仮面浪人のメリットとデメリット、成功の体験談を紹介

みなさん、こんにちは。華山です。大学受験に失敗して新生活を送ろうとしてるのに、もやもやしていませんか。

中には滑り止めで受かった大学に進学して、また第1志望の学校を受験しようとしている人もいるでしょう。そういった人たちを仮面浪人と呼びます。ボクも仮面浪人を経験していましたが、 今回はその仮面浪人の生活や勉強方法についての記事をお届けします。

仮面浪人とは

仮面浪人

仮面浪人とは、ある一定の大学に在籍しながら 別の学校に入学するための入学試験を受けようとしている人たちです。編入試験は含まれません 。ほとんどの仮面浪人は、大学1年生という肩書きでありながら他の大学の入学試験の勉強もします。

なぜ、そういった人たちが生まれることになるのでしょうか。本命の大学には行くことができなくて、渋々乗り気でない大学に行かざるを得なかったのが大半です。親の現役思考が強かったり、予備校に行くお金はなかったりすることなど理由は様々です。

編入試験は学生生活を楽しむ上でオススメできない理由

入学してから編入試験を受ければいいと考える人もいますが、大学生活で1番楽しいのは大学1年生の時だけです。学年が大きくなると就活や今後の進路のことを考えなければいけないので、好き勝手遊ぶことはできません。

編入の多くは3年時に入学なので、 編入したらすぐに就職活動が始まると言っても過言ではありません。そのため、編入先の学生生活を楽しむことは困難です。大学生活を精一杯楽しもうと思ったら、1番の醍醐味は1年生の時にあるということを覚えておいてください。

仮面浪人の生活

実際、仮面浪人をすることが決まったらどのような生活と勉強をするのでしょうか。多くの仮面浪人の場合、予備校生と違って自分の受験勉強を管理してくれる人はいないので、自分自身ですべて計画を立てる必要があります。

講義を受けているときは、内容を聞かずに受験勉強に集中します。空きコマはもちろん、講義終了後も受験勉強を常に続けなければ第1志望に受かることを難しいでしょう。娯楽はすべて抜きにして、勉強に捧げることが基本となります。

仮面浪人のメリット

そこまでして、仮面浪人のメリットとは何なのでしょうか。一般的には、もう一度受験しても今いる大学に在籍し続けることができるので、先の進路に困らないという保険があることです。

個人的には大学の図書館を自由に使えるのはとても大きいのではないかと思います。予備校生は予備校の自習室が使えますが、仮面浪人は場所難民です。

でも、大学生という身分ですので自分の大学図書館を好きなだけ使うことができます。町にある図書館と違って、開店時間も長く土日もやっています。この開館時間をうまく利用して、図書館の空き時間イコール自分の勉強時間と言えるくらい頑張りましょう。

仮面浪人のデメリット

一方で、仮面浪人はデメリットの方が大きいです 。進路の保険があるからと言って、不合格になってそのまま進級したとしても、先に記述したように大学生活で1番楽しいのは1年生なので、その1番楽しい時間を無駄にして過ごすことになります。

また、受験勉強している間も孤独との戦いになります。予備校に通っていれば、同じ大学を目指す仲間ができますが、仮面浪人の場合は宅浪と同じように孤独と向き合っていかなければなりません。

仮面浪人の場合は、他の1年生が青春を謳歌している姿を目の当たりにして過ごさなければならないので、場合によっては宅浪の人より辛いかもしれません。明らかにメリットよりもデメリットの方が大きいのにも関わらず、仮面浪人を選択せざるを得なかった人が多いのも事実です。

仮面浪人はどういった勉強をするべきなのか

では具体的にはどういった勉強をするべきなのでしょうか。できるだけ受験内容の科目と似た授業の履修を心がけることです。大学に入学しても、○○基礎のように高校で習った内容をもう1度復習する講義もあります。受験勉強でもプラスの効果があり、単位を落とす心配もありません。

また、授業をペースメーカーにすることです。毎日決まった時間に大学に行く理由をつければ、嫌でもその時間に大学に行かなければなりません。たとえ、受験勉強のモチベーションが下がっている時でも、大学に行かないといけないとすれば、強制的に受験勉強モードにすることができます。

そして、そのまま 授業が終われば、また図書館に駆け込むというのが1番でしょう。

また、SNS などネットを活用して、仮面浪人を経験した先輩や、受験情報を発信している家庭教師などを積極的に探して、自分の講師となる人を見つけると良いでしょう。そうすることで、予備校のように自分の勉強習慣についてのフィードバックをもらうことができます。

  1. 履修内容を受験勉強に近づける
  2. 授業を入れて、強制的に受験モードに
  3. SNSを駆使して講師を見つける

慶應大学に仮面浪人で合格した体験記

ボクは福岡大学から慶應義塾大学に仮面浪人して合格しました。 図書館をとても使いましたし、毎日12時間以上勉強していたと思います。ボクの場合は周りが現役思考だったこともあり、再受験を隠して仮面浪人をしました。

仮面浪人中は、履修の段階で 英語や数学、小論文の役に立つ講義を履修することを心掛けて、講義のための勉強をする必要はないようにしました。図書館にいつもこもっていて、外食も贅沢をしてしまえば勉強の気も緩んでしまうと思い、毎日夜ご飯を持参して図書館で勉強していました。

財布は常に3000円以上を持ち歩くことはなかったので、食費を全て足しても本当に1万円ぐらいしか使っていなかったと思います。ボクの場合はそこまで生活すべてを追い込んでストイックにやらなければ、成功しないと思ったからです。

1年間いろいろなものを断ち切った結果、合格することができました。今もし仮面浪人しようか悩んでる人がいたら、1年間は自分が好きなものと好きな人を断ち切って自分自身との戦いに打ち勝つべきです。

まとめ

今回は仮面浪人についての記事をお届けしました。メリットやデメリット の両方がありますが、そのどちらを取るかはその人の価値観次第です。ボクの立場は、仮面浪人でも合格は可能ですがオススメはしません。

仮面浪人という環境だからこそ合格する人もいるし、仮面浪人したから落ちてしまったという人もいます。環境に流されない事が一番大事なのですが、なかなか難しいのも事実です。この記事を読んでいる貴方にも素敵な受験の結果が訪れることを期待しています。

ミスター仮面浪人 ~コンビニも塾もない田舎少年の独学で慶應合格奮闘記~ (参考書)


こちらは私の詳しい体験記です。また、通信添削も予備校に比べて費用が安く仮面浪人にはオススメです。ボクはZ会でした。難関大対策なら、添削指導とオンライン1対1個別指導の【Z会Leadway】