スポンサーリンク

羽田発着LCC深夜早朝便を利用時にオススメのコスパホテル4選

スポンサーリンク
国内旅行
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。LCCが発達して、地方に住んでいる人でも気軽に東京に遊びに行けるようになりました。海外在住の人にとっても、東京に簡単に帰ることができます。ボクは台湾に住んでいるのですが、台湾から日本(羽田)に帰るときに、ある悩みがあるんです。

それはどこに泊まるかという問題です。LCCのフライトは深夜や早朝なので、電車が動いていない時間帯に空港に行かなければなりません。それができないと、空港で野宿をするか近くのホテルかどこかで泊まらなきゃならない状況に…。

でもホテルとか空港から離れた場所泊まったら「交通費+宿泊費」で高い。せっかくのLCCが台無しです。合計の料金で考えると、普通の航空会社でまともな時間に行けば、宿の心配もいらないよねっていう話にもなります。これ、あるある。笑 この悩みをこの記事で解決しましょう。

スポンサーリンク

東横イン羽田1・2



そこで今回は僕が考え出した最善策の宿泊場所ご案内しまーす。まず1つ目は東横イン羽田。東横イン羽田には1、2と2つあるのですが、立地的に隣同士なので深く悩む必要はありません。

空港まで送迎もあります。もちろん、有名なチェーンホテルなので綺麗。早朝発でも余裕です。しかし、1泊7000円以上するので、LCCを使うような人はここに泊まらないのではという感想です。

しっかりとしたホテルにゆっくり泊まりたいという人か、出張で来ているサラリーマン層にはウケがよろしいのではないでしょうか。
Agodaで”東横イン羽田空港1″を詳しく見てみる!
Agodaで”東横イン羽田空港2″を詳しく見てみる!

羽田空港ファーストキャビン



そして2つ目は羽田空港内にあるファーストキャビン。こちらはカプセルホテルなのです!そのため、個室がよいという人は東横インですね。しかしながら、カプセルといっても結構プライバシーもしっかりしています。

たとえば、ベッドも「スクリーン!?」っていうような大きなカーテンついてます。ここの魅力は大浴場があってリラックスできることです。立地的には、空港の中なのに、空港の中とは思えないほど立派な大浴場がついています。僕も台湾行く時に使ってびっくりしました。

こちらは5000円からなので、微妙な価格設定!笑 学生さんだったらちょっと躊躇する値段ですね。どうしても空港内に泊まって飛行機を逃したくないという人や、大浴場でまったりしてみたいという人におすすめです。
じゃらんで”ファーストキャビン”を見てみる

平和島温泉



そして3つ目が平和島温泉。こちらは健康ランドです。そのため、きちんとしたベッドはありません。その代わり、館内にはリクライニングソファがあります。こちらで寝ることができます。ただ、数の都合上、ソファを確保できないこともあるので注意が必要です。

もちろん、健康ランドなので大浴場なのですが、入ってみた感想としては可もなく不可もなくといったところです笑 価格は3500円。空港へのバスはLCCに合わせて何本も出ていて便利です。コスパよがいいです。

あと、充電使用禁止だから要注意。きちんとモバイルバッテリーを持っていくなど対策を取る必要があります。

じゃらんで”平和島温泉”を見てみる

大江戸温泉



そして4つ目大本命の大江戸温泉。言わずと知れた人気の大江戸温泉です。

ただし、注意点もあって空港に到着した時、「羽田空港→大江戸温泉」の送迎バスがないのに注意。京急バスならありますが、無料の送迎バスがありません。つまり、行くときは自分で交通費を払って行かなければなりません。

でも、京急バスに乗ると大江戸温泉の割引券をもらえるらしいです。笑 そのため、羽田空港に夜遅くに着いた時に大江戸温泉を使うのではなく、羽田早朝便に使うのがベストです!!

早朝パック

 

もちろん館内設備も最高級です。ゲームができて遊ぶ場所もあるしね。笑 アミューズメントパークですから、東京に住んでいるカップルたちが遊びに来てることが多いです。

ベッドも一応あるし、休憩する所もある。そのため、どこかで寝ることができるので、寝床確保で悩む必要はなさそうです。結構床や畳の上で寝てる人いたけど。笑

大浴場も綺麗で広いのでゆったりできます。お値段はなんと3500円。これは最高ですね。
じゃらんで”お台場大江戸温泉”を見てみる

まとめ

というわけで、以上羽田空港深夜早朝便に役立つ宿泊施設を4つほどご紹介してみました。コスパ重視で考えるとまとめです。

羽田空港に深夜着 → 平和島温泉に無料送迎バスで宿泊
羽田早朝発 → 大江戸温泉を使って空港まで無料送迎バスで行く

他のホテルの価格が5000円からで、ゲストハウスでも3000円はすると考えると、大浴場もあってかなりお得に泊まることができるのではないでしょうか。

東京に安いゲストハウスがあっても、空港からとても離れた場所にあったら、空港までの交通費がかかってしまって全然意味がないですからね。みなさんぜひとも羽田早朝発、羽田深夜着のときにご利用になってみてください。

国内旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました