台北のアウトレット!超大穴馬!LEECOがアクセス抜群!行き方も紹介

みなさん、こんにちは。 海外旅行に行くと、せっかくだから買い物をたくさんしたいですよね。特に海外だと、日本で買えるものであっても安くお得にゲットできてしまいます。海外のアウトレットショップなんかは熱いですよね。

そこで今回は、台湾の台北にあるアウトレット禮客(レッコ)をご紹介したいと思います。

台北にあるアウトレットは3つ

台北にあるアウトレットは3つです。1つは台北の隣の町である、桃園というところにあります。日本でいう東京の隣の千葉県みたいなところです。 そこにアウトレットモールがあって、台湾の現地人から人気です。

台北市の郊外にもアウトレットがあります。これも東京でたとえると、八王子みたいなところですね。このアウトレットは三井アウトレットパークなので、日本にあるアウトレットそっくりな外観です。売っている品物も日本と似ているので、同じものが安く買えるチャンスです。

この2つが特にアウトレットでは有名ですが、もう1つ、この記事で取り上げるアウトレットは台北の超アクセスがいいところにあるアウトレットです。それにも関わらず、あまり知られてないので知っておく価値ありです。

禮客というアウトレットが熱い!

行き方!バスかタクシーがベスト

禮客(レッコ)というアウトレットです。台北の內湖という場所にあります。台北の地図でいうと、右上ですね。松山空港の近くですが川を渡らないといけません。

空港の目と鼻の先ですが、近くに地下鉄が走っていません。そういった意味では本当の穴場になるのかもしれません。でも、バスでタクシーを使えば簡単に行けます。ボクの場合は、空港の近くで自転車を借りて、徒歩と併用してアウトレットまで行きました。

    • バスは新湖三路口で降りましょう!主要駅からこの路線バスに乗ってください。
  • 552 (捷運 / 市政府 站)
  • 小2 ‧小2(副線) (捷運 / 市政府 站)
  • 63 (捷運 / 中山國中‧台北車站 站)
  • 棕1 (捷運 / 中山國中 站)
  • 204 (捷運 / 忠孝敦化‧忠孝復興‧國父紀念館 站)
  • 518 (捷運 / 雙連 站)
  • 藍7 (捷運 / 市政府 站)

どんなところなの?

   さて、アウトレットではどういった感じのものが売っているのかというと、外資系のブランドが目立ちます。いわゆるバッグやファッションアイテムが安く購入できます。ブランドで言うとノースフェイスなどスポーツ系のブランドが多いように感じます。

ただ、3割引から5割引になっているのでお買い得感は強いでしょう。個人的にはTUMIのアウトレットもあるのでビジネスバッグが欲しい時はそちらに行ったりもします。

他のアウトレットとここが違う

他のアウトレットパークは広大な土地に噴水などがあるイメージですが、このアウトレットはビルになっています。6階建てのビルの中に、さまざまなブランド品のアウトレットが売られているような感じです。しかも中は綺麗なので 普通のショッピングセンターと同じように楽しむことができます。

また、近くには台湾のテレビ局もあるので台湾のメディア関係に興味がある方はそちらも行ってみると面白いでしょう。

公館にも別館がある!でも小さい

レッコは公館という場所にもあります。これは台湾大学や台湾師範大学などが立ち並ぶ、学生街の近くです。

そのため、もともと安い価格で多くの物が手に入るような立地です。その中でも、きちんとしたブランド品が売られているアウトレットとして現地の人からも人気があります。

ボクは公館店には行ったことないのですが、こじんまりとした印象です。ブランドの数も內湖のお店でお比べて1/3程度なので、あまりぐるぐるお店を見ても楽しくないかもしれません。

やっぱり內湖まで行くべし!

アウトレットの雰囲気だけを楽しみたい方はこちらでもいいと思います。地下鉄も走っているので、 アクセスはこちらの方がよいでしょう。ただし、どうせ行くのならば內湖のアウトレットをおすすめします。向こうだと、帰り道に松山の夜市に寄れるのもポイントですよね。

まとめ

今回は台北のアウトレットをご紹介しました。台北には3つアウトレットがあって、1つが日系のアウトレットです。しかし、レッコという第3のアウトレットの刺客が穴場なのです。

あまりガイドブックにも載っていませんし、みんな注目するのが三井のアウトレットパークです。 ぜひ、この機会に台北のアウトレットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

    • 営業時間
  • 月曜から木曜11:00-21:30
  • 金曜と祝日前11:00-22:00
  • 土日祝日11:00-22:00

今すぐExpediaで台湾行きのチケットの最安値を見る