聴読中国語のレベルや使い方!初心者から使えるおすすめ単語帳!

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には中国語の勉強を頑張っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は中国語の学習におすすめの単語帳、聴読中国語についてご紹介します。

聴読中国語とは

聴読中国語は音読を中心に覚える単語帳です。みなさんの中には、大学受験のときに速読英単語という単語帳を使っていた人がいるかもしれません。速読英単語は長文の中で英単語を覚える単語帳でしたが、中国語バージョンが聴読中国語ということになります。

聴読中国語のレベル

ぶっちゃけていうと、聴読中国語があれば日本人が中国語の単語を覚える上で必要な単語がほぼ全て網羅できてしまいます。この1冊をやっていれば中検準1級やHSK6級に対応できます。

ただし、中検1級は鬼難しいので、この単語帳だけでなく四字熟語などを覚えないと太刀打ちできません。まず、中国語を勉強してビジネスレベルまでレベルを上げたいと考えている人でしたらこの単語帳で十分なレベルなのです。

 

聴読中国語の内容

では、聴読中国語はどういった単語帳でしょうか。各章ごとに長文と単語リストが載っています。単語リストには長文で出てきた新出の単語の意味が載っています。この単語の意味を少しずつ長文の中で覚えていけばよいのです。

しかも長文は全部で何十個とあるので、ボリューム満点です。でも、長文のレベルは段々と難しくなっていきます。ページの最初の方の長文はかなり優しめで、中国語が全く分からなくても大丈夫ですし、長文と言えないくらいのフレーズが載っています。

それから段々と難しい語彙になって、物語調の長文になっていきます。速読英単語同様、非常にレベルが取れています。

聴読中国語の使い方

  1. 単語リストのページで単語の意味を覚える
  2. 長文を黙読する(意味確認のため単語リストに戻ってもよい)
  3. 長文の大意を把握したら、音読を15回繰り返す
  4. 長文まるごと覚える勢いでやると単語が覚えられる
  5. 次の章で同じサイクルをする

では、実際の使い方です。この単語帳は基本的に書いて単語を覚えることはしません。やることは、音読です。最初に長文の次の単語リストのページを見ます。そこで、単語の意味をぼんやりと覚えます。うろ覚えでも構いません。そして、大体、覚えたら長文の方に戻ります。

そこで長文を読んでみましょう。単語リストの単語の意味を覚えていれば、長文を読むことは簡単でしょうが、難しいですよね。もし、分からない単語に出会ったときは単語リストに戻って意味を確認しましょう。ポイントは分からなければすぐに見ることです。

 

そして、長文の大意を把握して内容を覚えます。起承転結を意識してストーリーが頭の中に残れば大丈夫です。頭に入ったらいよいよ音読です。最低15回ほど音読をしましょう。コツとしては長文ごと丸暗記することです。

長文ごと覚えることによって、単語を前後の文脈やストーリーと関連付けて印象に残るような覚え方になります。この音読作業をずっと繰り返しやっていくことです。繰り返していたら単語を音ごと覚えているので、リスニングにも最適です。CDも活用して覚えたいところです。

実際の使用体験

実際に、ボクも使用しました。中国語の単語帳といえばキクタンが有名でした。

おそらく、書店にも多く並んでいると思います。ただ、ボクには短文のフレーズだけが載っている単語帳ではインパクトに残らずあまり役立ちませんでした。書いて覚えることも面倒くさかったので、単語を覚えるのは嫌でした。

しかし、聴読中国語ならば、音読だけなので書く作業は必要ありません。しかも、極端な話道を歩きながらでも音読できるのでどこでも勉強ができます。隙間時間を有効的に使うことができました。

その結果、この単語帳だけでHSK6級に合格することができました。ハイレベルでも楽に覚えられて便利です。

まとめ

今回は聴読中国語についてご紹介しました。英語と違って、中国語の単語帳は限られていますし、どれがいいのか情報も少し少ないです。でも、聴読中国語を選べば単語で困ることは絶対にありません。

みなさんも、ぜひ使って中国語をマスターしてみませんか。