スポンサーリンク

ジーンズの穴を簡単に自分で補修するおすすめな当て布を紹介

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。日々のファッションを楽しんでいますか。コーディネートの中でもダメージジーンズは欠かせませんよね。しかし、中にはダメージジーンズも好まない人もいます。特にダメージデザインではないのに、ジーンズに穴が開いてしまった時は悲しくなります。

そこで今回はジーンズの穴あき修理に役立つ当て布をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ジーンズは破れやすい

まず、ジーンズですが最近は細身のシルエットのジーンズが流行っています 。細身のジーンズになると、どうしても生地が薄くなって破けやすくなります。さらに中にはあらかじめダメージ加工されたものがあります。何かの拍子にそのダメージが広がってしまうこともあります。

ダメージを修復するためには、ダメージ箇所を当て布で縫い付けるか、アイロンで布を当てる貼るなどの修理方法があります。アイロンで布を張った方が圧倒的に簡単です。

100円ショップにジーンズのリペアグッズとして、アイロンを当てるだけで穴を修復できる道具が売っています。

しかしながら、結論から言うと100均のリペアグッズはあまりおすすめできません。なぜかと言うと、修理布の生地が薄いからです。ジーンズをリペアをしても布の部分がすぐに破れてしまいます。

「デニムパッチ大」がおすすめ!

そこでおすすめするのが、Amazonで購入できる「デニムパッチ大」という商品です。この商品は100均の布と比べても強度が10倍ぐらい違います。表面の感触はデニムの生地と変わりません。そのため、ジーンズの布に合わせても違和感なく修復できます。

もともと、この商品はジーンズの外側から貼って修復するためのものです。実際そういう使い方をする人はいないでしょう。これを外側に貼ると結構ダサく見えます。

 

非公式の使い方ではありますが、この布を裏から当ててジーンズを修理するのが1番です。使い方は100均の当て布と同じように、ダメージを受けた部分 に裏から貼ってアイロンでプレスするだけです。

それだけで穴が塞がって、なおかつデニムの生地で補強されるので簡単にはダメージが広がりません。簡単にリペアできます。

実際に使ってみた

ボクも実際にこの商品を購入してみました。ボクが持っているジーンズは、 ラウンジリザードのジーンズです。メンズのファッション雑誌を見ると、よく名前の挙がるラウンジリザードです。表参道にもショップがあります。

細身のシルエットが僕の体型にぴったりなので愛用していました。しかし、ジーンズの生地が薄いので、リペアが必要なぐらいダメージ加工の部分の穴がさらに広がってしまいました。デザインはいいだけにもったいない商品です。

最初はボクも100均の布を使っていましたが、やはり簡単に取れてしまいます。そこで出会ったのがこのデニムパッチでした。

同じように布を当てて、アイロンで擦るだけでしっかりリペアしてくれます。

ジーンズのダメージが悩みの種だったのですが、このアイテムで随分と環境が変わりました。1回貼り付ければ剥がれないので、貴重なリペアアイテムです。またボクのジーンズはかなり破れやすいので、その都度、簡単にリペアできるのもよいなと思いました。

いろいろな当て布を試してみましたが、やっぱりこの当て布が1番です。

まとめ

今回はジーンズのリペアアイテムとして、Amazonで簡単に買えるリペアグッズ「デニムパッチ大」をご紹介しました。値段も手軽さもデニムの修理の出来具合もこの製品がナンバーワンだと思います。

ぜひ、デニム修理で悩んでいる方は、この商品を購入してみてください。きっと生活が変わりますよ。

[68-146] デニムパッチ(大) (ネコポス可能)

created by Rinker

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました