スポンサーリンク

スマホに比べGo Proの何がいい?できることを解説!アクセサリーもご紹介

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは、旅行に行くこともよくあると思います。旅行に限らず、遊びに行くときに思い出を残すために写真を撮ることもよくあります。

そこで、旅の想い出を残すのにぴったりなGo Proについてご紹介します。なぜ、旅行などにGo Proなのか競合のカメラなどと比較しながらご説明できればと思います。

スポンサーリンク

ボクのカメラ状況|OSMO POCKETと比較

最初にボクはカメラを2台持っています。1つがGo Proでもう1つがOSMO POCKETです。どちらのカメラも長所と短所があります。

Go Pro

Go Proの魅力とは、防水と画角が広いことに尽きると思います。

そのため、車載や水中のアクティビティに向いています。逆に街撮りだとさらにアクセサリーも必要で向いていません。

OSMO POCKET

一方でOSMO POCKETはジンバルがついており、手で撮っても手ブレはしない上に非常にコンパクトで街撮りに向いています。しかし、非防水であり自転車の車載など激しい動きには耐えれません。

どちらがよいか

どちらも一丁一短なのです。そのため、どちらも買うと用途に分けて使用することがベストです。1つだけ購入するというのならばGo Proを選んだ方が水陸両用なので潰しが効きます。

GO PROで何ができるか

おすすめのGo Pro|初心者は型落ちの最上位モデルを!

では詳しく解説しましょう。

まず、Go Proには歴代を含めて多くの機種がありますが、ぶっちゃけて言うともう機能的には頭打ちです。

HERO 7を買っていれば、とりあえず必要な機能は揃っているのでほぼ満足できるでしょう。ただし、新品を買うと5万円くらいしますが、数年使うことを考えれば1番上のモデルを購入しておけば間違い無いです。おすすめは最上級のブラックです。

なぜGo Proを買うのか。

カメラに何も詳しくない人でも綺麗な映像が簡単に撮れます。4K60で撮影可能ですし、手ブレ防止も備えています。1番大きな機能が防水ですが10mまでなら、そのまま水にポチャっとつけても平気です。1番防水で広角で撮れるというのが大きくて、海には絶対持っていきたいカメラです。

他にも自転車など動きのある映像を撮りたい人は買うべきです。スマホのカメラよりもグッと胸にくる映像になります。スマホの映像だと、手ブレがひどいのと、広角が足りません。

アクセサリー

実際、Go Pro本体よりもGo Pro対応のアクセサリーの方が撮影する上で重要です。基本的にGo Proで撮影するときには三脚や自撮り棒を使って綺麗な映像を撮影するのが一般的です。

でも、アクセサリーといってもそこまで高価なものではなく、数千円で揃えることができます。購入するべきものは非常にシンプルでケース、アタッチメント、自撮り三脚くらいです。また、OSMO POCKETと兼用できる物もあるので持ち物は増えません。

ケース

まず、ケースですね。ケースは切り抜きになった物がよいです。全部を覆うケースがありますが、あれはマイクまで塞いでしまうので音が撮れないためよくないです。周りを覆う物にすると、三脚にも取り付けやすくなるためおすすめです。

アタッチメント

そして、アタッチメントです。そのままだと、ネジに対応していないのでGo Proをネジに取り付けるためにパーツを使わないといけません。これは特に迷うことはないのですが、こういったパーツを購入すればネジに対応します。

また、Go Proをハンズフリーで撮影したい人はこのアタッチメントを購入しましょう。服などにつけて撮影することができます。もちろん、車載や自転車に乗るときも使用可能です。かなり頑丈に挟むので安心できます。

三脚

そして、最後に三脚です。ボクは三脚と自撮り棒が一緒になった物を使っています。これにすると、持ち物が少なくなるので本当におすすめです。ボクが使用しているのはこちらです。

Go Proなどカメラも設置することが可能ですし、スマホも設置可能です。しかもスマホも360度回転可能です。超便利な自撮り棒兼三脚なので超おすすめです。

まとめ

今回はGo Proがおすすめな理由とOSMO POCKETとの比較も合わせてご紹介しました。本当にGo Proは旅行におすすめの端末ですし、思い出を残すのには最適なカメラです。ぜひ、みなさんも購入を検討してみてはどうでしょうか。

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました