スポンサーリンク

ミニマリストはこのプロジェクター!「LSPX P-1」レビュー

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

さあ、今回もモノのレビューをやっていきます。今回ご紹介するのはミニマリストにぴったりの 「LSPX P-1」 というプロジェクターです。

こちらは 2016年の2月13日に、ソニーから発売されたプロジェクターです。世の中には色々なプロジェクターがありますが、こちらのプロジェクターは秀でています。それではご紹介しましょう。

スポンサーリンク

コンパクトな大きさ!

普通プロジェクターと聞いたら、イメージするのは会議室にあるようなテーブルの上に置いて準備したスクリーンに映像を投影するものですよね。しかし、このプロジェクターはその常識を壊してくれます。

まず、デザインを見ていただければ、とてもコンパクトなのに気づきます。こんな小さい本体なら、小さい画面しか映らないのじゃないのと思った、そこのあなた!間違えています。笑

30cmほど壁から離すだけで、80インチの大画面になります。それなのに本体の大きさは81×131×131mmなのでとてもコンパクトで持ち運びにも便利です。ミニマリズムに最適ですね。 しかも重さが930gなので1 kg 以下です。

壁にも床にも映せる!

しかもこのプロジェクターはスクリーンを必要としません。壁があれば簡単に映像を投影することができます。さらに、壁だけではなく、床にも映像を投影できるのです。

たとえば、白い画用紙をプロジェクターの下に敷いて、プロジェクターの光の方向を下に向けるとその画用紙に映像が映し出されます。

画用紙に映像を映しながらお絵かきをしたり、ちょっとした説明を画用紙でプレゼンできたりします。夢の広がるプロジェクターの使い方ですね。使い方を考えるだけでも楽しいです。

写真は床に映してみた感じ。

部屋のインテリアにもなる

また、面白いのが疑似的に部屋のデザインを変えられることです。壁に投影可能なため、白い壁に景色を映して模様替えを簡単にすることができます。インテリアとしての機能も兼ね備えています。

ちなみに白い壁に時計の映像を投影すれば、おしゃれ時計のある空間に生まれ変わります。

しかし、ボクはこの機能を使っていません。ご存知の方もいるかもしれませんが、プロジェクターのレンズには寿命があり、ある期間使うと映像が映らなくなります。

常に壁紙や時計を映しておくと、LSPX P-1の寿命を減らしてしまうので、個人的には使用していません。たまに気分転換程度に壁に映すくらいが丁度よいです。

明るいところで映すとこんな感じ。ほんのり見えて近未来感が出ます。

床に直置き可能!

しかも普通のプロジェクターのように高い位置から投影する必要がありません。普通のプロジェクターは地面から1mぐらいのところに三脚や台を使って固定をしますが、このプロジェクターは地面にそのまま置くだけで、大画面を映せます。

実はこのプロジェクターを使う前、Amazonで1万円ぐらいの格安プロジェクターを使っていました。三脚を使ってプロジェクターを1mぐらいの高さに固定して使っていました。

LSPX P-1に変えたことによって、プロジェクター本体もすっきりコンパクトになり、三脚も断捨離できてとても部屋が広々しました!しかも、バッテリー駆動なので使うときにケーブルも視界に入りません。

肝心の画質は…良すぎ

前にボクが使っていた1万円のプロジェクターはフルHD画質だったのですが、比較してみると明らかにLSPX P-1の方が画質が綺麗です。笑

LSPX P-1のほうが、キメ細かく映像を映し出しているため、ディスプレイみたいになめらかです。我が家の壁は真っ白な壁ではなく、デコボコのある壁なのですが、それでも鮮明に綺麗です。

本体1つで使えない

そんなLSPXですが、注意すべき点もあります。このプロジェクターのみでは何もできないということです。

たとえば、このプロジェクターを使用して大画面でYouTube などを見ようとするときは、LSPXと同じ大きさくらいの付属のHDMI ユニットを使って、そこにApple TVやChromecast などをつないでプロジェクターに投影する必要があります。

そのため、このプロジェクターさえあれば、何でもできると思っている人は 少し考えてみるべきです。

ボク個人の使い方は、プロジェクターは普段収納しています。使う時だけ出します。でも、HDMI ユニットとApple TV につなげたままです。実はこの2つをカーテンレールの上に置いて、目立たないように隠しています。

まとめ:とりあえず買うべき!

SONY(ソニー) LSPX-P1 バッテリー内蔵のポータブル超短焦点プロジェクター

created by Rinker

個人的にメインで使っているのは、Apple TVからAmazon のprime videoを投影することです。よく、海外ドラマを見てます。

この機種は発売から数年が経ち、新品でもう7~8万円で買えるくらいの値段になっています。今が買い時です。もう1つワンランク上のモデルもありますが、こちらは価格が7桁です。アホです。買うべきではないでしょう。

ミニマリズムを極めたい方、かっこいいプロジェクターを探している方、テレビを断捨離したい方、この機会にぜひご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました