ミニマリストはお金持ち?管理方法や使い道をご紹介

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中にはミニマリストのお金事情が気になる方もいると思います。そこで今回はミニマリストのお金事情、管理方法やお金の使い道やお金は貯まるのかというテーマで記事をお届けします。

結論:貯金はできる

結論からいうと、ミニマリストになればお金は貯まります。なぜなら、不必要なことにお金をかけなくなるからです。当たり前ですよね。ミニマリストは、不必要なものを徹底的に断捨離する人たちなのでその分お金が浮きます。

なぜ貯金ができるのか

たとえば、今まで洋服にお金を使っていたことを後悔して辞めてみたらその分お金が浮きます。物の断捨離だけでなく、事の断捨離でも一緒です。今まで行っていた飲み会の回数を減らすことも立派な断捨離です。

そうすれば、3000円以上は浮きます。節約と似たようなところがあって、これを極限まで突き詰めていくのがミニマリストです。

一方で、ミニマリストはお金がかかるという意見もあります。これはどういうことかというと、ミニマリストは物を買う回数が少ないのでその分、よい物を買おうとしてしまいます。自分に合った究極の一品にこだわってしまって結局のところ大金を払ってしまうというケースもあります。

たとえば、タオル1枚に1万円かけているミニマリストもいるそうです。こうなってしまうのをミニマリストの副作用と呼んでいます。誰もがこうなるわけではありませんが、少しばかり一級品にお金をかけてしまうというリスクも含んでいます。

ミニマリストのお金管理術

基本はキャッシュレス

では、ミニマリストたちはお金の管理をどうしているのでしょうか。基本的にミニマリストはキャッシュレス生活です。大きな財布を持ち運ぶのが嫌な人が増えているので基本的にモバイルSuicaなんかを使っている人が多いでしょう。あとはクレジットカードです。

それでキャッシュレスのメリットは何かというと、お金の管理が圧倒的にしやすくなります。スマホの家計簿アプリと連携すれば自動的に家計簿がつきます。

いつどこで何を買ったかスマホを見れば分かるので、圧倒的に簡単です。手動で家計簿をつける必要もありません。ちなみに、クレジットカードを複数枚持っていたり○○Payというようなアプリを複数持ってたりしても安心です。家計簿アプリなら一括で管理できて、全部の合計金額をすぐに把握できます。

ちなみに現金しか使えないお店も当然あります。そうした時には当然現金を持ち歩くわけですが、基本的に1万円以上入れないようにしています。引き出す時は9,000円が個人的に多いです。なぜなら1,000円札から崩して使いやすいからです。

関連記事

みなさん、こんにちは!華山です。みなさんはお金の管理をどうしていますか。お金の管理はとても大変です。毎月家計簿をつけようと思っても手作業ではやってられないほど時間がかかります。 そこで今回はとても便利なおすすめ家計簿アプリをマネーフォ[…]

どうやって節約しているのか

具体的にどうやって節約してお金を貯めていくのかというと、まずは固定費の見直しです。1人暮らしの人はチャンスです。思い切って4.5畳の部屋に住みましょう。1回住めば、部屋が狭くても何も気にならなくなりますし、自分に本当に必要な物が見極められます。

定額で全部コミコミ/家具家電付サービス「OYO」

あとは、通信費ですね。ここはかなり簡単なところなので実践したいです。格安SIMを使うのは基本です。ちなみに弊サイトではLINEモバイルとFUJI WIFIという神のようなコスパを実現した業者で契約中です。

関連記事

どうも、華山です。今回は月額最低料金でスマホを持つ方法をご紹介したいと思います。世の中にある月額最低料金でスマホを持つ方法には様々なカラクリがあります。もちろん、この方法もあるカラクリを使って、安くスマホを使用することができます。それでは早[…]

ミニマリストは何にお金を使うか

あと、よく聞く疑問としてはミニマリストは何にお金を使っているのということです。答えは自分の好きなものに使っています。物にお金をかけるより、経験にお金をかけている人の方が多いです。

たとえば、旅行などです。月に1,2万自由に使えれば、そのお金でLCCに乗ってどこかに行けます。

あとは、自分の好きな趣味にお金をかけている人もいますね。ミニマリストと矛盾するようですが、どうしても断捨離できなかった物ってあると思います。たとえば、カメラやギターです。そういったものに投資している人が多いですね。投資という表現も重要です。

まとめ

今回は、ミニマリストのお金事情、管理方法やお金の使い道や貯まるのかというテーマで書きました。何かを辞めればなくても大丈夫ということに気がつきますし、お金も貯まります。

ぜひ、参考にしてみてください。