スポンサーリンク

茨城空港が穴場!東京駅から500円バスあり!国際線やホテルなど

スポンサーリンク
旅行ライフハック情報
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは東京に来ることはありますか。一方で東京からどこかに行くこともあると思います。そこで空港を利用することもあると思いますが大抵の場合、羽田や成田を使うと思います。しかし、首都圏には第3の空港があることをご存知でしょうか。

そこで今回は首都圏第3の空港、茨城空港についてご紹介します。

スポンサーリンク

羽田と成田はぶっちゃけ、交通費が高い!

羽田や成田は東京都心から近いわりに、アクセスは悪いです。福岡空港などに比べたらもっと悪いですが、羽田空港は東京都にあるので、品川駅からなら10分程度です。しかし、誰もが品川近くに住んでいるわけではないので多少は時間がかかると思います。

運賃も600円くらいするでしょう。さらに言えば、成田空港となればもっと2時間くらいかかります。しかも成田空港までの料金は安いバスでも900円です。JRのNEXなど使うと3,000円は飛びます。

つまり、成田と羽田の問題点をあげると、アクセスするのに時間がかかるのに移動費が高いということです。

茨城空港のメリット

では、羽田や成田にはない茨城空港のメリットをご紹介します。

500円で東京駅まで行ける

実は茨城空港は最安の500円で東京駅から行けるのをご存知でしょうか。先ほど、羽田と成田の問題点である移動時間と移動費について指摘しました。茨城空港は、時間は3時間ほどバスでかかりますが、国内の移動にお金をかけたくない人にとっておすすめです。

あとでバスについても詳しくご紹介します。

茨城空港の就航地は国内線はスカイマークが札幌、神戸、福岡、那覇を抑えています。海外は上海、ソウル、台北です。LCCのメジャーな場所ですが、せっかくLCCで運賃を削っても都内までの移動にお金がかかると意味がありません。

茨城空港は国内の移動コストを下げるのにぴったりな空港です。

空港内がコンパクトで迷わない!

もう1つのメリットが、羽田や成田に比べてまだメジャーな空港ではありません。

そのため、東京から飛行機に乗る人は9割方羽田か成田を利用します。だから、競合がいないのです。人がいないということはメリットだらけで、空港も混雑していないですし、コンパクトで分かりやすい構造になっています。

ちなみにコンパクトでも、お土産を購入できるショップだったり、ファミリーマートもきちんとあります。食事処もあるのでランチも可能です。ただし、ラウンジはありません。

航空券が安い!

これは航空券についても同じです。みんな羽田か成田発着の航空券を購入するので茨城空港発着の物は穴場です。だから航空券の値段も安い傾向にあります。ボクが上海から茨城の航空券を見たとき、羽田か成田発着のものはそれなりの値段がしましたが、茨城発着の物は安かったです。

バスでのアクセスについて

では気になるアクセスですが、バスの場合、東京駅の八重洲3番高速バス乗り場からバスが出ています。チケットは予約が必要で登場の前日までに行う必要があります。その点だけ注意して早めに予約するようにしましょう。

飛行機に乗る人は500円、乗らない人は1,000円という料金設定です。しかも、バスの中はフリーWi-Fiが使えるので全然退屈ではありません。バスの中で仕事を進めることもできますし、YouTubeなどをご覧になって過ごすこともできます。

ちなみに車で来る人は駐車場が無料です。

茨城空港周辺のホテル

茨城空港のホテルをお探しならば、3つおすすめです。コートホテル水戸、アパホテル水戸駅北口、東横イン水戸駅南口です。やはり水戸駅ですと、空港までのバスが走ってますのでアクセスがかなりよいでしょう。アクセスのよい場所に泊まるのがベストです。

まとめ

今回は茨城空港についてご紹介しました。旅好きの人なら見逃せないのが茨城空港です。もし、国内の移動費を安く抑えたいと思っている人がいたらぜひこの記事を参考にしてみてください。

茨城空港発着の航空券をエアトリで予約

旅行ライフハック情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました