スポンサーリンク

ジャカルタからプーケットに行く旅行記

スポンサーリンク
海外旅行
スポンサーリンク

前回の続き、ジャカルタに到着したところから。

スポンサーリンク

ジャカルタに到着

ジャカルタは、新しく空港鉄道ができたようなんですが、とても複雑で普通に乗れば1時間くらいで市内に着くのに3時間くらいかかりました。笑 鉄道ないときってみんなタクシーで空港まで行ってたんだよね、ボクならボラれる。

ジャカルタの市内の大きな駅に着いても、治安がちょっと不安で出られません。(ビビり)

東南アジア旅行を相談してきた相棒とここで待ち合わせするために、このBNI City駅に5時間くらいいました。合流してからすでに現地入りしている人のホテルに向かいます。

渋滞すごかった。

そこでインドネシア料理を振る舞ってくれます(Grabで買ってきた物なのは内緒)インスタ映えは全くしないけど味は美味しいです。なお、部屋は暗い。

ここが1泊目のホテルの窓の景色

ホテルから3分歩きます。

ホテル近くのお店で食べた料理。ナシゴレン。

ジャカルタのスラム街へ

そして出発です。ジャカルタの下調べは全くしてなく、ただ中華街に行きたくてタクシーの運ちゃんに告げました。
しかし、後から聞くとその辺りはジャカルタのスラム街だったらしいんです!びっくり。

地図でいうと、このあたり。

一緒に行った相方、スラム街をスーツケースゴロゴロ転がしながら歩いてたからめっちゃ見られてた。昼でしたが、夜なら襲われてたのでは。笑 モナスまでタクシー移動します。ちなみに数キロ移動なのにここでボラれたよ。(真顔)

でっかい、モナス。

となりにこんなのも。

友人が出場するらしい。これに。

場所はここ。

歩いてショッピングモールに行ってみた

時間もないので、モナスからプラザという高級ショッピングモールに行って食事します。でかくね?発展しすぎじゃね?プラザ内の写真は撮りませんでした。なぜかというと、写真撮ってる人いなくて、完全におのぼりさん感出てしまうから。

簡単にレポすると、テロ対策のために入り口で金属探知と荷物検査があります。日本の100倍厳しいです。そして、店内は中華系ばかり。イスラム系がいないのは、暗に中華系がお金持ちで格差があるのかと感じた。

ちなみに、プラザの前でも結構日本人に暴行される事件あるらしいので、気をつけて。私たちは大丈夫でした。

そして、この中で食べたもの。雰囲気のいいお店見つけて食べた。

プラザ内のドリンクスタンド。ここもまあまあ。それからまた、鉄道で空港まで行きます。空港では相方が預け荷物の申請してなくて、10000円くらい請求されてました。おーまいがっ。

そうです、こいつです。

僕も僕で、ジャカルタからプーケットまで行くのに、マレーシアで一度入国してチケット発券しろと言われました。なぜか、乗り継ぎのチケットが発行できなかった模様。泣く泣くクアラルンプールで入国して、チェックインカウンターでチケット発行しました。

2時間で猛スピードでイミグレ出て入って、搭乗しました。笑

プーケットに到着

そして、プーケット着です。ジャカルタ1:30プーケット7:30だったのでキツいだろうということで、空港で少し休みます。そして、エアポートバスでホテルへ向かいます。場所は1番栄えているパトンビーチ。

13時頃について、ご飯食べます。

近くのお店を発見。

これ食べた。一旦宿に行って予定を立てていたら、相方は寝てました。

その間に飲んだマンゴーシェイク。結局夜17時になり、その日の予定は周辺散歩に。パトンビーチの繁華街を歩きます。

てか、電光頑張れ。

夜市。ここに行きました。

食った。飲んだ。

ぐるっと回ったとこで、帰宅。寝ます。

プーケットタウンとパトンビーチ

翌日の朝は、停電で目が覚めました。地域全体で停電とのこと。クーラー止まって暑い。ちなみに宿は1泊250円だよ?すごくない?部屋の写真撮ってないけど、綺麗。ロビーの写真で察して欲しい。安く泊まりたい人は見て欲しい。ちなみに、個室です。リンク貼っておきます。

クールシーハウスをAgodaでみる

宿に子猫もいた。

続いて、次のホテルに移動します。1500円の超高級ホテル予約したんです。笑

プール付きのバー付き、ムエタイのスタジアム付きです。笑 なんでもありなホテルですよ。ちょっとサイトを覗いて欲しい。
LUB D プーケット パトン ホテル アンド ホステル (Lub d Phuket Patong)をAgodaで見る

ここからバスに乗ってプーケットタウンに行きます。場所はこちら。パトンビーチとは反対側の海岸です。ちなみにバスは向かい合って相乗り。手挙げて現地の人と一緒に乗るよ。

 

インスタ映えする、あそこです。大体、この辺りになるかな。

よくわからん、落書き。この辺、乃木坂のまいやん通ったらしい。タイの観光PRムービーで出てた。(きちんとチェック済み)

その通りにあった、お店。

カフェに入る。

流れで食う。周りをぐるっと回って楽しんだ後、バスに揺られ1時間、また帰ってきます。そして今度は昼からビーチに繰り出します!

飯をホテル近くで補給。

タイのカレー、辛い。

そして、パトンビーチを堪能します!観光客多い!海はそんなに綺麗ではないですが。

夕暮れまで遊んで、夜はパトンビーチスタジアムでムエタイ観戦。

女同士の戦いすごかったな。その後、宿に帰って、プールを満喫。

空港近くの穴場!ナイヤンビーチ

翌日は、さらなる宿チェンジ。空港近くのホテルのため、バスでまた1時間移動です。ホテルは、まあまあ。空港近くの宿ならここ。ホテルに着き、速攻ビーチへ。こんな部屋。

ルーム ホステル アット プーケット エアポート (Room Hostel @ Phuket Airport)をAgodaで見る

ナイヤンビーチに行く。200バーツも通行料で取られた。しかし、プライベートビーチっぽく、人がいなくて綺麗なビーチですよ!穴場でおすすめ。そこで夕暮れまでまた波に揺られます。

日没後は浜辺で食事!これバナナをココナッツミルク入れてるやつ。

帰路でフルーツ売り発見。

そして帰国の便が朝の7:55ということで、空港近くのホテルを取ったわけですが、明日に備えて早くこの日は寝ます。笑笑そして、朝の6時に空港まで徒歩移動。クアラルンプール経由で羽田を目指します。

クアラルンプール国際空港

クアラルンプールで4時間のトランジットだったので、市内に出ようかと迷ったのですが、諦めてKILA2散策しました。

KLは空港にスーパーあって、便利なんですよねえ。マレーシア、好きだなぁ。。空港にいる人たちの多民族さを見て思いました。食事も美味いし、物価も安い。

お茶、美味しかったし。

なんだかんだ、クアラルンプール空港で食事も結構しました。そして、エアアジアで羽田に戻るっていうシナリオなんですよね!!!

まとめ

今回のプーケット旅は、YouTubeになっております。よろしければ見てください!

いや〜やっぱり、LCC使ったので、深夜便で疲労も溜まりますが、なんだかんだ楽しめました。
4都市も周れて結構満足ですよ!5万円くらいだし。

久々のビーチが身体に効きました。笑日焼けもしたけど。そして、今回も旅行の計画が決まった段階でパッキングにもこだわってたのですが、

ジャカルタでマイク無くしたり、これは必要だなという快適グッズを考えさせられたりいい機会でした。財布だけ入る、超小さいバックと飛行機乗るときS字フックは必要!

何より、SIMカード1枚携帯に挿していれば世界中で携帯が使える香港のエアシム使ってみて、非常に有能だと分かったことが大きな収穫です!みんなも行ってみようぜ〜!!!

海外旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント