スポンサーリンク

USB3.0対応のMicro SDリーダーはELECOMがおすすめ!

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。スマートフォンを使っていると、容量が足りなくて困った思いをしたことはありませんか。動画や写真を多く撮ると必然的に容量を圧迫してしまいます。4Kなど特にですよね。

そこで今回は、スマホなどにもつけられるMicro SDのUSBリーダについてご紹介したいと思います。

今回は実機で試したのはAndroid端末(Mi Mix 2S)です。
スポンサーリンク

大容量Micro SDがあれば容量不足を解決できる!

動画や写真、音楽を端末に保存することによって内部のストレージを圧迫していることは間違いありません。

そこでMicro SDがあれば、解決できます。近年では256GBや512GBなど、HDDと変わらない容量のMicro SDカードも安価に販売されています。これを使って、大容量化すればストレージに困ることはありません。

しかし、近年のスマートフォンは重さを軽くするためなのかMicro SDは中に差し込むことができない端末も多いです。そこでUSBでつなぐことのできるリーダーが活躍します。

Micro SDリーダーのメリット

Micro SDリーダーが活躍するのは、ストレージ不足を解決するためではなくカメラなどのデータを見るときにも役に立ちます。たとえば、最近ではOSMO POCKETなどのカメラが登場していて誰でも気軽に撮影可能です。

でも、撮った映像を確認するにはカメラとスマホをケーブルなどで繋がないといけないのが一般的です。やや、めんどくさいですし繋ぐとスマホとカメラ両方のバッテリーを消費します。Micro SDリーダーだとスマホの内部ストレージにアクセスする感覚で使えます。

Micro SDリーダーの選び方

ではどういったMicro SDリーダーがよいのかというと、できるだけコンパクトなものです。もちろん、パソコンでMicro SDなどのデータにアクセスしようと思ったらきちんとしたリーダーを使ったほうがいいです。

しかし、外出先でリーダーを使おうと思ったら持ち運びの負担も考えると、できるだけ邪魔にならないコンパクトな大きさが1番です。

極小リーダを選ぶこと!

おすすめのMicro SDリーダー

その条件にあった極小で最小のリーダーがELECOMのMicro SDリーダーです。大きさは小指の第1関節くらいです。フラッシュメモリよりも小さいくらいの大きさです。紛失してしまいそうなくらい小さいことがお分かり頂けるはずです。

それくらい小さいのでカバンの隅に忍ばせておけば、いつでも取り出して使うことができます。本当に便利です。

たとえば、有名な高城剛さんなんかはこの極小USBリーダーを活用しています。200GBのMicro SDを10枚持ち歩いてHDD化しているようです。リーダーを含めてポケットの中に2TBのHDDが作れる時代になったのは恐ろしいことです。

このリーダーがあれば、パソコンのUSBリーダーだって減らせます。持ち歩く時に邪魔になりません。

これさえあれば高速通信のHDDが持ち運べる!

USB3.0とUSB2.0の違い

また、USBリーダーを選ぶときに重要なのは読み込みと書き込みの速さですよね。速ければ速いほどいいですが、このELECOMのUSBは速さもバッチリです。USB3.0という企画に対応しています。USB3.0とは、簡単に言うと高速通信ができるということです。

USB2.0よりも10倍以上の速さが出ます。USB2.0は480Mbpsという速さですが、USB3.0は5,000Mbpsです。たとえば、動画ファイルなんかは数ギガすると思いますが、それを一瞬にして転送してくれます。大容量のファイルをやり取りする時にかなり役に立ちます。

もし、みなさんの中にUSB2.0のリーダーを使っている人がいたとするならこの3.0のリーダーを使ってみると感動するでしょう。それくらい違いが出ます。外出先でカメラから撮った動画ファイルを移動させるのにかなり時間の節約になります。

ちなみに、USB3.0はケーブルの端子が青くなっているので見分けるのも簡単です。

購入時にはUSB3.0対応を絶対選ぶべし!

実際に使ってみた感想

よかったところ

実際にボクも3ヶ月程度このUSBリーダーを使っています。メインで使っているのはSPD社の256GB Micro SDです。これだけ大容量だと、当然扱うファイルのサイズも大きくなります。書き込みや読み込みが速くなければなりません。

でもELECOMのUSBリーダーなら、速度も抜群で全く困りませんし、小さいので荷物にもならずに満足しています。スマホの容量が足りないと思ったらスマホにこれをつないで容量を簡単に確保可能です。

悪かったところ

使って残念だったのは、Micro SDを挿しっぱなしにできないところです。もちろん不可能ではないですが、SDカードの部分が少し出っ張ってしまい、入れたまま持ち運ぶのは少し厳しいです。この設計と、ストラップが使えれば紛失防止になるのになと感じました。

それでも概ね満足しています。ちなみに同じサイズでBUFFALOからも似た商品が販売されていて、そちらだとストラップホールがついているようですが、カードが抜きにくいという口コミがあったのでELECOMを選びました。

まとめ

今回は極小のMicro SDリーダーということで、ELECOMのリーダーをご紹介しました。ストラップなど細かな改善点はありますが、性能面では全く文句はありません。満足しています。

荷物にならないMicro SDリーダーを探している方はぜひ、こちらの商品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました