大学3年生の授業を振り返る

やあ。みんな元気かい?毎年恒例の年度末振り替えイベントをちょっとやろうか。ちょっと時期が過ぎたとか言わないで頂きたい。笑なので、独り言のように振り返ります。

前の学期で学んだこと

まあ、そんな重要なことではないんだけど。笑……そんな過去近年に比べて濃くない….笑7言語やるわけでもなく、英語でプログラミングするわけでもなく結構ノーマルな日常を過ごした。何を今期学んだってマーケティング、政治、プログラミング、語学かな。

マーケティングは元々やりたかったが、途中で語学に切り替えたから今マーケティングを学ぼうと思い立ったんだ。まあ、基本的なことと企画の仕方は学んだよ。そして政治のことでは日本が抱えている問題をちょっと真剣に考えてみた。

個人的には、福岡が日本の経済発展にいかにキープレイスになるかという観点からしっかり考えてみる時間になりました。そして言語では一歩進んだフランス語を軸に、英中を。仏検も取れたし。初めの一歩だけどね!!(5級)

あと人前、100人ぐらいの前でプレゼンをする技法を学んだ。度胸と見せ方は学べたな。そして最後に簡単だけどJavaとUnityを使ってプログラミングをする「いろは」を学んだ。今期はこれぐらいの感じだ。

はじめの一歩とというより、2、3歩を歩んでるから大きな変化はない。当たり前か。。。笑こんな感じの独り言備忘録でしたね。さあ、新しいステージへ行くよ。じゃあな!!全然、面白く書こうとも思ってなかったからつまらないと思ったらゴメンなさい笑

台湾にワーホリを決めた

そして2016.4.24。人生で大きな日を迎えた。ボクは台湾在住になった。日本の隣国でありながら、この親日国に拠点を移した。日本人の旅行先で台湾はよく挙がる。確かに観光には名所があってとても良い。だが、数日の観光では見えてこないものがある。

それは現地の人の”日常”だ。一緒に働いて、一緒に暮らして…同じ目線で生活をすると見えてくるものがあるのではないだろうか。アメリカでもヨーロッパでもないアジアで。しかもシャープ買収で話題になったホンハイのある台湾という国で。

我々日本人はこの日本を追い抜こうと闘っている国の向上心溢れる精神をもう一度、見直し彼らから学ぶべきではなかろうか。かつてアメリカを追いかけた高度経済成長期のように。

そして2020、東京五輪。日の丸はまた昇る。大和魂を胸に、成長したい。また日本で会う日まで…。行ってきます。