします。メイルームズタイペイというホステルです。

Expediaで予約する
Agodaで予約する
Booking.comで予約する

出張合間に観光は少し可能

観光も総統府に行くことだけできました。総統府は平日朝なら誰でも無料で入れます。訪れた唯一の観光スポットです。

できなかったこと

できなかったことというか、心残りなのはもう少しグルメを楽しむことができたのになと思います。路上でよいので何か台湾らしい物を食べたり、タピオカでも飲んだりしておけばなと思います。グルメに関しては、時間が無かったのでほぼコンビニで済ませました。

本当に牛肉麺と総統府だけ行って帰国の時間になってしまいました。でも、今回はその分、成田と桃園でラウンジデビューしました。

特に桃園ではシャワーや食事も楽しめて最高でした。

台湾旅行に役立つ情報

そして、みなさんに役立つ情報を1つ。地下鉄のアプリをダウンロードすれば、空港から台北市内までの切符をスマホで購入できます。しかもクレジットカードが使えます。あとはQRコードを改札に当てるだけで乗車できます。とても便利です。

まとめ

みなさんも、台湾を訪れる時は参考にしてみてください。特に、ホテルの選び方なんていうのは参考になると思います。