和の香りがする香水J-scentレビュー!どこで買うのがベスト?

みなさん、こんにちは。華山です。和の香りが好きな人っていますよね。和の香りがする香水もあって、非常に素敵です。

そこで今回は、和の香りがコンセプトとして作られた香水、J-scent(ジェイセント)をご紹介したいと思います。

J-scentとは

J-scentは日本の香りを全て香水で表現しています。日本の香りといえば、ゆずやお茶など様々なものが思い浮かびますが、そのどれもを香水に置き換えています。

ラインナップもたくさんあるので、選びやすいです。2019年現在、19の種類があります。一定のタイミング毎に新作が発売されます。日本人に好まれる香りでありながら、外国人にも好まれる香りというコンセプトで2017年に誕生しました。

メーカーはLuzという名前の会社で、東京都品川区西五反田に本社があります。卸売で有名なTOC五反田ビルの中にあります。ちなみにこの会社自体は20以上前から香水制作に携わってきた歴史があります。そのため、香水制作の技術としては確かです。

J-scentのおすすめラインナップ

それではラインナップについて少しだけご紹介します。全部のラインナップについて詳しく知りたいなら、公式サイトをチェックするのが1番です。

ジェイセント [J-SCENT] 公式サイト

ジェイセント [J-SCENT] 公式サイト。香りを「和(あ)える」ことにより生み出される、和をコンセプトにつくられた新…

しかし、どれがいいのか比較検討する場合には向いていません。そこで、少し掻い摘んで説明します。

実際に自腹で購入してみたので、その選んだ基準なんかも参考にしていただければなと思います。

ラムネ

 まず、ラムネです。便の中に炭酸が入った懐かしい飲み物です。これが日本の香りというわけですね。

トップノートにミントやレモンの香りが入っていて、ラムネをプシュッと開けた時の香りがします。ミドルノートのローズやヒヤシンスなどを経由して最後のラストノートはバニラやサンダルウッドでほんのり甘くなります。

自分も使ってみて、最初にスプレーをした時の香りはラムネと言われて納得したのですが、すぐに違う香りがするなと思いました。

高齢者向けの化粧品の香りがします。甘くて爽やかな感じです。その香りは少しラムネと違うかなと感じたので、好き嫌いが別れるでしょう。

ほうじ茶

続いてほうじ茶です。トップノートは少しびっくりしますが、ココナッツにピーナッツ、そして海苔が入っています。海苔でお茶の香りが出せるんですね。

そして、ミドルノートにジャスミンやノート、ラストノートにシダーウッドやバニラの香りが詰まっています。甘め系でほんのりと終わる感じですね。

使ってみての感想は、非常によい香りがすると思いました。ラムネ同様他の化粧品の香りがするのですが、髪を染めるときのカラー材の香りがするなと感じました。全く鼻につく香りではなく、ほのかに楽しめます。

 柚子

柚子です。果実ですね。この香りはディプティックのオイエドそっくりな香りがするので、オイエドファンにも受け入れられやすいと思います。トップからラストまで、柑橘系の香りで構成されています。

オエイドよりも柚子の苦味が強い気がします。柚子の苦味が最初に香った後に、甘い香りが広がります。オイエドが甘すぎると感じる人にはこちらの香水がちょうどよいです。

黒革

ボクがおすすめするラインナップを取り上げてみましたが、J-scentのランキング1位はまた別で黒革という香りです。ドバイで開かれたコンテストのフレグランス賞を受賞していますし、J-scentはPVを制作しています。

レザー のソファをイメージしているようで、トップノートにレザー とベルガモット、ミドルにタバコ、ラストにバニラとムスクという感じです。個人的にはレトロな感じのソファでタバコを吸う香りかなと思いました。

これも購入してみるのもよいでしょう。

どこで購入するのがおすすめ?

どこで購入するのかというと、全国の蔦屋書店を中心に販売しています。そこで購入することもできますが、楽天市場でも販売しています。おすすめは、楽天市場でアドマイザーを購入することです。

2本1500円から購入できるので、気軽に試せます。

まとめ

今回は、J-scentという香水についてご紹介しました。和の香りをモチーフにした商品はなかなかないので、非常に貴重な存在です。もちろん、品質もよいです。
ぜひ、みなさんも購入してみてください。

ちなみに、香水が好きならば月額2000円以下から使える「COLORIA」がおすすめです!CHANELやGUCCIといった高級香水を試し放題です!