ミニマリストの部屋を大公開!一人暮らしワンルームでも断捨離すれば天国

みなさん、こんにちは。ミニマリストの華山です。みなさんの中にはミニマリストになりたいと憧れを持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ミニマリストであるボクが部屋には何があるのかご紹介したいと思います。

部屋が狭いほど人はミニマリストになれる

最初にミニマリストになるポイントでもあるのですが、部屋は狭い方がいいです。狭ければ狭いほどよいというと、さすがに1畳では生活が難しいと思うので1人暮らしなら4畳半くらいがちょうどよいと思います。

なぜかというと、部屋が狭いほど余分な物を置かなくなるからです。部屋が広いとつい、ベッドを置いたりソファを置いたりしてしまいがちですが、それは部屋のスペースが広いからこそできることです。

反対に、スペースが広いとソファなどを置かなければならないと思ってしまって、そのための費用もかかってしまいます。もうすでに持ち家がある方などは、自分の部屋を少し狭めてみることから始めるとよいでしょう。慣れてきたら、広い部屋の余白を楽しむ気持ちでいるといいです。

部屋が狭くても大丈夫なメリット

それでミニマリストになれば、余計な物のためのスペースも必要がなくて狭い部屋で十分ということになりますが、それで得られるメリットは何でしょうか。

ボクが考える答えは、どこでも暮らすことができるということです。田舎なら土地がたくさんあるため、どこにでも住むことができます。しかし、その一方で東京など大都会になると土地があまりありません。それでも広いところに住もうと思ったら高い土地代を払わなければなりません。

いかし、狭くても生活できれば、小さな部屋でも困りません。必要な物さえ置ければ、あとは自由な空間が生まれます。事実、ミニマリスト向けの物件が増えています。山手線にとても近いのに、部屋が狭いため家賃が激安という物件です。
こうしたところに住めば、都会でも家賃を抑え通勤や通学の時間や交通費を削ることもできて人生が豊かになります。ひとり暮らしをしている若い人たちにとっていい事だらけです。

ミニマリストの部屋紹介

それでは、ボクの部屋の紹介です。ボクの家は上記で紹介したミニマリスト向けの物件です。広さがおよそ5.5畳で家賃がおよそ5万円です。山手線も歩いて乗ることができる範囲の立地にあります。

広さ

いわゆるワンルームで、部屋が1つと廊下兼キッチン、バストイレがあるという感じです。

広さを簡単にいうと、ベッドやソファを置くスペースは全くありません。置けないことはないですが、邪魔になるレベルです。そのため、ボクはささっさと手放して買い取ってもらいました。

家具はほぼゼロ

ボクが常時置いているのは机と椅子、それから掃除ロボットです。ちなみに3つともすぐに片付けることが可能です。まとめてクローゼットに収納可能なので、そこまで場所も取っていません。ただ、使う頻度が多いので出しているだけです。

画像は片付けた状態ですね。

関連記事

みなさん、こんにちは。日々の家事を頑張っていますか。今回は、毎日の家事を豊かにしてくれるeufy RoboVac 11の記事をお届けします。 [itemlink post_id="1907"] eufy RoboVac 11 eu[…]

もし、これを収納すれば来客がたくさん来た時用のスペースになります。

基本的に物はこれだけしか置いていません。厳密にいえば、Apple TVやコンセントもありますが、これは目立たないように隠しています。

これだけは捨てられない物あり

一方で、ウチにしかないものがあります。それが防音室です。簡易的な防音室ですが、バンドマンという職業上、作曲すると時にレコーディングブースが欲しいと思って導入しました。

関連記事

みなさん、こんにちは。華山です。 今住まれている部屋で歌を歌ったり、楽器を弾いたりしてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ただ、マンションやアパートで音を出す場合、どうしても気になるのが騒音トラブルです。気をつけなければなりません[…]

ちなみに、夜中の練習でもサイレントピックを使ってアコギをこの中で弾けば十分に音が漏れません。

普通の人にとって邪魔でしかないですが、ボクにとって欠かせない物がこれでした。不要な物ならば捨てるべきですが、ボクにとって重要なモノが防音室でした。だからみなさんも本当に大事な物だけ厳選して残すとよいと思います。

まとめ

今回はミニマリストの部屋ということで、部屋に何があるのかご紹介しました。抜き打ちで家に来られてもある物は3つだけです。場合によってはその3つを30秒もあれば全て収納することも可能です。超ミニマムです。

ぜひ、みなさんも参考にしてみてください。