Youtubeの機材!初心者におすすめなマイクやカメラをご紹介

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中にはYouTubeなどに動画投稿をしてみたいと考えている人がいるのではないでしょうか。

思うのは簡単ですが、YouTubeに上がっている人の動画を見れば意外とクオリティが高いものです。そこで今回は動画撮影に必要な機材についてご紹介します。

簡単に動画のクオリティを向上させたい人はぜひご覧になってください。

動画のクオリティとは何によって決まるのか

まず、動画のクオリティとは何によって決まるのでしょうか。大きく分けて2つです。1つ目が動画の画質です。カメラの品質が重要になってきます。そして、もう1つが音声品質です。マイクを使えば音がクリアになります。

それでは順に解説していきましょう。

カメラ

Youtuberは一眼レフ

まず、動画撮影のカメラに何を使うかということですね。一流のYouTuberは一眼レフカメラを使っていることが多いです。

一眼レフカメラで動画撮影をすれば、被写体の背景をボカすことができるので目で見たときと同じような立体感のある映像を撮ることができます。たとえば、多くのYouTuberはGH5やGH6を使っていますね。

ただし、彼らと同じ一眼レフはかなり高価です。数十万円してしまうので、ちょっと手が出ないでしょう。そのため、購入するとしたらもっと安価なカメラを買うべきです。

OSMO POCKETとGo Pro

室内撮りなのか屋外撮りなのかで最適なカメラが変わってきます。もし、街歩きを含めて室内でも撮影するというのならば、OSMO POCKETがよいでしょう。

屋外で水辺でも撮影するというのならば、Go Proですね。どちらのカメラも5万円くらいで購入できます。

1台は持っておくとよいでしょう。特にOSMO POCKETはおすすめです。

スマホで撮影するなら

また、最近のスマートフォンのカメラは向上しているので、スマホでの撮影も可能です。スマホのを購入した方がカメラ以外の機能もあるので現実的な選択肢としてよいかもしれませんね。

iPhoneなら普通に綺麗ですし、もっと動画のクオリティをあげたいのならHUAWEIのスマホを使えばよいです。コストを抑えてお得なカメラ画質のよいスマホが必要ならばUMIDIGIのスマホがおすすめです。

ちなみにボクはXiaomiのMi9で撮影しています。

マイク

そして、続いてはマイクです。カメラやスマホのマイクははっきり言って品質が最悪です。

どうしてもこもった音声になるので、聞き取りにくい映像になります。10秒くらいの映像をSNSに投稿するくらいならマイクなしでも大丈夫ですが、やはり映像として数分残すことを考えると音声にもこだわるべきです。

RODEのマイク

おすすめのマイクですが、YoutuberのスタンダードはRODEのマイクです。RODEはかなり有名なオーストラリアのマイクメーカーです。そのブランドのVideo Microあたりを使っている人が多いです。手軽なので外でも使いやすいというメリットがあるためです。

もちろん、これでも1万円しませんし、よいのですが他の選択肢もあります。声だけよく拾うピンマイクが好きならば同じくRODEのラベリアマイクが高品質でなおかつこちらも1万円しません。

もっとコストパフォーマンスを高めるならSaramonicのマイクがアメリカを中心に人気です。数千円で購入可能です。

ちなみにボクは1,000円で購入できるTOQIBOのピンマイクを使用しています。おそらく、今後さらなる音質向上のためにマイクを変える予定です。

まとめ

今回はYouTubeを始めるに当たって必要な機材についてご紹介しました。最低限これさえあれば綺麗な画質と音質で撮影することが可能です。数万円の投資でクオリティがかなり向上します。決してお金儲けのためにやるのではなく、機材も趣味だと思って投資すると長く続けられますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。