プライオリティパスは楽天プレミアムカード!旅行好きにはコスパよし

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは、クレジットカードを使っていると思いますが、どういったものを使っていますか。さまざまな特典がクレジットカードについていますが、海外旅行に行く人は必ず持っておきたいカードがあります。それが楽天プレミアムカードです。

今回はこの楽天プレミアムカードについてご紹介したいと思います。

公式サイトによると、学生は契約できません。

楽天カードの最上級版

さて、楽天が発行しているカードといえば普通の楽天カードが有名です。とても簡単に作れて、ポイントがかなり貯まるカードとして絶対1枚は持っておきたいカードの1つです。おそらく、この記事をご覧の方もすでにお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

楽天カードに関してはこちらをご覧になってみてください。

楽天カードの最上級版が楽天プレミアムカードに当たるわけです。年会費として1万円ほどかかってしまうため、年会費無料の楽天カードと比べるとかなり高額です。

でも、この1万円は安すぎるのではないだろうかと思ってしまうほど海外旅行に行く際にはメリットがあります。それでは詳しく解説します。

楽天プレミアムカードのメリット

プライオリティパスがついてくる

大目玉は、プライオリティパスが付くことです。プライオリティパスとは、空港のラウンジに入れるカードのことです。大きく分けて空港のラウンジには2つあって、1つがカード会社のラウンジで保安検査前にあります。もう1つが航空会社のラウンジで保安検査後にあります。

カードラウンジは基本的に混んでて、食事もありません。

一方で航空会社のラウンジはゆったりして食事もあります。プライオリティパスで全ての航空会社のラウンジが利用できるわけではないのですが、多くの国際線が出ている大きな空港でしたらどこかの航空会社のラウンジが使えることができるのです。

ちなみに、羽田空港は使えません。笑

プライオリティパスがあれば食事もシャワーも仮眠も空港内で取れるため、かなり旅の満足度は上がります。たとえば、台湾だと空港内のラウンジで美味しい一流の小籠包を食べることができます。

極端な話、LCCに乗る予定であってもプライオリティパスを持っていればラウンジに入ることができます。ラウンジに入れば食事を取ることができるので、食事がつかないLCCでも無料で食事を楽しむことができるのです。

 

ちなみに、プライオリティパスは楽天プレミアムカードを契約しなくてもプライオリティパス単体で購入することができます。ただし、使い放題の会員だとおよそ4万3000円の年会費を支払わなければなりません。

楽天プレミアムカードだと、年会費1万800円で使い放題なのですからお得なのが分かりますよね。

空港と自宅の間で荷物を運んでくれる

さらに、トラベルコースで契約すれば空港までの移動が楽になります。旅行や出張の際にに出発空港へ、到着空港から自宅などに荷物を年2回無料で届けてくれます。

注意点として関空、成田、羽田、中部の4つの空港しか荷物を配送してくれません。最近福岡空港も国際線に力を入れているので残念ですが、多くの人がこれらの空港で足りるのではないでしょうか。

そして、もう一方の注意点として、荷物の大きさが3辺160cmで重さが30kgまでという制限があります。これは実際には航空会社の預けに持つ制限と被るところがあります。JALだと3辺が203cmですが、ANAだと3辺が157cmまでです。一方でエコノミーだと重さは23kgまでですね。

飛行機の預け荷物の規則にきちんと従っているならば、そこまで気にする必要はないでしょう。

海外旅行保険が自動付帯

さらに海外保険が自動付帯です。

他の楽天カードなどは、自動付帯ではありません。条件の元で保険が効きます。航空券をそのカードで購入したか、空港までの移動手段をカードで支払ったなどです。それを満たしていないと保険が下りないので泣いてしまう人もいますが、楽天プレミアムカードなら持っていれば大丈夫です。

国内海外ともに5000万円まで保証され、さらに楽天プレミアムカードを使って海外で買い物をすれば、その商品が盗難や破損で損害を受けたら300万円まで補償してくれます。

楽天サービスでポイントアップ

ちなみにポイントは楽天市場コースにすると、最大で6倍、トラベルコースで諸々の条件を満たすと最大3倍にもなります。ポイントがザクザク貯まるので、上手に使えば年会費の元が取れそうですね。

まとめ

今回は楽天プレミアムカードについてご紹介しました。海外旅行をするならば絶対持っておきたいカードです。持っているだけで貧乏旅行すらも贅沢な旅行に変えれてしまいます。ぜひ、みなさんもお試しになってみてください。

楽天プレミアムカード