スポンサーリンク

おすすめのストリートライブアンプはモバイルキューブで決まり!

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは、アンプやスピーカーが欲しいと思うことはありませんか。ミュージシャンなら音出しに必要ですし、自宅で楽しむオーディオとしても使えます。

そこで今回はストリートライブにぴったりなアンプ、モバイルキューブについてご紹介します。

スポンサーリンク

モバイルキューブとは

さて、モバイルキューブとは音響メーカーで有名なRolandが作成しているアンプです。電子ピアノなど多くの商品がありますよね。そのRolandが今回、持ち運びにぴったりでストリートミュージシャン向きのアンプ、モバイルキューブを発売しました。

モバイルキューブのメリット

それでは商品の紹介です。基本情報的には、2.5W+2.5Wのカスタム・スピーカです。そして、乾電池駆動可能で同様に電源ケーブルでの接続が可能です。

重さが軽い!

この商品のメリットは本当にコンパクトなことです。2.5kgしかありません。他のアンプなどだと、5kgくらいしますね。大きく軽量化したことは評価できます。

電車などで機材を担いで移動するときに、機材の重さが嫌だった人もいると思いますがそれを解決できています。空気のように軽いとまではいきませんが、他のアンプに比べるとかなり軽いので魅力的でしょう。

コンパクト

軽いことの一方で、大きさもコンパクトです。

30×20×10cm程度しかないので、昔の厚いノートパソコンより大きいくらいの大きさです。そのため、持ち運びもカバンなどに入れて歩くことができます。専用のボックスなど購入しないで、ポンっと入れるだけで大丈夫です。もちろん、衝撃には気をつけましょう。

乾電池で駆動できる!

そして、冒頭に紹介したとおりバッテリー駆動です。単三電池で駆動するので、場所を選びません。本当に思い立ったところでライブが可能なため、重宝するでしょう。一方で電源が確保できるところではコンセントから給電することも可能です。電池も消耗しないのでよいです。

ただし、ケーブルは別売りです。

楽器も繋げて、カラオケとしても使える!

そして、入力も多彩です。マイクやキーボード、ギターはもちろんMP3プレーヤーなど幅広い機種で利用可能です。弾き語り演奏にぴったりな仕様になっています。

また、センターキャンセル機能がついているのもポイントです。真ん中の音が消えるので、ボーカルの音が消えることになります。どんな曲でもあっという間にカラオケに早変わりするのです。

デメリットは?

ここまで、メリットを語ってきましたが一方でデメリットもあります。それは音が小さいことです。静かな場所で音声チェックをしてみると、全然そんなことは思いませんが、人通りの多いところなどで使ってみると音が聞こえないと言われます。やはり、大きいアンプに音量は負けます。

その場合の対策としては、あまり人の多すぎる場所で演奏しないことが1つと、下に三脚をつけられるので、人の耳の高さ辺りにスピーカーの高さを上げてあげると聞こえやすくなります。これで少しは音の大きさが改善できるはずです。

スピーカーとしても使える!

番外編の使い方をご紹介します。こうしたアンプ類は家にあるときには無用の長物になってしまうのではないでしょうか。音楽用品としてつかなければ邪魔ですよね。しかし、この商品は楽器を使わない人でもスピーカーとして有効活用できます。

ラインケーブルでつなぐだけで、迫力のあるスピーカーに早変わりです。音も低音をブーストするなど好みにカスタマイズできます。そう考えれば有能ですよね。

ちなみに、レシーバを購入すればBluetoothのスピーカーに早変わりすることもできます。完璧ですね。

まとめ

今回はコンパクトアンプとしてモバイルキューブをご紹介しました。本当に小さくて軽いので外でのライブにぴったりなアンプです。また、家でもスピーカーとして活躍できます。ぜひ、みなさんも参考にしてみてください。

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました