レザー用品の手入れ方法!頻度、おすすめのクリームやオイルを紹介

みなさん、こんにちは。華山です。日々のおしゃれを楽しんでいますか。日々のオシャレアイテムといえば、コーディネートにも応用しやすいレザージャケットです。

でも、レザージャケットってお手入れに困ることはありませんか。そこで今回は、レザー用品の手入れ方法についてご紹介したいと思います。

レザー日用品に使われる

さて、レザー用品は身の回りにレザージャケットだけでなく、さまざまなアイテムの素材として使われています。たとえば、レザーのカバンやレザーの財布など挙げればキリがないです。小物から衣類まで幅広く使用される素材がレザーです。

それほど、生活に密着しているなら当然毎日使うものが多いと思いますし、お手入れの方法も知っておくべきです。

お手入れに必要なもの

基本的には、ジャケットや財布などアイテム自体は違いますがお手入れの方法は一緒です。今回はボクも実践しているお手入れの方法とアイテムを一緒にご紹介します。

まず、必要なものはぶっちゃけ汚れ落としとミンクオイルのみです。

コロニル 1909 レザークリーム(汚れ落とし)

created by Rinker

【送料無料・返品交換不可】COLUNBUS コロンブス ミンクオイルクリーム 瓶タイプ 使いやすい 革製品お手入れ 45g コロンブス 靴 革靴 普通郵便 sale

created by Rinker

実際の手入れ方法

レザークリームで汚れを落とす

たとえば、こちらのレザージャケットを例に見ていきます。まず、レザージャケットについているホコリやゴミなどを払います。目に見える大きさのもの全てです。手で取り除いてもいいですし、布なので取り除いてあげてもいいです。

そして、目に見える大きさのゴミがなくなったところでいよいよ汚れ落としのクリームを使っていきます。使うアイテムはこういった革の汚れ落としなどと書いてあるアイテムです。これをスポンジなどにとって、あとはレザー用品全体を優しく拭ってあげます。

古着などの布にクリームを出して使用することもできますが、スポンジのほうが汚れを取りやすいです。

こうすることによって、布だけで取り切れなかった小さな汚れを綺麗に落とすことができます。できるだけまんべんなくやってあげましょう。

ミンクオイルで汚れ対策

そして、一通り終わったら次はオイルを塗ります。レザーは基本的に水に弱いので、水に強くなったり、革に栄養を与えたりする役割があります。あまりに塗りすぎると、ベトベトになってしまいますので、適度な量を意識しながらまんべんなく塗ってあげましょう。

大体、全体に塗り終わると驚くほど艶が出ていると思います。レザーのよさが引き立たされますね。

日焼け止めなどのスプレーという応用も

そして、それも終わったら応用編です。もし、レザーの日焼けや日光によるダメージがかなり気になると考えている人は日焼け止めを塗ってあげましょう。ただし、日焼け止めといっても、もちろん肌に塗るような日焼け止めではなく衣類用の日焼け止めです。

この日焼け止めは多くの場合、塗るタイプではなくスプレータイプで吹きかけるようになっています。使い方はとても簡単で、数十センチ離したところから衣類に向かってスプレーをするだけです。

たとえば、ジャケットに対して日焼け対策をしたい場合だったらハンガーなどにジャケットを吊るしてスプレーを吹きかけるだけです。ただ、屋内で使用すると身体に悪いので屋外で使用するようにしましょう。

 

また、この日焼け止めスプレーは一般的に布用として売られているため、繊維素材に対して使用します。

レザーに対して使うのは保証の専門外なのであくまでも自己責任で行うようにしましょう。

ちなみに、ボクは防汚れ対策として同じような感じでコロンブスの防水スプレーを使っています。紫外線防止ではありませんが、汚れなどがつきにくいようコーティングしてくれるので重宝しています。

コロンブス アメダス 2000

created by Rinker

まとめ

今回はレザー用品のお手入れの仕方として、汚れの取り方とそれに役に立つアイテムなどをご紹介しました。やはり、よく着るものであってもそれなりに汚れはつくので、手入れが欠かせません。

理想は週に1回、習慣的に掃除してあげることですが難しいと思うので、月1回お手入れの日を設けてみてはいかがでしょうか。きっとお持ちのレザー製品の輝きが変わると思います。