スポンサーリンク

JALがANAよりおすすめな理由!国際線が預け荷物緩く座席が快適

スポンサーリンク
旅行お役立ち情報
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは飛行機に乗るときにどこの航空会社を使っていますか。ANAかJALかLCCかという選択肢になりますね。そこで今回は比較して、こんな人たちにはJALがおすすめという点で記事をご紹介していきます。

日本航空 国際線航空券
格安航空券エアトリでJALを安く予約

スポンサーリンク

JALが国際線には快適でおすすめ

いきなり、結論から言うと国際線ならJALがめちゃくちゃおすすめです。ちなみに値段で見ればLCCの圧勝ですが、座席指定や食事をつければ一緒くらいになってしまいます。ANAとJALの運賃は実際には同じくらいです。

座席指定

まず、座席ってLCCだとランダムに決定されますが、レガシーキャリアでは無料です。しかしANAの場合、2019年5月29日から国際線の座席指定が有料になりました。いつから始まったかびっくりした人もいるでしょう。

理由は先着で窓際、通路側などが埋まっていくのでこれを価格で決めようというものでした。その結果、たとえば日本から中国にANAで行く場合、窓際か通路側を座席指定すれば手数料として1,500円かかります。ヨーロッパなら、足元が広い席で5,500円の手数料がかかります。

 

一方でJALだと引き続き座席の指定は無料でできます。レガシーキャリアの魅力は座席指定でしたので、手数料がかかるとLCCと一緒ですよね。

預け荷物が多い

預け荷物
ANA JAL
エコノミー 1個23kg、158cmまでを2つ 1個23kg、203cmまでを2つまで
ビジネス 1個32kg、158cmまでを3つまで 1個32kg、203cmまでを3つまで
ファースト 1個32kg、158cmまでを3つまで 1個32kg、203cmまでを3つまで

そして、預け荷物の容量もJALが1番大きいです。LCCは荷物を預ける点で有料なので論外ですね。

国際線の場合ANAの普通席は1個23kg、158cmまでを2つ持ち込むことができます。ビジネスでは1個32kg158cmまでを2つまで、ファーストクラスでは1個32kg158cmまでを3つまで持ち込むことができます。

一方、JALの場合普通席で1個23kg、203cmまでを2つ持ち込むことができます。ファースト、ビジネスクラスでは1個32kg203cmまでを3つまで持ち込むことができます。

簡単に言うと、JALの方が大きい荷物を預けることができます。引っ越しや大きいお土産をたくさん持ち運ぶ場合だと絶対にJALがお得な訳です。

シートはJALの方が快適

そして、国際線だと国内線とは違って長旅になります。そうなると、座席にはやはりこだわらないと疲れが溜まってしまいます。LCCだと、どうしてもリラックスすることはできません。さらにLCCもそれを見兼ねて、シートピッチの改善に取り組んでいます。

新・間隔エコノミー

そう考えると、最初からシートの質がよいレガシーを選ぶ方がよいわけです。その点JALのシートのクオリティは世界一です。ベスト・エコノミークラス・エアラインシートというランク付けがあって、エコノミーシートで世界一を決めるものですがJALは3年連続で世界1位になっています。

実際、プレミアムエコノミーに至ってはシートピッチがANAより10cm広いですが、エコノミーであってもシート幅は2cmほどJALが広いです。これはJAL SKY WIDERという横幅にゆとりを持った設計で、JALによると世界初だそうです。

マイルの貯めやすさでは負け、使いやすさで勝ち

そして、マイルの貯めやすさはANAの方が圧勝で、楽天やTポイントなどで貯めることができます。しかし、一方で使いやすさでいうと、片道で航空券を発券できるJALの方が優勢です。

また、JALはワンワールドに加盟しています。アフリカや中国本土に飛ぶ飛行機が少ないという致命的なものがありますが、一方でマレーシア航空という超お得航空会社が加盟しています。

東南アジアなど往復で3万円代というレガシーキャリアであり、ビジネスクラスも東南アジアまで8万円代という高コスパです。こちらと合わせてマイルを貯めることができるので、総合的に見るとお得になります。

まとめ

今回はANAとJALならば、JALがおすすめだという話をしました。やはり、国際線でシートがゆったりなのと、荷物がたくさん預けられるというのは魅力的なのではないでしょうか。

マイルは貯められても使いやすさではJALに軍配が上がります。ぜひ、これをきっかけに、JALを予約してみてください。

JAL国際線キャンペーン情報

格安航空券エアトリでJALを安く予約

旅行お役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました