スポンサーリンク

冷却グッズのおすすめ!首元や夜にもしっかり冷えてクーラーいらず?!

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。夏になると、やっぱり暑いですよね。特に年々暑さが増しているので、冷房の器具はしっかり使って体調を壊さないようにしたいところです。

しかし、冷房の器具というのはどうしても使用するとお金がかかってしまいます。そこで今回はクーラーを使わないで、なるべく涼しげに過ごす電気代の節約方法について紹介します。

スポンサーリンク

暑さは寒さに比べて対策しにくい!

最初にクーラーというのは、暖房に比べて使わないで過ごすのが難しいですよね。冬ならば服を思い切り着込めば寒さを凌ぐことは可能です。一方で暑いときにはどれだけ脱いでも裸になってしまえば、それ以上は脱ぐことはできないので限界があります。

そのため、夏に涼しく過ごそうと思ったときには、服の脱着以上に冷却アイテムの使用が欠かせないのです。

おすすめの冷却アイテム

今回選んだアイテムは寝苦しい夜にも、首元も冷却してくれるものばかりです。ドラッグストアで簡単に購入することもできます。

汗拭きシート

まず、冷却アイテムとして定番なのは汗ふきシートですね。スプレーよりも肌に塗るので冷却の効果が持続します。ただし、汗ふきシートにも種類が色々あって冷却感の感じるものでなければ意味がありません。

女性向けの汗ふきシートは男性向けの汗ふきシートに比べて制汗やニオイを抑える傾向が強いので、冷感を求めるならば男性向けの汗ふきシートを使うべきです。

やっぱり、GATSBYの汗ふきシートは冷感もかなりあっていいです。男性向けの汗ふきシートの中でかなり人気の理由が分かります。冷感に特化しているので、やっぱり機能性はよいです。

冷却ジェル

そして、塗るタイプの冷却ジェルも使うとよいでしょう。少し前でしたら、身体にシャワーのようにバシャバシャ液体をかけることによって涼しさを感じる魔法のアイテムがありました。

私もそれを探して東京のドラックストアを何店舗か廻ってみたのですが、置いてませんでした。今ではジェルタイプが主流なのでしょうか。

ジェルタイプのものは手にとって、日焼け止めを塗るような感覚で全身に塗るだけです。それだけでかなり涼しくなります。大体30分くらいは涼しさが持続すると感じました。

衣類用冷却スプレー

そして、最近流行っているのが服の冷却スプレーです。服にスプレーをすることによって、服を着ている不快感を感じずに、一気に涼しさに変えてくれます。

実はボクは試していません。服から冷却感を感じるくらいならば服を脱いでしまった方がよいのではないかと感じたからです。また、服に冷却スプレーをする物よりも肌に直接冷却スプレーをする方が効果があると感じたからです。それでボクは冷却ジェルを選びました。

氷枕

そして、昔から欠かせないのは氷枕です。さすがに外に氷枕を持って歩くのは厳しいですが、屋内で自宅にいる場合だと大活躍します。別に枕として使用しなくても身体に添えるだけでかなり違います。特に首など動脈を冷やすと変わります。

注意点として、そのまま冷やすのはよくないのでタオルなどをしっかり巻いてから冷やすようにしましょう。

エアコンの設定も29℃で見直す

ボクがやっていて実践もした暑さ対策というのはこれくらいなのですが、それでも耐えきれずにクーラーを使うということはあると思います。でも、クーラーをガンガンに使ってしまったら節約にも何にもなりません。

エアコンの温度を1度下げるだけで500円から1000円くらい変わってくると言われているので、温度は高いほうがいいです。28度くらいが節約にはベストと言われてますね。外との気温差が5℃くらいが体調的にも丁度よいと言われているので納得です。

ボクは29℃でトライしていますが、実際のところ先ほどご紹介した冷却の技を使えば、乗り切れます。笑 特に冷却ジェルでかなり違います。自宅なら最終奥義で裸族になるという手もあります。笑

まとめ

今回はなるべく冷房を使わずに涼しくなる方法をご紹介しました。やっぱり、1年の中で冬と合わせて電気代がかさむ季節です。なんとか抑えて乗り越えたいところが本音です。冷房を使わなくても、あるいは最小限の冷房でも上記の方法なら乗り切れると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました