スポンサーリンク

ブログ250記事目!1万PVはすごい?アドセンスやアフィエイト収益公開

スポンサーリンク
華山宥
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中にはブログの執筆を頑張っている方もいると思います。

弊ブログも250記事を達成しまして、その辛さはよく分かっております。そこで今回はブログ仲間にシェアする気持ちで、250記事を突破しての感想をお伝えします。

スポンサーリンク

このブログの設立から今日までのストーリー

さて、このブログは2018年の10月28日に開設しました。(たしか) それで更新を続けていたのですが、実際最初の3ヶ月間はリライトでした。アメブロをやっていたので、その時に書いた記事を転載したりリライトしたりして移行する中で50記事ほどになりました。

その作業が終えて、0の状態からスタートしたのが2月中旬です。それから1日1記事のペースで投稿していくことになりました。

それでようやくコツコツやって250記事に通算でたどり着いたわけです。完全オリジナルなら200記事くらいではないでしょうか。

ちょっと最近は予約投稿にしていたのに、エラーが発生して投稿できずにそのままにしているなどずさんな管理体制になっていますが、それとなく1日1記事でここまできました。
過去の運営報告記事はこちらです。

250記事書いての感想

まず、250記事書いてここまで感想は、「意外とこんなもんか」です。ネット上に溢れている記事は100記事で数万PVと収益を上げていますが、当ブログは全くそんなことありません。現実の厳しさを知ることになりました。

具体的な数字を出しながらこのブログを解説していきましょう。

PV数は1万を超えました

まず、PV数は1万PVを越しまして、1.2万PVくらいに行きました。ここは念願でしたね。ずっと、ひとまずの目標として1万PVを目指してきたのでそれを超えられたことは嬉しいことです。

PV数は大体月に4,000ずつ増えています。他の人のブログだと、月々2,3倍は増えるという記事をよく見かけるのですが、難しいですね。少しずつ右肩上がりになっている気がします。

収益がイマイチな件

そして、収益ですね。収益はおよそ6,000円程度です。ここが課題だと感じました。

アドセンス

まず、アドセンスが1番小さいお札が1枚半くらいです。どうやら他のブロガーを見ると1万PVでは3,000円くらいが目安だそうです。相場よりかなり低いですよね。ここは改善点だと思います。

アドセンスは取り扱っている記事のテーマによって単価が決まります。ボクの場合は、雑記で日用品などを取り扱っているのですから当然単価が低いです。1クリック30円と言われているところすらクリアできていないですね。

ただし、ここは同じテーマを扱っていてもキーワード次第で単価が決まってくるので、キーワード選びをさらに意識する必要があるなと感じました。今まで、検索に引っかかりやすいキーワードで書いていたのをキーワード単価で見る必要があるなと感じました。

とりあえず、アドセンスのクリック単価を上げると収益は上がると思います。もちろん、今以上にPV数を集めることは必須です。

アマゾンのアソシエイト

そして、アマゾンの収益が3,000円程度です。これが1万PVなら平均です。ボクのアマゾンで紹介している商品も単価が低いのが問題ですね。売れても10円くらいしか入ってきません。物販で売る物も考えていきたいなと思います。

その他のアフィリエイト

そして、あと残りの1,000円くらいは他のアフィリエイトですね。

楽天などの物販も入っています。ここが伸びしろかもしれません。楽天はもしもで契約しているのでボーナスも狙えます。そして、アフィリエイト案件も月に1回でも契約があればそれだけで数千円取れるので、こちらも力を入れていくといいなと思いました。

今後の目標

さて、今後の目標ですが、まずPVは3万を目指します。最低でも1日1,000PVないと生活費が見える収益になりませんので、その壁を超えて翌々は5万PVを目指します。来月あたりに2万で再来月に3万PV行けばいいですね。

そして、収益の改善点は先程もお伝えしたようにまずアドセンスです。相場あたりの利益を出せるようにクリック数を集めます。また、アフィリエイトの案件も契約してもらえるように記事に仕込んで行きたいと思いました。諭吉をゲットしたいですね。

まとめ

今回は250記事ブログを書いての感想や収益、PVをご紹介しました。ここまで来るのは大変でまだまだ求める物には足りません。しかし、着実に変化は現れています。このまま改善を重ねながら350記事まで行きたいと思っています。

華山宥
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BLUEVARYCOSMOS/華山宥をフォローする
スポンサーリンク
華山未来研究室

コメント

タイトルとURLをコピーしました