セルフOK!青や赤、紫など髪を派手色にできるマニックパニックの染め方

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には、派手な色の髪にしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は髪を染めるのにぴったりなマニックパニックについてご紹介します。

髪を染める時どうしてる?

さて、みなさんは髪を派手な色にしたいと考えている時はどうやっていますか。いろいろな方法があると思います。エクステをつけたり、ちょっとでいいならスプレーを使ったりなどあります。

しかし、美容院でやってもらうならまだしも、自分でやったら綺麗に染まらないことも十分にあり得ます。

そこで活躍するのがマニックパニックです。

マニックパニックとは

マニックパニックとは、アメリカのカラー剤です。1977年からニューヨークでやっていて、結構長い歴史があります。日本で売っているカラー剤に比べて、欧米人向けのカラー剤なので成分が強いことが特徴的です。

発祥したルーツがパンクロックです。パンクといえば、派手な髪がトレードマークなのでそれに見合った強力なカラー剤ということですよね。

実際に使用して使い方をご紹介

ボクも実際に購入して、使用してみたので使い方を合わせてレビューします。

必要なもの

まず、必要なものはや5つです。

  1. ゴム手袋
  2. コーム
  3. 髪留め
  4. サランラップ
  5. マニックパニック

本当に強力なので手についてしまうと1週間くらい残ります。勢いでやってしまったら絶対に後悔するので、ゴム手袋をして完全なる防御に努めましょう。続いて、コームですがこれは当たり前ですね。マニックパニックを塗ったところが満遍なくなるようにしっかりと整えてあげましょう。

髪留めも重要です。部分染めの時は必須です。また、皮膚についても落ちないので気をつけるようにしましょう。サランラップは、よく染めるために必須です。髪を包むことで暖まって発色も豊かになります。マニックパニックは当然ですね。

使い方

では、最初です。いきなりですが、ブリーチしましょう。ホワイトブリーチを使って髪を白くします。市販のブリーチ剤では、綺麗に色が落ちないのでこのブリーチ剤がおすすめです。

created by Rinker
ワイエス パーク プロフェッショナル

それで一旦シャワーで髪の毛を濡らしてあげます。ここでゴミやホコリを取り除きましょう。それが終わればタオルで髪の毛を拭きます。

そして、いよいよマニックパニックを塗り始める前にハンドクリームをおでこや手に塗っておくこことをおすすめします。なぜかというと、もし肌に付着した時に簡単に落ちやすくなるからです。ある種のコーティングですね。

それでゴム手袋をはめて、マニックパニックを塗っていきます。10分位で塗り終えましょう。部分染めの場合だとそこまで時間は必要ないです。ササッと塗り上げてしまうのがポイントです。

塗り終わったら発色の効果を高めるためにサランラップをぐるっと頭に巻きましょう。そして、ドライヤーで温めてあげるとより一層効果があります。30分くらい経ったらお湯で洗い流しましょう。それでしっかりとタオルドライしてあげれば完成です。

ちなみにこのマニックパニックは、シャンプーする度にどんどん落ちていくので、その都度少しずつ塗り直せば色落ちしにくいとも言われています。

おすすめのマニックパニックカラー

最後におすすめのマニックパニックをご紹介します。ズバリ、赤系と青系がいいでしょう。比較的人気の色で、発色も割と綺麗に決まります。初心者でもおすすめの色です。

また、白色の金髪にしたいときはライラックという紫の色を入れると日本人にとってちょうどいい白色になります。黄ばみを綺麗に飛ばせます。

注意点

一方で注意してほしいのは黒染めです。マニックパニックを使って黒染めをしたいという人も多いかもしれませんが、使ってはいけません。ソースはボクです。

マニックパニックにはレイバンという黒に近い色があります。実はこの色、黒ではなくて緑を限りなく濃くしたものです。そのため、入れ物に入っているときは黒く見えても実際に染めて太陽の光に当てると緑に見えます。まるでゾロです。マリモです。

就活やバイトのために黒染めということで、マニックパニックはやめましょう。後悔します。

まとめ

今回はマニックパニックについてご紹介しました。マニックパニックは手に入れやすく、派手な髪色にするなら欠かせないアイテムです。

ぜひ、この記事を参考にしてマニックパニックを購入してみてはいかがでしょうか。