スポンサーリンク

ソルボのインソールがおすすめ!Amazonで購入可能!靴の痛み軽減法

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。普段靴を履いていると、自分には合わないなと思ってしまうことはありませんか。我慢して履くのも身体に悪くてよろしくありません。しかし、あるアイテムを使えば足の負担がとても軽くなるのです。

そこで今回は足や靴を痛みにピッタリなソルボのインソールについてご紹介します。

スポンサーリンク

靴の悩みあるある

まず、靴の悩みでこういった事はありませんか。

買った靴かサイズが合わないのに履き続けてしまった

靴を履くと、足にあっていなくて痛い

などです。もちろん、気が付いて返品すれば手っ取り早いのですが、通販などなかなかうまく行きませんし面倒くさいです。

インソールが便利

自分で修理して履くことを選ぶ人もいます。そんな時に役に立つのがインソールです。インソールとは簡単に言うと中敷きです。1枚敷くだけで履き心地がかなりよくなります。

インソール購入の注意点

注意点として、100均のインソールは辞めたほうがいいです。薄すぎます。すぐに破れてしまう上に、あまり効果がありません。ボクも安さを考えて100均のインソールを使ってきました。100均のインソールだけを使っていれば、これほどのものなのかと納得してしまいます。

おすすめのソルボインソール

実際のところ、履き比べないと他のインソールのことは分かりません。でも、履き比べる人は意外に少ないです。ボクは100均のインソールを試したあとに、Amazonでソルボのインソールを試したら劇的に変わりました。その経験を踏まえてご紹介します。

ソルボインソールのメリット

ソルボはリーズナブル

さて、ソルボのインソールの価格は1,000円から2,000円です。ボクが1番おすすめなインソールは、とてもリーズナブルな1,000円程度という価格です。それでいて、かなり機能がよいです。

ちなみに、ソルボのインソールで検索してみると、東京に本社がある三進興産株式会社が出てきます。安定の日本製ということです。高城剛さんも言っていましたが、日本人の足には日本人メーカーが合いますね。

医学的に足の負担を軽減してくれる

Amazonにも商品説明が詳しく書かれていますが、DSISという機能が搭載されています。ビジネス、ウォーキング、カジュアルシューズといった幅広い足裏の形に適している形のことです。歩いたときには、当然足裏に体重がかかりますが特にかかとはかなりの体重がかかります。

足にズンズンとのしかかる重さをクッションで吸収してくれるわけです。そして、体重の受け止めをサポートしてくれることで理想の歩き方に強制してくれます。もちろん、靴に忘れてはいけない、脱臭機能もあります。

これは毎日ビジネスシューズを履いて歩くサラリーマンも嬉しいのではないでしょうか。

実際に使用してみての感想

購入した経緯

実際にボクも愛用しています。ボクはビジネスシューズに使いました。

ボクが買ったビジネスシューズは、好きなブランドだったのですが、何回か履いて気づいたのは足が痛くなることでした。革が硬いのか、足にあっていないのかわからなかったのですがやはり、好きなブランドだったのでなかなか返品ができませんでした。

さらにいえば、自分で履こうとして靴にクッションを瞬間接着剤でくっつけたところ、かなり汚れてしまって返品不可でした。笑

 

それでゴマカシの意味を込めて、インソールを探していたところソルボのインソールを見つけたのです。購入の決め手はインソールが1番しっかりしていそうだったのと、医学的に身体によさそうだったからです。

ちなみに、現在ではこちらのインソールがAmazonで人気ナンバーワンらしいです。表面がちょっとチャチっぽいのになんででしょう。興味のある人は見てください。笑

使ってみての感想

で、話を元に戻すと結局そのソルボのインソールを中に敷いてビジネスシューズを履き続けると、自然と痛みが無くなりました。その結果、3年間も使い続けています。3年間、使い続けてもかかとのクッション性は落ちておらず、かなりいい感じです。

インソール部分を押してみても、跳ね返る感じがあるのでクッション性は失われていません。かなりよい商品だったので、みなさんにもおすすめします。

まとめ

今回はおすすめのインソールということで、ソルボのインソールをご紹介しました。

インソールを探している人にとっては、かなりおすすめできる商品です。一方でインソールなんか探していないという人も、このアイテムを靴に敷いてみるだけで足の疲れが変わります。ぜひ、みなさんも参考にしてみてください。

 

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました