スポンサーリンク

台湾で語学留学するなら学校は師範大学がおすすめな5つの理由

スポンサーリンク
中国語
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には、台北に留学をしようと考えている人もいるでしょう。しかし、どの語学学校がいいのかよく分かりませんよね。そこで今回は台湾の語学学校に迷ったら師範大学に行くべき5つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

師範大学とは

まず、師範大学とは 台北市にある、国立台湾師範大学のことです。1946年に開校され、70年以上の長い歴史を誇っています。その70年の中で、 日本人のタレントや政治家など多くの著名人もこの語学学校に通っていました。多くの人に支持されてきた語学学校が台湾師範大学なのです。

正確には語学留学生は国立台湾師範大学国語教学中心という施設に通うことになります。

師範大学のメリット5つ

さて、では順に国立師範大学のメリットをご紹介していきます。

教科書はここで発行される!

まず1つ目に教科書についてです。台湾の語学学校で使われている教科書は、主に2つです。「當代中文課程」「新版實用視聽話語中」のどちらかです。

実はどちらの教科書も、台湾師範大学が作成しています。長い歴史の中で中国語を学ぶにはどうしたらいいのか、研究に研究を重ねて台湾師範大学の教授陣が作り出しました。 教材に定評があります。その元になった師範大学ですから、中国語の授業もテキストに適した授業が行われます。

教師陣が中国語のプロで超一流

そして、教科書だけではなく、教師陣もバッチリです。中国語を教えることを生業としてきた、経験豊富な教師陣がたくさんいます。特に中国語という言語に人生をかけてきて、言語習得の論文を書いた博士を持っている先生もたくさんいます。

中国語のプロフェッショナルが揃っているのです。 先生たちの中には、大陸からやってきた子孫もいます。 また、先生たちはピンインにも精通してるので、中国語でわからない単語があったらすぐに聞くことができます。

ちなみに、ボクが師範大学で習っていた先生は本当に凄かったです。生徒たちが発する中国語を聞くだけで、その人がどんな生き方をしてきたのかすぐ分かってしまいました。

ある人は5歳ぐらいまでアメリカに住んでいて、それから日本にずっと住んでいました。先生は中国語を聞いて「アメリカに小さい頃にいて、日本で育ったね」と当ててしまいました。先生で選ぶなら絶対に師範大学です。

台北の観光地に隣接する立地

続いて立地です。中国語を学ぶ時に台湾のどの都市で学ぶのかも重要です。

好みもありますが、圧倒的に台北が便利です。日本とのLCCの数も1番多いですし、何かあった時にすぐに帰国することができます。台北は台湾の首都なので、常に最先端のサービスやシステムなど恩恵を受けることができます。生活には苦労しません。

また、師範大学の周りは永康街と言われる観光地があります。かき氷屋、小籠包の店などたくさんグルメが集まっています。学校の行き帰りだけでも台湾グルメを楽しめるので超お得な立地です。

留学生のお役立ち情報が掴みやすい

師範大学は、台湾の中で最大大手なので色々な情報が集まりやすいです。特に師範大学6階にある掲示板は、留学生同士の情報交換の場所になっています。掲示板があって、マンションの情報や、いらない教科書の譲り受け、アルバイトの紹介など様々な情報がそこでやり取りされています。

どの学校にも掲示板はありますが、台湾師範大学の掲示板は1番大きいです。わざわざその張り紙をするために師範大学に来る人もいるくらいです。毎日新しい情報が入ってくるため、留学生の人脈をつけるというジ点でもかなりアドバンテージになると思います。言語交換もできます。

豊富な学びやすいカリキュラム

師範大HPより

そして豊富なカリキュラムも見過ごせません。基本、語学学校は3ヶ月に1回の入学です。でも、夏には2か月間のサマースクールがあったり、1対1の授業も開講しています。

そのため幅広いニーズに沿った学習が可能です。中にはビデオ通話を使って授業をするカリキュラムもあります。キャンパスに通う時間がない忙しい人や、台湾師範大学に興味はあるけど通う勇気がない方はそちらを試してみるのもよいです。豊富なカリキュラムが魅力的なのですね。

まとめ

今回は台湾師範大学に行くべき5つの理由をご紹介しました。ボクも通っていたので、自分が思いつくメリットを書いてみました。後悔は何1つしていません。

素敵な人たちと出会い、中国語もメキメキ上達したので、すごく価値のある時間だったと思います。学費も1学期10数万円で済みました。コスパもよいです。ぜひ、参考にしてみてください。

中国語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました