おすすめ!無印の吊るせるポーチが便利すぎて困る!

こんにちは、華山です。みなさんは、日々の生活で物が散らかっていると感じたことはありますか 。きっと片付けに悩んでる人もいるのではないでしょうか。特に化粧品など乱雑に置くと散らかりやすいです。

そこで今回は化粧品などの美容グッズを収納するのにぴったりな無印の吊るせるポーチについてご紹介します。

無印の吊るせるポーチとは

無印の吊るせるポーチとは、ご存知の通り無印良品が作っているアイテムです。無印は元々シンプルでベーシックな家具に強かったのですが、近年旅行用品にも力を入れるようになりました。

この吊るせるポーチは、旅行ユースと日常ユースが混ざり合ったアイテムです。非日常と日常繋がるアイテムです。吊るせるポーチの最大の特徴は、狭い所でも壁掛けにして使えるところです。 旅行先でも普段でも、モノを持ち歩けるとして話題です。

吊るせるポーチのメリット

ちょうどよいサイズ

  それでは早速解説していきましょう。大きさは大体、両手のひらに乗るサイズです。実際にお店で見ると、ちょうどよいぐらいのサイズかなと思うのですが、物を入れてみると小さくて足りない印象です。

実際、入れることができて化粧水2本とヘアワックスひとつぐらいです。美容品を多く持っている人は物足りないのではないでしょうか。でも、これを機会に断捨離できると考えると、ちょうどよいのかもしれません。

逆に家で使うことを考えると、スペースを取らないのでちょうどよい大きさです。トイレや風呂場の壁に簡単にかけることができて、圧迫感もありません。もちろん、旅行でもこのケースをたたんで持っていけば、普段使っている美容品を簡単に 旅先でも使うことができます。

また、旅行でもそうですが棚がないお風呂などに吊るして使うのはとても便利です。

収納ポケットが多い

容量のない代わりに、収納スペースがたくさん付いています。こんなに小さいのに中部分にメッシュのポーチになる部分があったり、リップクリームなどスティック状のものを収納したりするのにちょうどよいスペースもあります。

外側にもポケットが付いているのがポイントです。大きいものは入りませんが、小さいものをきれいに収納するにはもってこいでしょう。

耐久性に優れている

耐久性にも注目しておくべきでしょう。結構しっかりとした作りで、布ですが破れにくいです。とても強度があります。そのため、多少を重たい物を入れたり、ガシガシ使ったりしても大丈夫そうです。

実際に購入してレビュー

ボクも普段使いに使っています。でもボクの場合は2個持っています。1つは化粧品用途で、もう1つはリビングの電化製品の小物を入れる際に使っています。

化粧品用として

1つ目のお化粧品用は主にお風呂場で使っています。化粧水やヘアワックスなど、体を洗う時か 身だしなみを整える際に使う用品が入っています。また、ポーチの方にはカミソリやはさみなど眉毛を切る道具を入れています。

家電や小物入れとして

もう一方のリビングにある電化小物入れは、机の下にぶら下げて使っています。こうすることで、引き出しのない机でも下の部分のスペースを有効活用できます。

この中にティッシュ代わりのトイレットペーパーやボトルガム、それからパソコンの USB ハブなどを入れています。

これでどこでもすぐに行ける

ボクの究極の理想の収納は、パタンと閉じただけで いつでも引っ越せて旅行できる状態です。それにぴったり合うのが、吊るせるポーチだと思っています。

ボクの化粧品もチャックで蓋を閉めて、スーツケースに入れればもうパッキングは完了です。日用品を持ち運び可能にしたのがポーチの最大の魅力ではないでしょうか。

引っ越しをよくする人は珍しいですが、引っ越しの際に収納ケースなどが不要になってしまう場合もあります。しかし、吊るせるポーチは一緒に移動すればいいのでゴミが出ません。 非常にワクワクする収納だと思っています。

まとめ

今回は、無印の吊るせるポーチについてご紹介しました。値段も1600円ぐらいで購入できてしまいます。また、一時期は東京都の無印では欠品が発生するぐらい人気商品でした。 在庫が落ち着いてきたと思うので、この機会にぜひみなさんも試してみてはいかがでしょうか。
さらにコンパクトな吊るせるケースを無印で見てみる