日用品や家電など安く買うならBanggoodがおすすめ!買い方など

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には、ネットショッピングを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。でも、サイトによって商品の値段も変わってくるので、どこで購入するのかが重要です。

そこで今回は安く買い物をするのならおすすめのサイト、Banggoodについてご紹介します。

ほとんどが中国製

まず、みなさんが日常で使っている物の多くはどこで作られているのかご存知ですか。ほとんどの製品はメイドインチャイナ、つまり中国製です。中国で安く作られた商品を日本などで高く売っているという構造です。

日本で購入できるようになる過程で、さまざまな業者が介入します。そのため、料金が少し高くなるわけです。

では一方で中国で作られた製品をそのまま購入するとどうなるでしょうか。ご想像の通り、間に業者が介入しないわけですから、その分安くなります。

そして、その中国から直輸入ができるサイトこそ、Banggoodです。

Banggoodとは

Banggoodは中国にあるショッピングサイトで、もともとはコンピュータソフトウェアの研究開発サイトだったとのことです。2006年の設立の時はサイトのコンセプトが思いっきり異なっていたのです。

それからというもの、ECサイトに華麗なる転身を遂げたようです。やはり、Amazonを意識しているのか、サイトのデザインや見た目的にもAmazonそっくりになっています。

Banggoodのメリット

使いやすい

安定の中国クオリティと思われるかもしれませんが、利用者にとってはメリットだらけです。普段使い慣れているAmazonと同じようにショッピングできるので、使い方に困りません。超簡単です。

幅広い商品

どんなものが売っているのかというと、ホームセンターをイメージしていただければ分かりやすいです。

家電から、日用品、そして衣類まで様々です。特にこのサイトの利用者はスマホなどを購入している方が多い気がします。

ちなみにこの華山未来研究室でも紹介しているグッズや商品はこのBanggoodで購入した物が多めです。それほど、ボクはこのサイトで買い慣れていますし、ヘビーユーザーなのです。

安い

最初にBanggoodの魅力を紹介します。なんと言っても安さですね。Amazonや楽天で購入するよりも産地直送なので圧倒的に安いです。2割くらいは普通に安くなると思います。

クーポンあり

さらに値段だけでなく、クーポンも充実しています。表示された値段よりもさらに数割安くなることがあります。トップサイトの部分でクーポンを入手できるので、活用すれば安くなります。

日本未発売の製品あり

そして、日本に流通していない安価な製品もたくさんあります。これはちょっとマニア向けですが、何かの部品などです。パソコン用具で言えば、キーボードなどかなり安く購入することが可能です。

Banggood

使い方

肝心の購入方法は、日本のAmazonとほぼ同じです。トップページで商品の名前を検索して、商品ページでカートに追加して支払いをするだけです。

注意点

注意点としては、支払い方法です。ここはPayPalを選びましょう。商品に問題があった時の保険、クレカの番号を他人に知られないためにも利用した方がいいですね。

そして、配送は有料なので、エアメールなどを使うのが無難です。

DHLなど数日で届く物もありますが、かなり料金が高いです。数千円します。それを避けるためにも数百円程度のエアメールが1番です。10日くらいで届きます。

まとめ

今回は通販はBanggoodがおすすめという記事をお届けしました。中国から直接商品を購入するとやはり安いですね。しかもBanggoodは安心です。ボクも何度か使っていますし、トラブルはありません。何かあったら24時間チャットで相談も可能です。

ぜひ、この記事を参考にしてBanggoodで買い物をしてみてはいかがでしょうか。

Banggood