海外のATMで現地通貨引き出しをするなら住信SBIネット銀行が最安!

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんも、海外旅行に行くことがよくあると思います。そこで問題になるのが、現地通貨です。

そこで今回は現地通貨を海外ATMで手に入れるのなら、住信SBIネット銀行がおすすめという話をします。

現地通貨を手に入れる方法

みなさんは現地通貨を手に入れる時はどうしていますか。両替、海外キャッシング、ATMという選択肢があります。

手数料で考えると、両替は1番お金がかかります。特に空港の両替所でやってしまうと、ぼったくり価格になります。海外旅行に慣れていない人ほどやってしまいがちです。出発前の空港両替所もアウトです。

それで1番手数料が安いのは海外キャッシングです。ただし、これは借金をしていることと同じですし、主にクレカを持っている人向けです。キャッシングはなんだか複雑で怖いと思っている人も多いのです。

海外ATMで引き出しはもっと簡単

そこで安全で簡単なのが、ATMを使うことです。現地のATMを使用すれば簡単に現地通貨が手に入ります。日本でATMを使って現金を下ろす時と同じ感覚で使用することが可能です。

でも、ATMを使って現地通貨を引き出す場合、銀行によっては手数料が異なります。それで1番手数料が安いのが住信SBIネット銀行なのです。しかしながら、これには一定数の条件があって引き出す金額が少額の時だけ、最もお得になります。具体的に言うとおよそ2万円以下であれば、住信SBIネット銀行が安いです。

また、海外で多くの現金を持ち歩くことは控えたほうがいいです。盗難のリスクがあるので、必要最低限の現金を持ち歩きましょう。国によっては1度に引き出せる上限も決まっているため、高額な現金を引き出すことも難しいです。

少額の現金のみ持ち歩くべき

と、なると少額の現金のみを持ち歩く選択がベストです。

それにぴったりなのが住信SBIネット銀行です。たとえば、海外ATMを利用して2万円を引き出すとします。通常だと、金額の数%ほどが事務手数料になってそれに加えて数百円の海外ATM利用手数料がかかります。つまり、その2つを合わせた金額が現地通貨を得るためにかかるコストです。

しかし、住信SBIネット銀行の魅力はここです。事務手数料の2.5%しかかかりません。海外ATM手数料というのは、無料です。神ですね。2万円を引き出した時にかかる金額は2万500円です。他の銀行だと100円高くつく場合もあります。海外旅行には絶対必要なキャッシュカードです。

住信SBIネット銀行のメリット

手数料が安い

その他にも住信SBIネット銀行のメリットをご紹介します。ネット銀行は残高などに応じてランクが決まる制度を導入してますが、住信SBIネット銀行も同じです。いいなと思うのが、ランクが1番下でも手数料無料の恩恵を受けることができる点です。

あるあるですが、ネット銀行系は1番下のランクの人は、手数料が全て有料なこともあります。住信SBIネット銀行は優しいです。引き出し手数料が月2回無料、振り込み手数料が月1回無料です。

負担使いでガンガン使うことを考えれば、この銀行は厳しいかもしれませんが、海外旅行のために利用する口座ということを考えれば、個人的には許容範囲だと思います。もちろん、スマホでも利用履歴などを見ることができるのでセキュリティ面においては安全な部類に入るでしょう。

デビット機能

また、デビッドもついているので、お金を口座に預けていればクレジットカードと同じように使用できます。使いすぎの心配も、クレカの番号盗られる心配もありません。タッチ決済もできるし、便利ですよ。

まとめ

今回は住信SBIネット銀行についてご紹介しました。この銀行は普段使いでなくても海外旅行のために絶対に持っておいたほうがよい銀行口座です。

ぜひ、参考にしてみてください。