ディプティックのオイエドはゆずのように甘い香水と評判!感想紹介

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは毎日香水をつけて楽しんでいますか。世の中には、さまざまな香水があるので、気分によって香水を変えることは気分転換にもなります。そこで今回はディプティック(Diptyque)のオイエドについてご紹介します。

ディプティック diptyque オイエド オードトワレ EDT ユニセックス 2ml [香水・ミニサイズ]:【メール便対応】

created by Rinker

ディプティックとは

ディプティックとは、フランスの有名フレグランスメーカーです。フレグランスの他にキャンドルやボディミストなど香りに関するものをたくさん作っています。どれも非常に香りがよいことが有名です。

そのディプティックが作った、ゆずの香りがする香水がオイエドです。それでは詳しく見てみましょう。

ゆずの香り

ゆずという果実は日本人にとってとても馴染みが深い果実ではないでしょうか。冬至の時に伝統的な家庭ならば、お風呂にゆずを浮かべることがあると思います。お湯で暖められて、柑橘系の香りがお風呂場に広がる楽しさを感じますよね。

ちなみに、ゆずは奈良時代に中国から朝鮮を渡って日本に伝来されました。それから薬用や調味料の一部として、ゆずはずっと日本人に愛され続けてきました。

そのゆずと同じような感覚にオイエドはさせてくれます。ディプティックはフランスのブランドですが、オイエドつまり大江戸というようにヨーロッパから見た日本の和のイメージはゆずの感じなのでしょう。

 

他のディプティックの香水と違って、オイエドの香りは和の感じが強くて日本人が香りを嗅ぐとどこか懐かしさを感じます。トップにはゆずというよりも、レモンのように酸味のある香りが入っています。それから数時間経って甘いゆずのような香りに変化します。

トップノート:イタリアレモン、グレープフルーツ
ミドルノート:グリーンタンジェリン、フロリダオレンジ
ラストノート:タマリンドタイムシダー

愛用している芸能人

実際に購入してみました。この香水を使われているのは、the GazettEのボーカルであるルキさんです。こちらの香水を使用しているということをInstagramで見ました。そこで私も購入してみようと思うきっかけになりました。

実際の香りの感想

もちろん、Instagramだけではどういった香りなのか分かりません。

私がオイエドの香りを嗅いで感じたのはフーセンガムと水あめのような甘さでした。どこか懐かしいと感じたのは、幼い頃に誰もが口にしただろう、駄菓子屋のフーセンガムのフレーバーです。砂糖が口の中で溶けるような感じですね。

それと水飴を口にした時のしつこくない甘さです。口の中にすっと入って溶けていくように、みずみずしく香る甘さでした。その香りのイメージをディプティックのオイエドとから感じました。

 

実際、オイエドを使ってみると、1年中使えることができる香水だと気づきます。冬にはオイエドの甘さが光りますし、逆に夏になるとその甘さがしつこくないので爽やかに感じてしまいます。

高温多湿の日本でも快適に1年中使える香水がオイエドです。しかも風船ガムのような懐かしい匂いなため、不快に感じる人は少ないです。

まとめ

今回はディプティックのオイエドという香水についてご紹介しました。オイエドは簡単に買うことはできませんが、非常に誰にでも合いやすい香水です。ぜひ、この記事を参考にお試しになってみてはいかがでしょうか。

【送料無料】ディプティック diptyque オイエド オードトワレ EDT ユニセックス 50ml [香水]:【宅急便対応】

created by Rinker

ディプティック オイエド オードトワレ 100ml DIPTYQUE OYEDO EDT [5814]

created by Rinker