スポンサーリンク

勉強時に集中力アップ!おすすめのノイズキャンセリングイヤホン

スポンサーリンク
アイテム
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんはよく飛行機に乗られますか。飛行機でなくても、周りの音がうるさい時ってなんだか気が散りますよね。耳栓をするのもいいですが、それだとちょっと気持ち悪いという人もいます。

そこで今回は、そんな時に大活躍するノイズキャンセリングイヤホンについての記事をお届けします。

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングイヤホンとは

まず、ノイズキャンセリングイヤホンをご存知でしょうか。おそらくみなさんがよく使っているのは、普通のイヤホンで、線がついてるものかAirPodsのようにBluetoothで接続して使うものです。

ノイズキャンセリングイヤホンは、これらのイヤホンと見た目はほぼ一緒で ですがノイズキャンセリングという機能が付いています。イヤホンのマイクで周りの音を拾って、それを打ち消してくれるような音を出すことによって、イヤホンをつけるだけで静かな環境を作ることができるのです。

特にうるさい飛行機の中、地下鉄、カフェなど人の声が邪魔になる時にノイズキャンセリングイヤホンを耳にはめるだけでとても静かな空間になります。 勉強する時にもとてもおすすめです。

おすすめのノイズキャンセリングイヤホンを比較

では、おすすめのノイズキャンセリングイヤホンについてご紹介します。ヘッドホンの方が遮音性は高いと言われますが、持ち運ぶのが大変なのでこのブログではイヤホンの使用をおすすめしています。

ノイズキャンセリングイヤホンは他のイヤホンに比べて値段が高いです。それなりのブランドになると数万円するものがほとんどです。諭吉が飛びます。

BOSEのQC20とQuietControl 30

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ブラック

新品価格
¥29,160から
(2019/3/20 16:23時点)

最初にノイズキャンセリングイヤホンを有名にしたのはBOSEでしょう。BOSEのQC20などの、ノイズキャンセリングイヤホンは約3万円という値段です。遮音性もとても優れています。やはり一流のブランドは違いますね。

BOSEならではの重低音のあるサウンドも楽しめます。形状にもこだわりがあって長く使っても疲れないです。

Bose QuietControl 30 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

新品価格
¥34,560から
(2019/3/20 16:24時点)

有線のものから、QuietControl 30 wireless headphones というワイヤレスのものまで取り揃えているので、ニーズに合わせて選ぶとよいです。ただし、ワイヤレスの方が高価です。

SONYの MDR-EX31BN

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN : カナル型 Bluetooth対応 ブラック MDR-EX31BN B

新品価格
¥6,783から
(2019/3/20 16:25時点)

BOSEは高すぎるという人にとってネット上でも定評があるのが、SONYの MDR-EX31BNです。こちらはBOSEの1/4以下で買えてしまいます。お値段が7000円ぐらいなので、気軽に買えることが特徴です。SONYによると騒音を約98%カットしてくれます。

SONYのサウンドも評価が高いことでお馴染みなので、手軽に楽しみたい方はこちらのイヤホンがおすすめです。信頼の日本製というのもありますよね。

シャオミのMi Noise Cancelling Earphonesレビュー

ボクが使用しているのは、SONYの MDR-EX31BNよりも安い、5000円で買えるシャオミのノイズキャンセリングイヤホン、Mi Noise Cancelling Earphonesです。ただ、日本国内では正規で発売してないので、中国や台湾など海外に旅行に行った時に買うと5000円で買えます。

ボクは台北のシャオミストアで購入しました。

 

BOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンなら持っていますが実際ボクにとっては、ノイズキャンセリングイヤホンは初めてでした。 やはり、ヘッドフォンということもあってBOSEに比べると、ノイズキャンセリングの性能は劣りますが、価格を考えるとよい仕事をしてくれます。

特に付属のイヤーピースがとても耳にマッチしてくれて、ずっとイヤホンをはめていても苦痛ではありません。ボクの用途は、たまに乗る飛行機の騒音をかき消してくれることと、マクドナルドなどで静かな環境で勉強ができることでした。

そのため、全くの無音状態は必要ありませんでした。そこまでを求めるならBOSEのノイズキャンセリングイヤホンを買うべきだと思います。ボクのように日常のちょっとした場面で使いたいという方にとって、1番おすすめできる商品です。

シンプルなリモコンで、こちらで音量の強弱やノイズキャンセリングの調整を行います。

もちろん、飛行機でもよく寝られます。ぜひ、購入してみてはいかがでしょうか。USB Type-Cにも対応しているので、ここもポイントです。

Xiaomi ノイズキャンセリングイヤホン Type-C ハイレゾ対応 (ブラック)

新品価格
¥9,504から
(2019/3/20 16:26時点)

まとめ

今回はおすすめのノイズキャンセリングイヤホンについてお届けしました。さまざまなノイズキャンセリングイヤホンが出ていますが、やはり有名どころはこの記事で取り上げたメーカーぐらいですね。

人によってヘッドホンかイヤホンかの好みもあるので、店頭で一度お試しになってみるべきです。ぜひ、イヤホン選びの参考にしてください

アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント