口内炎を早く治す方法!トラフルがおすすめ!

みなさん、こんにちは!華山です。みなさんはちょっとした病気にかかってしまうことはありませんか。難病ではなく日常生活に支障はきたさないけど、厄介な病気です。

特に口内炎ってそうですよね。物を食べるときに痛みます。そこで今回は口内炎の治し方や原因をご紹介します。

口内炎のできやすい体質

さて、口内炎はできない人と、できる人でくっきり別れます。できない人は「はあ?何それ」という感じですが、できる人にとっては死活問題です。何かやたらとできますよね。

この文章を書いているボクも、口内炎ができやすい体質で、できる度に頭を悩まされてきました。何か飲んだだけで染みますし、何もしなくても痛む時もあります。

でもその都度治してきたので、治し方を一応シェアしておきます。

口内炎の予防も大切

まず、口内炎ができる前に防ぎましょう。

ストレス

口内炎ができる原因はストレスが多いです。ストレスが溜まっていると、健康面での害がたくさん出ると言いますが、害の出方は人それぞれです。

口内炎で悩んでいる人は、ストレスが口内炎に出やすい体質だと思います。ちょっと、メンタル的な話にもなってきますが、他人から「ストレスなさそう」と言われても本人が気づかないくらい意外と溜まっているものです。

だからまず、ストレスを溜め込まないようにしましょう。きっと、悩みが原因でストレスになっていると思います。職場たや学校の環境が辛かったり、自分の将来が不安だったりとさまざまです。

そういったときはできるだけ、その悩みを浄化して他人に話すなり、ネットに書き込むなりして無くしてしまいましょう。一瞬でもいいので、笑顔になれる環境を作ることが大切です。

口内の傷

その他の原因として考えられるのが、口内の傷です。でも、傷がいくつもあれば別ですが、よくできる人にとってはあまり関係ないです。それかビタミン不足か、睡眠不足などの過労という線も濃厚です。ストレスに近いものですね。

では、口内炎を治したり、予防したりするにはどうしたらいいのかと言うと、まずビタミンを取ることが先決です。

まず、代謝ビタミンと呼ばれて全身の肌や粘膜を守る働きのあるビタミンBを取りましょう。ちなみに既に口内炎ができてしまった場合、治療することになりますが、そのときにはビタミンB2がよく効きます。

風邪予防も合わせて考えているならば、ビタミンAです。免疫が高まります。そして、同じような感じで全身の免疫力を高めたいのならば、鉄や亜鉛などを摂取することで抵抗力がアップします。こういったものをサプリメントなどで、補うと効果があります。

ボクの場合は普段から口内炎の対策をしていません。本当は対策をしたほうが、免疫力も上がって口内炎ができにくくなるのですが、やっぱりズボラなためそこまで毎日ケアができません。

できてから治す方法

結局のところ、口内炎が発症してから対策を取るしかないのです。ボクがいつも使っているのは、第一三共ヘルスケアが出しているトラフル錠です。飲むタイプの治療薬です。

詳しい効果などは、公式のホームページやショッピングのページを参考にしてください。ここでっ説明すると、いろいろ薬事法などの問題が絡んできますので、黙っておきます。

その代わりに使ってみた感想をお伝えします。飲むと結構治りが早い気がします。抗炎症の成分も入っているので、なかなか効きはいいです。苦かったり、まずかったりしないので、比較的飲みやすいのではないかなと思います。

まとめ

今回は口内炎ができる原因と、治し方をご紹介しました。本当に口内炎は小さな病気ではありますが、地味に辛い病気の1つです。この記事を読んで、口内炎でお悩みの方のためになれば幸いです。