卒論の書き方!文系の学生が最短で書き上げる方法を伝授!

みなさん、こんにちは。華山です。大学生のみなさんは、就職活動も大変ですが、学生ですので本来の身分である学業にも力をいれないといけませんよね。

中でも卒業論文はかなり大変で、それこそ就活と重なると卒業が危なくなります。なんとかして、卒業論文を書き上げたいところです。そこで今回は卒業論文をなんとか完成させたいという人のために文系の卒業論文の書き方についてご紹介します。

卒論とは

さて、まずは大前提として卒業論文がどういったものなのかおさらいしましょう。卒業論文とは、いわゆる4年間の総まとめみたいなもので、今まで勉強してきたことをまとめるようなものです。

大学から入学して1,2年生の時に一般教養や基礎科目を受けて3年生あたりから専門科目やゼミに入ることになりますよね。だんだん、自分の学科の専門分野の色合いが強くなるものですが、その専門分野の中でも極限まで専門性を高めた物が卒業論文です。

テーマとは

たとえば、政治に興味があって入学してきたとすれば、ゼミでおそらくさらに分野を狭めた例えば外交などのゼミに入りますよね。その外交の中でも1960年代の日中外交などかなり絞り込んだテーマで書くのが卒業論文です。なんとなく分かりますかね。

そのため、テーマが決まっていない人は早く絞った分野のテーマを決めましょう。

卒論の目次や構成

テーマがイメージできたら、次は実際に書きます。一般的な卒業論文は、問題の所在、問題提起、分析、考察、まとめ、参考文献で構成されています。ぶっちゃけて言うと、この体裁さえ守れていればほとんどの場合卒業可能です。

卒業論文の書き方

では、みんな気になる具体的にいかに最速で卒論を書くかということです。

とりあえず、序章を書く

テーマが決まった日にやれることは、まず、序章を書きましょう。序章でこの論文でどういったことをやるのか、興味があることを書きましょう。ここは最後に訂正することになるので、とりあえず書いて思考を整理してアイディアを出すべきです。

先行研究を書く

続いて序章を書いたら、自分が書きたいテーマですでにどんな研究があるのかチェックします。大抵のテーマでは、すでに研究が進められていることが一般的です。CinniGoogle Scholarを使って論文を検索しましょう。

論文を見つけたら簡単な要約を自分の論文に書きます。これを何回か繰り返します。

たとえば、A,B,Cという論文が見つかったとすれば、「Aは〜と言っている、しかしその点についてBはこうだと反論するが、一方でCはどちらも間違っているという」というようにつないでいって、文章にします。

 

そうすると、どこかで先行研究でやられていないところや触れられていないところがあるはずです。その分野の研究をするのが卒業論文です。

たとえば、「先行研究で寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるということが分かったが、具体的にはどれくらい飲むと眠れなくなるのか、検証する」という感じです。

世界を変えるような論文は書かなくていいので、ちょっとした視点を変えたことや、論文の穴を埋めてあげれば卒業論文としては十分です。

調査の分析と考察

そして、その問題の発見が問題提起になるので実際に調査を行いましょう。卒業論文だと、多くの人がアンケート調査を行っています。1番実行しやすいですからね。そのため、アンケートで調査できるような調査内容にすると、卒業論文が制作しやすいです。

そして、調査が終わったらまとめです。グラフや表でまとめて論文を発展させましょう。ちなみに、調査の結果で分かったことを自分なりの言葉の考察でしっかりと書くと教授からの評価も大きいです。調査をして満足する人もいますが、この辺りを膨らませるとよい点数をつけられます。

参考文献など

そして、最後に今まで参考にした論文や書籍などを一覧として貼りましょう。ちなみ参考文献の書き方にはAPA、MLAなどいくつかあります。どちらでも自分が書きやすいもので書くべきですが、混同は避けましょう。自分はAPAを使っています。

意味がわからない人は、論文の書き方なのでしっかり覚えてください。ここまで来たら後は表紙や要旨を加えれば完成です。提出は余裕を持ってしましょう。そして、教授や調査に関わってくれた人への感謝を謝辞として最後のページに書きましょう。

文字数や何ページ書けばいいの?

よくある質問ですね。最低限1万文字は欲しいところですので、2万字を目安に書くとよいでしょう。ページ数も最低10ページで20ページ目安でやっていれば分量で落とされません。でも、先行研究などを書き連ねるとそれくらい行きます。

ちなみに大学の図書館でサンプルや過去の卒論を見ることができます。

まとめ

今回は文系卒業論文の書き方についてご紹介しました。テーマがぼんやりと決まれば、すぐに論文の精査に取り掛かりましょう。そうすることで、これなら書けそうという自分の論文のアイディアも生まれます。本気で取り組めば1ヶ月で大丈夫です。

ぜひ、みなさんも参考にして素敵な学生生活を送ってください。

こうした本も不安な方は読んでみてください。