サイレントピックの評判や効果!アコギの音を小さくする方法!

みなさん、こんにちは。華山です。ギターの演奏を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。特にアコギですが、自宅で練習していると音漏れが気になると思います。

そこで、今回はギターの音が小さくなる魔法のアイテム、サイレントピックについてご紹介します。

ギターの音を小さくする方法

目立つものが多い

さて、ギターの音を小さくするのにいくつか方法があります。おそらく、大きな楽器屋で見てみると様々な消し音グッズが売られていると思います。

ギター弾く部分に巻くバンドのようなものが一般的なのですが、これには残念ながら欠点があります。見ての通り、バンドがデカくてミュートして弾いているというのが丸見えです。

家で弾くだけならば全然これでもよいのですが、もしビデオや動画配信などで弾いている姿を撮影したいと思ったときには、超不格好になります。

created by Rinker
グランドギター社(ギターミュート)

サイレントピックがおすすめ

できるだけ、ミュートするグッズは小さいほうがよいです。その目立たずに小さくミュートするために生まれてきたグッズこそがサイレントピックです。

サイレントピックの種類

サイレントピックをネットなどで検索すると出てくる有名な物は2つあります。両方同じ香取製作所というメーカーが販売しています。どちらも基本的に同じものなのですが、サイレントの強度と形が異なります。

ノーマルモデルとスーパーサイレントモデルの違いと共通点

一般的なものは、普通におにぎりのような形のピックに穴が3つ空いている仕様になっています。一方のスーパーサイレントモデルは、ピックの持ちて部分だけプラスチックで、あとの部分は薄っぺらです。

反対に共通しているのは、薄さです。本当にピックかと思うくらいに薄くて軽いので持っている感覚がありません。普通のピックも十分軽いのは承知ですが、あれをイメージして握ると数倍何もなくてびっくりします。本当に持っているのかどうか分からないレベルです。

気になる音の音量差は?

ちなみに、音の音量についてはそこまで差がない気がします。どっちともかなり静かになりますが、スーパーサイレントモデルのほうがピックを握りやすいので、持ちやすいこともあって静音性が若干向上します。

サイレントモデルでは50%の音をカットするとのことですが、実際のところ測るのは難しいので分かっていません。ただ、かなり静かになります。

一般モデルの方が、200円程度安いわけです。しかし、持ちやすさでいうと、スーパーサイレントモデルの方に軍配が上がります。

使用上、注意するべき点

一方で注意しておきたいデメリットもあります。ピックを正しく当てて弾くと静音性が高くなるのですが、弾き方が下手な人はサイレントの機能が少なくなります。というのもピックを振り下ろした際に手や爪が弦に当たってしまい、弦が鳴ってしまうからです。

もし、指が当たってしまうとかなり大きな音が出るので要注意です。特に夜中に弾こうと考えている人はそういったことが起こりうるので、弾き方を上手くするか夜中に使用することは避けるか対応を迫られます。

スーパーサイレントモデルを愛用中

ボクはというと、両方購入した結果スーパーサイレントモデルを愛用しています。理由はやはり上で挙げたように、持ちやすさです。

もちろん、夜中にやると、指が弦にぶつかって大きな音が出てしまったことはあるのですが、何回か弾いているうちにどれくらいの感覚で弾けばよいのか分かってきたので、音がなる心配はなくなりました。今では夜中でもガンガン使って練習しています。

 

そして、ボクは夜中に弾いてみた動画を撮影することが多いです。昼間の時間に音を録音して、夜中に弾いている姿を撮影するスタイルをとっています。サイレントピックのおかげで時間の使い方にも幅ができました。

非常に感謝しています。

まとめ

今回は、サイレントピックのご紹介をしました。とても簡単にアコギの音を消すにはナンバーワンのアイテムです。ぜひ、これを機会に購入してみてはいかがでしょうか。