持ち運びキーボードならBookey Pocket!軽い!Bluetooth可

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には、ひょっとして外出先で長文を書くという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、持ち歩きにぴったりな折りたたみキーボードBookey Pocketについてご紹介します。

外出先で文章を書くときの問題点

さて、外出先で長文を書くとなると多くの問題が発生します。外でカタカタ長文を打つためにわざわざノートパソコンを持ち歩くのははっきり言って重たすぎて負担です。

かといって、スマホのフリック入力で長文を書くのもキツイものがありますね。フリック入力で書くとどうしても速さに限界がありますし、うち間違えもよく起こります。

キーボードが1番!

そこで、長文を打つときはやっぱりキーボードが1番というようになるのです。現在ではたくさんの小さなキーボードが誕生し始めて、誰でも安価で外出先で使えるようになりました。

そこで、以前のボクが外出先で使っていたキーボードのノマドシステムはこちらです。小さいキーボードとマウス、スタンドという組み合わせでした。

Bookey Pocketがおすすめ

しかし、さらに最近ベストの組み合わせを発見しました。それがBookey Pocketとスタンドです。これが現状で最高だと考えていてます。

では、Bookey Pocketのメリットをご紹介します。

Bookey Pocketのメリット

多機能

まず、多機能というところです。

Bookey Pocketは折りたたみのキーボードなのですが、トラックパッドまでついています。つまり、1台あればキーボードとマウスの役割をすべて担ってくれるという優れものです。つまり、オールインワンです。

マルチペアリング対応

しかも、マルチペアリングに対応していて、3台までなら使用デバイスを覚えさせることができます。このおかげで、タブレットやスマホ、PCという感じにデバイスをワンタップで切り替えることができます。

ちなみにiPadもiPadOSからマウスをサポートすると言われているので、使う幅はもっと広がるでしょう。文章を書くだけならパソコンが必要ない次元に来ています。

軽い

続いて、重さです。このBookey Touchは重さが大体180gくらいで、あまり軽い方ではありません。軽いキーボードだと、130gくらいです。

しかし、マウスを使うことを考えると、話は別です。マウスの重さが大体軽いものでも50gなので、合わせると同じくらいです。

1つにまとめることができるぶん、こちらの方が勝っているかもしれません。総合的に見ると、軽い部類に入るでしょう。

コンパクト

そして、コンパクトな点にも触れておきましょう。3つ折りにすることができるので、2つ折りのキーボードに比べてさらに小さくたためます。畳むのも非常に簡単で、普通に手で畳むだけです。

ちなみに、折りたたみから開くだけで電源が入って、自動でスマホやタブレットとつながってくれるので便利です。

ちなみに折りたたむと6.4インチくらいのスマホとほぼ同じ大きさになります。ポケットに入れられる大きさでもあります。カバンの中でもスペースを取りませんし、持ち運びがしやすいです。

デメリットもある

逆にデメリットはと聞かれると、正直あります。それは価格です。ちょっと価格が高い気がします。1つ5000円くらいするので、高価な部類にはいるでしょう。安いのだと2000円くらいで購入可能です。

個人的にはこの価格を払う価値があるとは思いますが、人によっては躊躇する理由になるでしょう。

まとめ

今回はBookey Pocketについてご紹介しました。非常にコンパクトで多機能なキーボードです。ぜひ、この記事を参考にして、購入を検討してみてはいかがでしょうか。